FiiO、ハイレゾプレーヤー「FiiO X7」の販売を4/7より再開

ホーム > 新製品ニュース > パソコン > デジタルオーディオプレーヤー(DAP) > FiiO、ハイレゾプレーヤー「FiiO X7」の販売を4/7より再開

FiiO、ハイレゾプレーヤー「FiiO X7」の販売を4/7より再開

2016年4月7日 15:40掲載

FiiO X7 FiiO X7 FiiO X7

小柳出電気商会は、電波法に基づく技術基準適合証明未取得のため、2月19日より販売を停止し、回収をしていた「FiiO」ブランドのポータブル・ハイレゾプレーヤー「FiiO X7」について、当該証明番号が発行されたことを発表。4月7日より販売を再開した。

「FiiO X」シリーズで初となる4型タッチパネルを採用したモデル。パワフルかつ省電力な1.4GHz Cortex-A9 CPUの「Rockchip RK3188」を搭載したほか、高級据え置きDACで採用されることの多いハイエンドDACチップ「ESS ES9018S」も備えた。

さらに、着脱可能なアンプモジュールを搭載。今後、高品位なチップでより高い音質を提供する「Medium-class module」(MUSES02搭載予定)、パワフルなチップで高い駆動力を提供する「High-Power module」(LME49600搭載予定)、バランス接続を可能にする「Balanced Module」(IRIS&2.5mm4極ジャック搭載予定)などをオプションとして発売する予定だ。

仕様面では、DSDは最大5.6MHz(ネイティブ再生)に対応し、DSF/DFFのほかにISOファイルの再生も可能。加えて、DXDにも対応する。PCMはWAVファイルの64bit/384KHzを最大とし、APE、FLAC、ALAC、AIFF、WMAの各ハイレゾフォーマットをサポート。MP3、AAC、OGGなどの音楽ファイルの再生も可能だ。

このほか、Android OSを採用し、純粋な音楽プレイヤーとして機能する「Pure Music モード」と、Android OS上でアプリの使用やブラウジングなどを行える「Androidモード」を利用できる点も特徴。内蔵メモリーは32GB、外部メモリーはmicroSDメモリーカードスロットを備える。電源は3500mAhリチウムイオンバッテリーを内蔵し、連続駆動時間が約9〜10時間。

本体サイズは130(幅)×64(高さ)×16.6(奥行)mm、重量は220g。

市場想定価格は99,900円(税別)。

■関連リンク

【新製品ニュース】FiiO、着脱可能なアンプモジュール搭載のハイレゾプレーヤー「FiiO X7」

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
FiiO FiiO X7 [32GB] 着脱可能なアンプモジュール搭載のハイレゾプレイヤー  

関連コンテンツ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト