iriver、新フラッグシップ「A&ultima SP1000」のCopperモデルを8/11発売

ホーム > 新製品ニュース > パソコン > デジタルオーディオプレーヤー(DAP) > iriver、新フラッグシップ「A&ultima SP1000」のCopperモデルを8/11発売

iriver、新フラッグシップ「A&ultima SP1000」のCopperモデルを8/11発売

2017年8月7日 17:24掲載

A&ultima SP1000 Copper A&ultima SP1000 Copper A&ultima SP1000 Copper

アユートは、ハイレゾポータブルオーディオブランド「Astell&Kern(アステルアンドケルン)」より、新フラッグシップモデル「A&ultima(エー・アンド・ウルティマ)SP1000」のCopperモデル「A&ultima SP1000 Copper」の発売日を、8月11日に決定したことを発表した。

「A&ultima SP1000」は、「世界最高峰のハイエンドポータブルプレーヤー」をコンセプトとしたプロダクトライン「A&ultima」を設定し、その名称を製品名に冠した、新フラッグシップモデル。Astell&Kernの技術をすべて投入し、一からの再設計を実施したという。

性能面では、旭化成エレクトロニクス製の最新DACチップ「AK4497EQ」をデュアル構成で搭載し、DSD 256、384kHz/32bitのネイティブ再生に対応。超低ジッター200Fsを実現するVCOXクロックの搭載や、高出力化ながらも低歪・低ノイズを実現した回路設計になっている。

操作性では、オクタコアCPUを採用し、デジタルオーディオ再生処理と、すぐれた応答パフォーマンスを実現。新しいユーザーインターフェイスや、高速データ転送・高速充電対応など、操作性においても向上させている。

再生可能なファイル形式は、WAV、FLAC、MP3、WMA、OGG、APE、AAC、ALAC、AIFF、DFF、DSF。

ディスプレイは、タッチ操作対応の5型HD液晶(720×1280ドット)を搭載。内蔵メモリーの容量は256GB。外部メモリーはmicroSDXC(最大256GB)に対応。バッテリー容量は3700mAh。無線通信は、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.1に対応する。

入力端子は、USB Type-Cを装備。出力端子は、イヤホン(アンバランス)出力/光デジタル出力(3.5mm)、バランス出力(2.5mm/4極)、拡張ユニット用バランス出力端子を装備する。

本体サイズは75.8(幅)×132(高さ)×16.2(奥行)mm。重量は約387.9g。なお、スウエーデン「TARNSJO」製のベジタブルタンニングを施した天然皮革を使用した、プレミアムレザーケースと、プレミアムな木製パッケージが付属する。

直販価格は499,980円。

■関連リンク

【新製品ニュース】iriver、約50万円の新フラッグシップ「A&ultima SP1000」を7/7発売

【新製品ニュース】iriver、再設計した新フラッグシップ「A&ultima SP1000」

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
アイリバー Astell&Kern A&ultima SP1000 AK-SP1000-CP [256GB Copper] DSD256や384kHz/32bitのネイティブ再生に対応したポータブルプレーヤー(Copperモデル) 

関連コンテンツ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト