iriver、アンプ部を強化したプレミアムなエントリー「Astell&Kern AK70 MKII」

ホーム > 新製品ニュース > パソコン > デジタルオーディオプレーヤー(DAP) > iriver、アンプ部を強化したプレミアムなエントリー「Astell&Kern AK70 MKII」

iriver、アンプ部を強化したプレミアムなエントリー「Astell&Kern AK70 MKII」

2017年9月20日 11:15掲載

Astell&Kern AK70 MKII Astell&Kern AK70 MKII Astell&Kern AK70 MKII
Astell&Kern AK70 MKII Astell&Kern AK70 MKII

アユートは、「Astell&Kern(アステルアンドケルン)」ブランドのハイレゾポータブルオーディオプレーヤーのエントリーモデル「Astell&Kern AK70」の後継機、「Astell&Kern AK70 MKII」を発表。10月14日より発売する。

エントリー向け位置するモデルでありながら上位モデルに迫る機能・性能が特徴の「Astell&Kern AK70」後継機種。同社フラッグシップモデル「A&ultima SP1000」の開発思想である“バランス再生時の高出力化と低歪・高S/Nの両立”を取り入れることで、アンプ部を強化した点が特徴だ。

また、音質の要となるD/A変換には、第二世代のフラッグシップモデル「AK240」と同様、シーラス・ロジック製ハイエンドDAC-IC「CS4398」をL/R独立して1基ずつ、GNDもL/R独立させたデュアルDAC構成を採用。これにより、単独のポータブルオーディオプレーヤーとしては驚異的なクロストークとS/N比、ダイナミックレンジの拡大と低歪化を実現した。

なお、ネイティブ再生は192kHz/24bitまでとなっており、352.8kHzが176.4kHz、384kHzが192kHz、32bitが24bitにダウンコンバートされる。DSDはPCM176.4kHz/24bitに変換対応する。このほか、通常のヘッドホン出力端子(3.5mm/3極 アンバランス)に加え、2.5mm4極バランス出力端子も搭載する。

再生可能なファイルは、WAV、FLAC、MP3、WMA、OGG、APE、AAC、ALAC、AIFF、DFF、DSF。機能面では、DLNAネットワーク機能「AK Connect」、USB DAC機能、バランス出力、USBオーディオ出力、本体から直接楽曲を購入可能なストア機能を備える。

さらに、タッチパネル対応の3.3型WVGA液晶(480×800ドット)を搭載。ストレージは、64GBの内蔵メモリーとmicroSDXCカードスロット(最大256GB)を装備。無線通信は、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0をサポート。

このほか、バッテリー容量は2500mAh。インターフェイスは、microUSB端子、イヤホン(アンバランス)出力端子、バランス出力(2.5mm/4極)端子、USB AUDIO出力端子を装備する。本体サイズは62.8(幅)×96.8(高さ)×15.2(奥行)mm。重量は約150g。ボディカラーはノアールブラック。

直販価格は79,980円。

■関連リンク

【新製品ニュース】iriver、CS4398採用のエントリー向けハイレゾプレーヤー「AK70」

【価格.comマガジン】最強のエントリーDAP「Astell&Kern AK70 MKII」が解禁!

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
アイリバー Astell&Kern AK70 MKII AK70MKII-NB [64GB] エントリーを超えたプレミアムモデル 

関連コンテンツ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト