「LINE」読み上げや送信もできるスマートスピーカー「Clova WAVE」正式発売

ホーム > 新製品ニュース > パソコン > Bluetoothスピーカー > 「LINE」読み上げや送信もできるスマートスピーカー「Clova WAVE」正式発売

「LINE」読み上げや送信もできるスマートスピーカー「Clova WAVE」正式発売

2017年10月11日 17:20掲載

Clova WAVE Clova WAVE Clova WAVE

LINEは、同社開発のAIアシスタント「Clova」を搭載したスマートスピーカー「Clova WAVE」を、同社公式サイト、Amazon.co.jp、楽天市場にて、正式発売を開始した。

コミュニケーションアプリ「LINE」と、検索ポータル「NAVER」の開発技術やコンテンツおよびサービスを活用するAIアシスタント「Clova」を搭載したスマートスピーカー。「LINE MUSIC」提供の4000万曲以上の音楽再生ができるスマートスピーカーとして、7月14日より先行体験版の予約販売を開始し、5日間で完売となっていた。

正式発売モデルでは新たに、「Clova WAVE」専用のLINEアカウント(LINE家族アカウント)を作成し、そのアカウントを通じて「LINE」メッセージの読み上げや送信を行うことが可能となった。また、これまで一問一答であった「Clova」との会話が、「Clova、こんにちは。→はい、こんにちは。→調子はどう?→とてもいい調子です。」といったように、連続の会話にも対応。これらの機能は、先行体験版の「Clova WAVE」を購入したユーザーも、アップデートにより利用できる。

さらに、声での話者認識、音声翻訳、カレンダー管理やメモ帳機能、ショッピングやデリバリー、タクシー配車などの機能も、随時拡大していく予定とのことだ。

このほか、radiko提供によるラジオ再生、ヴァル研究所提供による経路検索、レスキューナウ提供による鉄道運行情報、アイフリーク モバイル提供による童話朗読、など、サービスパートナーを拡大していくという。

主な仕様は、無線通信が、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.1に対応、バッテリー容量がバッテリー5000mAh、スピーカーが2.5インチ20Wウーハー×1、1インチ5Wツイーター×2、プロセッサーが「APQ8009 Quad Core A7 1.3GHz」、対応OSがAndroid 4.4〜、iOS 9.0〜、対応言語が日本語。本体サイズが86.25(幅)×201.05(高さ)×139.84(奥行)mmで、重量が998g。ボディカラーはネイビー。

価格は、本体のみが14,000円、本体+LINE MUSIC12ヶ月聴き放題セット(2018年1月31日までのキャンペーン)が12,800円。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
LINE Clova WAVE 「LINE」の読み上げや送信もできるスマートスピーカー 

関連コンテンツ

Bluetoothスピーカー関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト