Mac向けOSが「OS X」から「macOS」に改称、新たにSiriをサポート

ホーム > 新製品ニュース > パソコン > OSソフト > Mac向けOSが「OS X」から「macOS」に改称、新たにSiriをサポート

Mac向けOSが「OS X」から「macOS」に改称、新たにSiriをサポート

2016年6月14日 16:45掲載

「macOS Sierra」 「macOS Sierra」 「macOS Sierra」

アップルは、6月13日(現地時間)に米サンフランシスコで開催された開発者向け会議「WWDC 16」で、Mac向けOSの新バージョン「macOS Sierra」を発表した。今秋に正式提供する予定だ。

Mac向けOSの名称はこれまで「OS X」を使用してきたが、同社の「iOS」「watchOS」「tvOS」と統一を図るため、「macOS」と改称し、最新バージョンを「macOS Sierra」として提供する。

主な機能追加として、音声アシスタント「Siri」を新たにサポートする。これにより、音声を使って、情報やファイルの検索、メッセージの送信などを行なえる。たとえば、Siriの検索結果からドラッグ&ドロップで、ドキュメントやメールに追加できるようになる。なお、今回のサポートによって、「macOS」「iOS」「watchOS」「tvOS」といった、4つすべてのソフトウェアプラットフォームが「Siri」に対応する。

このほか、タブ機能の拡張、イベントを自動的にコレクションとして作成する「Memories」(写真アプリ)、Apple Watchを装着するとMacを自動でアンロックできる「Auto Unlock」、iOSデバイスとクリップボードを共通化する「Universal Clipboard」、Macのストレージ容量が一杯になり始めた際に、iCloudを使って空きスペースを作れる「Optimized Storage」などの機能も利用できる。

■関連リンク

【価格.comマガジン】今年のWWDCも盛りだくさん! iOS 10/watchOS 3/macOS Sierra/tvOS発表

【新製品ニュース】アップルが「iOS 10」発表、メッセージ強化など「過去最大のアップデート」

ニュースリリース


関連コンテンツ

OSソフト関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク