MS、最新アップデート「Windows 10 Creators Update」を4/11より配信

ホーム > 新製品ニュース > パソコン > OSソフト > MS、最新アップデート「Windows 10 Creators Update」を4/11より配信

MS、最新アップデート「Windows 10 Creators Update」を4/11より配信

2017年3月30日 18:01掲載

「Windows 10 Creators Update」イメージ

日本マイクロソフトは、「Windows 10」の最新アップデートである「Creators Update」を4月11日より順次提供すると発表した。「Windows 10」のユーザーは、無償でアップデートできる。

「Creators Update」は、「人々の創造力を刺激すること、人々の創造力を広げることを目指して設計した」というバージョン。「Creators Update」には、新アプリ「Paint 3D」が含まれ、3Dオブジェクトをゼロから作成して、簡単に色を変えたり、テクスチャを貼り付けたりできる。2次元の画像を3D化して、アート作品を制作することも可能だ。

また、3Dや複合現実(Mixed Reality:MR)向けでは今後、Acer、ASUS、Dell、HP、Lenovoといったパートナー企業各社によって、「Creators Update」のリリースを受けて、年内にも「Windows Mixed Reality」対応ヘッドセットを発売する予定だ。

さらに、ゲーム機能も強化。ゲームバーを使用して、ゲームのプレイ画面を簡単にストリーミング配信できる。「Windows ロゴ」キー+「G」を押して「配信」をクリックすると、ライブ配信プラットフォーム「Beam」での配信が開始される。一連の操作中に、追加でログインする必要がないという。

このほか、「Microsoft Edge」、セキュリティ機能やプライバシー保護機能などの強化も図られている。

■関連リンク

ニュースリリース


関連コンテンツ

OSソフト関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク