マイクロソフト、Office 2013の予約を開始。製品構成や価格も発表

ホーム > 新製品ニュース > パソコン > オフィスソフト > マイクロソフト、Office 2013の予約を開始。製品構成や価格も発表

マイクロソフト、Office 2013の予約を開始。製品構成や価格も発表

Office Personal 2013 Office Home and Business 2013 Office Professional 2013

日本マイクロソフトは、2013年第1四半期の発売を予定している、日本市場向けの次期オフィス統合ソフト「Office 2013」について、本日より予約を開始した。また、製品構成および参考価格についても同時に発表している。

製品構成は、家庭での利用に適した基本的なツールが揃ったエディション「Office Personal 2013」、家庭・学生・個人事業主などの幅広いユーザーに最適なエディション「Office Home and Business 2013」、Officeを最大限活用したいユーザー向けの最上位のエディション「Office Professional 2013」、学生や教職員向けのエディション「Office Professional Academic 2013」の4種類となる。

収録ソフトは、「Office Personal 2013」が「Word 2013」「Excel 2013」「Outlook 2013」の3種類。「Office Home and Business 2013」が「Word 2013」「Excel 2013」「Outlook 2013」「PowerPoint 2013」「OneNote 2013」の5種類。「Office Professional 2013」と「Office Professional Academic 2013」が「Word 2013」「Excel 2013」「Outlook 2013」「PowerPoint 2013」「OneNote 2013」「Access 2013」「Publisher 2013」の7種類となっている。

参考価格は、「Office Personal 2013」が29,800円、「Office Home and Business 2013」が34,800円、「Office Professional 2013」が59,800円、「Office Professional Academic 2013」が28,381円(いずれも税抜)。

なお、次期Officeよりアップグレード優待版の提供は終了となるが、発売記念企画として、流通会社の協力のもと、「Office 発売記念 数量限定 Office Professional 2013 アップグレード優待パッケージ」を数量限定で発売する。対象アップグレードは「Office 2003」「Office 2007」「Office 2010」。参考価格は35,800円(いずれも税抜)。

また、マイクロソフト ストアでもアップグレードユーザーを対象に「Office Professional 2013」を数量限定で販売するキャンペーンを実施する。価格は35,800円。

【トレンドニュース】「慣れると便利?」「Windows8みたいに簡素化してほしい」。アクセス…

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
マイクロソフト Office Personal 2013 家庭での利用に適した基本的なツールが揃ったオフィス統合ソフト 
マイクロソフト Office Home and Business 2013 家庭・学生・個人事業主などの幅広いユーザーに適したオフィス統合ソフト 
マイクロソフト Office Professional 2013 最上位のオフィス統合ソフト 
マイクロソフト Office Professional 2013 アカデミック版 最上位のオフィス統合ソフト(学生や教職員向け) 
マイクロソフト Office Professional 2013 アップグレード優待パッケージ 最上位のオフィス統合ソフトのアップグレード優待版 

オフィスソフト関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト