ヤマハ、実際の歌声を「VOCALOID」でまねて再現するソフト

ホーム > 新製品ニュース > パソコン > 音楽ソフト > ヤマハ、実際の歌声を「VOCALOID」でまねて再現するソフト

ヤマハ、実際の歌声を「VOCALOID」でまねて再現するソフト

2012年9月18日 18:53掲載

VOCALOID3 Job Plugin VocaListener

ヤマハは、人間の歌声をお手本としてその歌い方を「VOCALOID」の歌声でまねて再現するソフトウェア「VOCALOID3 Job Plugin VocaListener(ボーカリスナー)」を発表。10月19日より発売する(「VOCALOID STORE」にて購入し、ダウンロードすることが可能)。

なお、本製品を使用するには、別売の「VOCALOID3 Editor」に加え、「VOCALOID2」または「VOCALOID3」対応の日本語の歌声ライブラリが必要となる(日本語以外の歌声ライブラリでは使用不可)。また、今冬発売予定の「VOCALOID Editor for Cubase」では使用不可となっている。

独立行政法人産業技術総合研究所によって研究開発された、録音された人間の歌声からその歌い方をまねて歌声を合成できる技術「VocaListener」を搭載したソフトウェア。本製品を「VOCALOID3 Editor」に「VOCALOID3 Job Plugin」として組み込むことによって、歌声を録音した音声ファイルを歌詞とともに入力するだけで、その歌い方にあわせて、メロディー情報(楽譜情報)が自動的に入力される。さらに、歌い方の細かいニュアンスを表現する歌声合成パラメータ(ピッチとダイナミクス)も自動的に調整されるため、直感的にお手本の歌い方を「VOCALOID」の歌声でまねることが可能となっている。また、ポップスやジャズ、クラシック、民謡、演歌などにおける、さまざまな歌唱方法をお手本とした歌声の合成も行える。

このほか、自動調整された歌声合成パラメータを、ユーザー自身が直感的に調整できる専用のユーザーインターフェイスを搭載。マウス操作でグラフィカルに音の高さや音量を加工したり、伴奏を試聴しながら歌声合成パラメータを調整することができる。また、お手本となる歌い方をどれくらいまねるかを8段階で調節できる「パラメータ推定精度調節機能」も搭載している。

対応OSは、Windows 8/Windows 7/Vista(32bit)/XP(32bit)となる(日本語OSのみで動作)。価格は19,800円。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
ヤマハ VOCALOID3 Job Plugin VocaListener 「VocaListener」技術を搭載したソフトウェア 

関連コンテンツ

音楽ソフト関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト