インテル、次世代ハイエンドCPU「Sandy Bridge-E」を発表

ホーム > 新製品ニュース > パソコン > CPU > インテル、次世代ハイエンドCPU「Sandy Bridge-E」を発表

インテル、次世代ハイエンドCPU「Sandy Bridge-E」を発表

Sandy Bridge-E Core i7 3960X Extreme Edition Core i7 3930K

インテルは、LGA1366パッケージを採用するCore i7 900シリーズを置き換える次世代ハイエンドCPU“Sandy Bridge-E”(開発コードネーム)を正式に発表した。

“Sandy Bridge-E”は、Sandy Bridgeアーキテクチャを採用した初のハイエンドCPUで、LGA1155ソケットを採用するCPUの上位モデルとして展開される。CPUソケットには、新設計のLGA2011を採用し、対応チップセットは同時発表された「X79 Express」となる。CPUコアは最大6コア。「ハイパースレッディング・テクノロジー」や「ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0」もサポートする。なお、LGA1155ソケットを採用するCPUのようにGPUコアは統合されてない。

CPUに統合されるメモリーコントローラーはクアッドチャネルのPC3-12800(DDR3-1600)で、メモリー帯域は最大51.2GB/s。CPUに統合されているPCI Expressコントローラーは、40レーンとなる。L3キャッシュに相当するラスト・レベル・キャッシュ(LLC)は最大15MB。

ラインアップは、6コア/12スレッド・定格動作クロック3.3GHzの「Core i7 3960X Extreme Edition」と、6コア/12スレッド・定格動作クロック3.2GHzの「Core i7 3930K」、4コア/8スレッド・定格動作クロック3.6GHzの「Core i7 3820」の3モデル。なお、「Core i7 3820」は、2012年第1四半期に投入される予定だ。また、「Core i7 3960X Extreme Edition」と「Core i7 3930K」の2モデルは倍率ロックフリーモデルとなる。発熱量を示すTDPはいずれも130W。リテールパッケージには、CPUクーラーはバンドルされない。

出荷価格(1千個受注時)は、「Core i7 3960X Extreme Edition」が999USドル、「Core i7 3930K」が555USドル。 「Core i7 3820」は未定。

■関連リンク

【価格.comマガジン】インテルの次世代ハイエンドCPU“Sandy Bridge-E”速攻レビュー

【新製品ニュース】ASUS、X79 Expressチップセット搭載マザーボード3機種

【新製品ニュース】GIGABYTE、X79 Expressチップセット搭載マザーボード4機種

【新製品ニュース】MSI、CPUクーラー同梱モデルなどX79マザー2機種

【新製品ニュース】ASRock、Sandy Bridge-E対応マザーボード4機種

【新製品ニュース】ECS、X79 Expressチップセット搭載マザーボード2機種

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
インテル Core i7 3960X Extreme Edition BOX LGA2011パッケージを採用するハイエンドCPU(6コア/12スレッド/定格動作クロック3.3GHz/LLC 15MB/TDP 130W) 
インテル Core i7 3930K BOX LGA2011パッケージを採用するハイエンドCPU(6コア/12スレッド/定格動作クロック3.2GHz/LLC 12MB/TDP 130W) 
インテル Core i7 3820 BOX LGA2011パッケージを採用するハイエンドCPU(4コア/8スレッド/定格動作クロック3.6GHz/LLC 10MB/TDP 130W) 

CPU関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト