インテル、Windows 8タブレット向けAtomプロセッサー「Atom Z2760」発表

ホーム > 新製品ニュース > パソコン > CPU > インテル、Windows 8タブレット向けAtomプロセッサー「Atom Z2760」発表

インテル、Windows 8タブレット向けAtomプロセッサー「Atom Z2760」発表

Atom Z2760 Atom Z2760を搭載するAcer「ICONIA W510」 Atom Z2760を搭載するLenovo「ThinkPad Tablet 2」

米インテルは、“Clover Trail”の開発コードで呼ばれていたWindows 8搭載タブレット端末向けの最新Atomプロセッサー「Atom Z2760」を発表した。

「Atom Z2760」は、Windows 8搭載タブレット端末向けに開発されたSoC(System On a Chip)で、1.8GHzのデュアルコアCPU(最大4スレッドまで対応)や、最大533MHzで駆動するGPU、1MBのL2キャッシュメモリーなどを統合している。メインメモリーはLPDDR2をサポート。製造プロセスルールは32nm。

同社によると、「Atom Z2760」を用いることで、薄さ8.5mm、重さ約680gの端末を実現できるとのこと。また、長時間のバッテリー駆動も大きな特徴。10型モニターを搭載するリファレンスデザインの端末では、インターネットに接続された状態での待受で3週間以上のバッテリー寿命を実現。HD動画再生でも10時間以上可能だという。

Acer、ASUS、Dell、富士通、HP、Lenovo、LG Electronics、 Samsung、ZTEなどが搭載端末の開発を表明しており、今後、これらのメーカーから搭載製品が登場する見込みだ。

ニュースリリース

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名
インテル  

CPU関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト