CFD、3D NANDフラッシューメモリーを搭載したM.2 SSD

ホーム > 新製品ニュース > パソコン > SSD > CFD、3D NANDフラッシューメモリーを搭載したM.2 SSD

CFD、3D NANDフラッシューメモリーを搭載したM.2 SSD

2017年3月17日 17:36掲載

CSSD-M2O256PG1VN CSSD-M2O512PG1VN

CFD販売は、NVMeを採用したM.2 SSD「CFD M2OPG1VN」シリーズとして、256GBモデル「CSSD-M2O256PG1VN」、512GBモデル「CSSD-M2O512PG1VN」の取り扱いを開始。3月中旬より発売する。

M.2 2280(PCI Express 3.0 x4/NVM Express)を採用したSSD。従来のSATA 6Gb/s(約600MB/s)を採用したSSDと比べて転送速度が約4倍になるとしている。

また、フラッシューメモリーに3D NANDを、SSDコントローラーにSMI製チップを搭載。MTBFは200万時間となっている。

256GBモデル「CSSD-M2O256PG1VN」の最大転送速度は、シーケンシャルリードが2000MB/s、シーケンシャルライトが1100MB/s。

512GBモデル「CSSD-M2O512PG1VN」の最大転送速度は、シーケンシャルリードが2500MB/s、シーケンシャルライトが1100MB/s。

市場想定価格は、256GBモデル「CSSD-M2O256PG1VN」が20,000円前後、512GBモデル「CSSD-M2O512PG1VN」が36,000円前後(いずれも税別)。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
CFD CSSD-M2O256PG1VN シーケンシャルリードが2000MB/sのM.2 SSD(256GB) 
CFD CSSD-M2O512PG1VN シーケンシャルリードが2500MB/sのM.2 SSD(512GB) 

関連コンテンツ

SSD関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト