ASUS、メモリースロット2本で特性を向上させたZ270マザー

ホーム > 新製品ニュース > パソコン > マザーボード > ASUS、メモリースロット2本で特性を向上させたZ270マザー

ASUS、メモリースロット2本で特性を向上させたZ270マザー

2017年2月20日 16:13掲載

ROG MAXIMUS IX APEX ROG MAXIMUS IX APEX ROG MAXIMUS IX APEX

ASUSTeK Computerは、Extended ATXサイズのオーバークロッカー向けマザーボード「ROG MAXIMUS IX APEX」を発表。2月24日より発売する。

PCゲーマーおよびオーバークロッカー向けに特別設計を行った「ROG(Republic of Gamers)」シリーズの製品。チップセットは「Intel Z270 Express」で、LGA 1151ソケット対応のCPUを搭載することが可能だ。特にオーバークロッカー向けに特化した製品となっており、特別な電源回路や特別なメモリースロットレイアウトを採用し、より高いクロックを実現できるという。

また、4本あるメモリースロットを2本に減らすことで配線を最適化し、配線間のノイズの影響を最小限に抑え、信号品質の向上を行っている。さらに、高クロック対応メモリーを使用することで、DDR4-4266での動作が可能となっている。

メモリースロットは、DDR4 4266(O.C.)×2(最大32GB)。 ストレージは、M.2 Socket 3×2、SATA 6Gb/s×4。拡張スロットは、PCI Express 3.0 x16×4、PCI Express 3.0 x1×2。

このほか、リアパネルのインターフェイスは、DisplayPort×1、HDMI×1、ギガビットLAN×1、USB 3.1 ×1、USB 3.1 Type-C×1、USB 3.0×6、光デジタル×1などを装備する。

市場想定価格は43,000円前後。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
ASUS ROG MAXIMUS IX APEX オーバークロッカー向けのExtended ATXマザーボード 

関連コンテンツ

マザーボード関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト