ZOTAC、水冷システムに対応した「GeForce GTX 1080 Ti」など2機種

ホーム > 新製品ニュース > パソコン > グラフィックボード・ビデオカード > ZOTAC、水冷システムに対応した「GeForce GTX 1080 Ti」など2機種

ZOTAC、水冷システムに対応した「GeForce GTX 1080 Ti」など2機種

2017年6月18日 6:20掲載

ZOTAC GeForce GTX 1080 Ti ArcticStorm ZOTAC GeForce GTX 1080 Ti ArcticStorm ZOTAC GeForce GTX 1080 Ti AMP Extreme Core Edition

アスクは、ビデオカードの新モデルとして、「ZOTAC GeForce GTX 1080 Ti ArcticStorm」「ZOTAC GeForce GTX 1080 Ti AMP Extreme Core Edition」の2機種の取り扱いを開始。6月17日より発売した。

いずれも、NVIDIAのハイエンドGPU「GeForce GTX 1080 Ti」を搭載したモデル。冷却性能では、「ZOTAC GeForce GTX 1080 Ti ArcticStorm」が水冷システムを、「ZOTAC GeForce GTX 1080 Ti AMP Extreme Core Edition」が空冷システムを採用し、オーバークロックを実現している。

■「ZOTAC GeForce GTX 1080 Ti ArcticStorm」

DIY水冷システムに対応したオリジナル設計の薄型ウォーターブロックを搭載。内径10mmのチューブをサポートし、上部または水平にマウントが可能なフィッティングを付属するほか、幅広い機器との互換性があるG1/4スレッドのフィッティングにも対応する。

主な仕様は、ベースクロックが1506MHz、ブーストクロックが1620MHz、データレートが11Gbps(メモリークロック11010MHz相当)、メモリーインターフェイス幅が352bit。ビデオメモリーはGDDR5Xで、容量が11GBとなる。

このほか、PC接続インターフェイスはPCI Express 3.0 x16。ディスプレイインターフェイスは、DisplayPort 1.4×3、HDMI 2.0b×1、DVI-D×1を装備。補助電源コネクターは8ピン×2。カードサイズは2スロット占有タイプとなる。

市場想定価格は119,800円前後前後(税別)。

■「ZOTAC GeForce GTX 1080 Ti AMP Extreme Core Edition」

同社製ビデオカードの最上位モデル「ZOTAC GeForce GTX 1080 Ti AMP Extreme」の下位モデルとなり、コアベースクロック、ブーストクロック、メモリークロックに高いオーバークロック設定が施されている。

GPUクーラーには、90mm径のワイドブレードファンを3基搭載した「IceStorm」を採用。アイドル時と低負荷時にファン回転を停止させることで騒音を低減する「FREEZE」テクノロジーに対応する。

主な仕様は、ベースクロックが1607MHz、ブーストクロックが1721MHz、データレートが11Gbps(メモリークロック11200MHz相当)、メモリーインターフェイス幅が352bit。ビデオメモリーはGDDR5Xで、容量が11GBとなる。

このほか、PC接続インターフェイスはPCI Express 3.0 x16。ディスプレイインターフェイスは、DisplayPort 1.4×3、HDMI 2.0b×1、DVI-D×1を装備。補助電源コネクターは8ピン×2。カードサイズは2.5スロット占有タイプとなる。

市場想定価格は104,980円前後(税別)。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
ZOTAC ZOTAC GeForce GTX 1080 Ti ArcticStorm ZT-P10810E-30P [PCIExp 11GB] 水冷システムに対応した「GeForce GTX 1080 Ti」搭載ビデオカード 
ZOTAC ZOTAC GeForce GTX 1080 Ti AMP Extreme Core Edition ZT-P10810F-10P [PCIExp 11GB] オーバークロックに対応した「GeForce GTX 1080 Ti」搭載ビデオカード 

関連コンテンツ

グラフィックボード・ビデオカード関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト