ASUS、VRと4Kゲーミングに適した「Radeo RX Vega 56」搭載OCモデル

ホーム > 新製品ニュース > パソコン > グラフィックボード・ビデオカード > ASUS、VRと4Kゲーミングに適した「Radeo RX Vega 56」搭載OCモデル

ASUS、VRと4Kゲーミングに適した「Radeo RX Vega 56」搭載OCモデル

2018年1月18日 12:24掲載

ROG-STRIX-RXVEGA56-O8G-GAMING ROG-STRIX-RXVEGA56-O8G-GAMING ROG-STRIX-RXVEGA56-O8G-GAMING
ROG-STRIX-RXVEGA56-O8G-GAMING ROG-STRIX-RXVEGA56-O8G-GAMING

ASUS JAPANは、「Radeo RX Vega 56」搭載のオーバークロックビデオ「ROG-STRIX-RXVEGA56-O8G-GAMING」を発表。1月19日より発売する。

VRと4Kゲーミングに適したオーバークロックモデル。対応マザーボードとLEDの光演出を同期できる「Aura Sync」対応製品となっている。

性能面では、GPUにダイレクトに接続する強化された銅製ヒートスプレッダを搭載し、熱伝導性を改善したほか、2.5スロット専有モデルながら、従来の2スロットデザインと比較して放熱用ヒートシンクの表面積が40%大きいため、劇的な冷却性能と静音性を実現する。

また、防塵規格のIP5Xに対応する「IP5X対応防塵ファン」を搭載。粉塵が浮遊する環境であっても問題なく動作でき、ホコリが集まりやすいPCケースの中でも、長期間にわたって性能の劣化なく使い続けられる。

さらに、ファンブレードの先端部分に航空機のウイングレットのような曲げを加えた、独自形状の「ウイングブレード」を搭載しており、ファンの風圧を一般的な形状のファンの105%に向上。通常ファンと比較し、低い回転数でも十分な冷却性能を実現する。

このほか、GPU温度が低いときにはファンを自動停止する「ゼロノイズ機能」を搭載。2Dゲーム程度の負荷であれば無音でビデオカードを使用できる。

主な仕様は、ベースクロックが1297MHz、ブーストクロックが1573MHz、データレートが1.6Gbps(メモリークロック800MHz相当)、メモリーインターフェイス幅が2048bit。ビデオメモリーはHBM2 8GBを搭載する。PC接続インターフェイスはPCI Express 3.0 x16。ディスプレイインターフェイスは、DisplayPort 1.4×2、HDMI 2.0×2、DVI-D×1。補助電源コネクターは8ピン×2。

価格はオープン。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
ASUS ROG-STRIX-RXVEGA56-O8G-GAMING [PCIExp 8GB] VRと4Kゲーミングに適したオーバークロックビデオ 

関連コンテンツ

グラフィックボード・ビデオカード関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト