パイオニア、USBに接続してノイズカット・高音質化する「DRESSING」

ホーム > 新製品ニュース > パソコン > サウンドカード・ユニット > パイオニア、USBに接続してノイズカット・高音質化する「DRESSING」

パイオニア、USBに接続してノイズカット・高音質化する「DRESSING」

2016年10月19日 10:50掲載

「APS-DR001」 「APS-DR002」 「DRESSING」の効果例。USB端子のBUS(+5V)−GND間の電源波形を計測

パイオニアは、USB端子に接続して利用するPCオーディオ周辺機器「USBサウンドクオリティアップグレーダー DRESSING」シリーズとして、「APS-DR001」「APS-DR002」「APS-DR003」を発表した。「APS-DR001」を12月より発売し、そのほか2機種の発売日は未定だ。

PCなどのUSB端子に接続するだけで、電源ノイズや信号ノイズをカットし、高音質化を実現するというモデル。同社によれば、「PCに保存したハイレゾ音源を再生する際、軽量・薄型化したPCの内部でノイズの影響を受けるため、PC再生では音源のクオリティをすべてを引き出すことができない」として、「パイオニアの技術ノウハウを生かし、電源ノイズや信号ノイズの除去を実現した」とのことだ。

■「APS-DR001」

独自のフィルターの使用によって、PCなどのUSB端子に接続して電源ノイズをカットし、高音質化を実現するモデル。PC内に保存したハイレゾ音源に加えて、圧縮音源などのファイルやCD/DVDにも対応する。本体の着脱時に持ちやすい、プリズム形状の起伏を配したデザインも採用した。

本体サイズは44 (幅)×21(高さ)×9 (奥行)mm、重量は7g。ボディカラーはガンメタリック。価格は6,000円(税別)。

■「APS-DR002」「APS-DR003」

出力端子を搭載したモデル。USB端子に接続して電源ノイズをカットすることに加え、USBケーブルとPC間に接続することで、接続機器への信号ノイズもカットするという。さらに、「APS-DR003」は厳選したパーツを採用しており、微細なノイズまでカットした高音質な音楽を楽しめるとのことだ。

いずれも、本体サイズは60(幅)×20(高さ)×12(奥行)mm、重量は未定。ボディカラーは、「APS-DR002」がブラック、「APS-DR003」が未定。価格は、「APS-DR002」が20,000円、「APS-DR003」が100,000円(いずれも税別)。

■関連リンク

ニュースリリース


関連コンテンツ

サウンドカード・ユニット関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク