サイズ、80PLUSホワイト認証ATX電源「CORE POWER S プラグインシリーズ」

ホーム > 新製品ニュース > パソコン > 電源ユニット > サイズ、80PLUSホワイト認証ATX電源「CORE POWER S プラグインシリーズ」

サイズ、80PLUSホワイト認証ATX電源「CORE POWER S プラグインシリーズ」

2017年1月4日 13:30掲載

「CORE POWER S プラグインシリーズ」 「CORE POWER S プラグインシリーズ」 「CORE POWER S プラグインシリーズ」

サイズは、電源ユニットの新製品として、80PLUS ホワイト認証のATX電源ユニット「CORE POWER S プラグインシリーズ」を発表。容量400Wの「CORES-400P」、500Wの「CORES-500P」、600Wの「CORES-600P」ラインアップで1月11日より発売する。

いずれも、同社オリジナル設計の80PLUS ホワイト認証を取得したATX電源ユニット。ファンガードやケーブルのメッシュ加工などは省略しながらも、プラグイン方式を採用し、低容量な400Wモデルも含めPCI-Expressコネクターを2本搭載した点が特徴。拡張性を確保した。

また、+12Vシングルレーンを採用。大容量の12Vを1レーンに統合することでより柔軟で無駄のない電力供給を可能とした。さらに、120mmファンによる大風量と静音仕様で、同社オリジナルのファンコントロールサーキットにより、高い静音性を実現。このほか、全コンデンサに長寿命な105度品を採用した。

400Wモデル「CORES-400P」の主な仕様は、電源コネクターがメイン24ピン×1、4+4ピン×1、6ピンPCI-E×1、6+2ピンPCI-E×1、15ピンSATA×4、4ピンHDD×2(プラグイン)。本体サイズは150(幅)×86(高さ)×140(奥行)mm。重量は約1.35kg(プラグインケーブル除く)。市場想定価格は4,380円(税別)。

500Wモデル「CORES-500P」の主な仕様は、電源コネクターがメイン24ピン×1、4+4ピン×1、6ピンPCI-E×1、6+2ピンPCI-E×1、15ピンSATA×4、4ピンHDD×2(プラグイン)。本体サイズは150(幅)×86(高さ)×140(奥行)mm。重量は約1.45kg(プラグインケーブル除く)。市場想定価格は4,380円(税別)。

600Wモデル「CORES-600P」の主な仕様は、電源コネクターがメイン24ピン×1、4+4ピン×1、6+2ピンPCI-E×2、15ピンSATA×8、4ピンHDD×2(プラグイン)。本体サイズは150(幅)×86(高さ)×140(奥行)mm。重量は約1.57kg(プラグインケーブル除く)。市場想定価格は4,380円(税別)。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
サイズ COREPOWER S PLUG-IN CORES-400P 80PLUSホワイト認証ATX電源(400W) 
サイズ COREPOWER S PLUG-IN CORES-500P 80PLUSホワイト認証ATX電源(500W) 
サイズ COREPOWER S PLUG-IN CORES-600P 80PLUSホワイト認証ATX電源(600W) 

関連コンテンツ

電源ユニット関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト