「スーファミ」の互換に特化した「レトロフリーク」セット、9,980円から

ホーム > 新製品ニュース > おもちゃ > ゲーム周辺機器 > 「スーファミ」の互換に特化した「レトロフリーク」セット、9,980円から

「スーファミ」の互換に特化した「レトロフリーク」セット、9,980円から

2017年10月8日 6:10掲載

サイバーガジェットは、「レトロフリーク ベーシック(SFC用)スタンダードセット」および「レトロフリーク ベーシック(SFC用)エコノミーセット」を発表。2018年春より数量限定で発売する。

「スーパーファミコン」の互換に特化したという「レトロフリーク」。「レトロフリーク」の機能はそのままに「SFC用ゲームを遊ぶことに焦点を絞った」という。

具体的には、新型の「カートリッジアダプター(SFC用)」は、SFC用とSNES用カートリッジに対応し、純正コントローラーを2個接続可能。さらに、別売りの「11機種対応カートリッジアダプター」を使用して、従来のレトロフリーク同様に、11機種のゲームカートリッジにも対応する。加えて、「ギアコンバーター」や「NESカートリッジコンバーター」を接続し、最大15機種のレトロゲームにも対応するとのことだ。

セット内容は、「スタンダードセット」が、レトロフリーク本体×1、カートリッジアダプター(SFC用)×1、コントローラー×1、HDMIケーブル×1、USB給電ケーブル×1、USB A to microUSB Bケーブル×1(カートリッジアダプターとレトロフリーク本体接続用)。「エコノミーセット」は、「スタンダードセット」からコントローラーとHDMIケーブルを省いたモデルとなる。

価格は、「スタンダードセット」が12,980円、「エコノミーセット」が9,980円(いずれも税別)。

■関連リンク

製品情報 「スタンダードセット」

製品情報 「エコノミーセット」


関連コンテンツ

ゲーム周辺機器関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク