懐かしのスーファミソフトを7型画面でプレイできる「16ビットポケットHDMI」

ホーム > 新製品ニュース > おもちゃ > ゲーム周辺機器 > 懐かしのスーファミソフトを7型画面でプレイできる「16ビットポケットHDMI」

懐かしのスーファミソフトを7型画面でプレイできる「16ビットポケットHDMI」

2018年1月5日 16:50掲載

16ビットポケットHDMI 16ビットポケットHDMI 16ビットポケットHDMI

コロンバスサークルは、家庭用ゲーム機「スーパーファミコン」のゲームソフトをプレイできる互換機「16ビットポケットHDMI」を発表。Amazon.co.jpでは2月28日より発売する。

7型ディスプレイを搭載し、「スーパーファミコン」用ソフトを楽しめるという互換機。HDMI経由で、クリアな映像をテレビに出力することも可能だ。

さらに、画面比率を調整できる変換スイッチを装備し、「スタンダード(4/3)」「ワイド(16/9)」から好きな画面比率でゲームをプレイできる点も特徴。「NTSC」「PAL」の変換スイッチも付いており、「欧米版のSFC用ソフトにも対応する」という。好みの明るさでゲームをプレイできる「画面の明るさ調整」ボタンも備える。

セット内容は、本体×1、専用ワイヤレスコントローラ×2、ACアダプタ×1、HDMI端子ケーブル×1、本体スタンド×1、液晶フィルム×2。専用ワイヤレスコントローラの電池は別売りだ。

Amazon.co.jpでの価格は16,920円。

なお、同社によれば、同製品はコロンバスサークルのオリジナル製品であり、任天堂のライセンス製品ではないとのこと。また、互換機のため、「スーパーファミコン」用ソフトの完全な動作を保証するものではないとアナウンスしている。一部のゲームでは、オリジナルの音声と異なる場合があるほか、音声や映像の乱れなど動作が不安定になる場合があるとのことだ。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
コロンバスサークル CC-16PHD-GR  スーパーファミコンソフト対応の互換機 

関連コンテンツ

ゲーム周辺機器関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト