“しゃべる人体模型”を組み立てて学ぶ週刊「おしえて!おしゃべりガイコツ」

ホーム > 新製品ニュース > おもちゃ > 模型 > “しゃべる人体模型”を組み立てて学ぶ週刊「おしえて!おしゃべりガイコツ」

“しゃべる人体模型”を組み立てて学ぶ週刊「おしえて!おしゃべりガイコツ」

2017年1月6日 15:25掲載

週刊「おしえて!おしゃべりガイコツ」 週刊「おしえて!おしゃべりガイコツ」 週刊「おしえて!おしゃべりガイコツ」

デアゴスティーニ・ジャパンは、分冊百科シリーズの新刊として、毎号付属するパーツを組み立てて人体模型「ホネッキー」を完成させる、週刊「おしえて!おしゃべりガイコツ」を発表。創刊号を1月5日に発売した。

毎号ついてくるパーツを組み立てて、しゃべる人体模型「ホネッキー」を完成させるシリーズ。全70号で、身長90cmの模型「ホネッキー」が完成し、骨や内臓を組み立てながら、人の身体の仕組みがどうなっているのか学べる。また、組み立ては説明付きであるため簡単に行えるという。

マガジンは、“君のからだのなぜ?”がわかるマンガのパート、人の身体の仕組みや働きを紹介するパート、大人と赤ちゃん、動物と人など生き物の身体の違いについて解説するパートの3つに分かれており、大人にとってもさまざまな発見があるという。

さらに、毎号“おしゃべりカード”が付属し、カードをホネッキーの頭にかざすと、ホネッキーが身体に関するクイズを出題したり、豆知識を話したりする。ホネッキーは12号からしゃべり始める。創刊号は「骨」(頭部前面パーツ)、2号は「歯」(下あご、上/下の歯それぞれ16本)、3号は「舌」の順で登場する予定とのこと。

価格は創刊号が特別価格で199円、第2号特別価格が690円、通常価格が1,190円、第12号特別価格が2,380円。

■関連リンク

製品情報


関連コンテンツ

模型関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク