接着剤なしで組み立てられる、1/72アメリカ空軍「F-15E」と海軍「F/A-18F」

ホーム > 新製品ニュース > おもちゃ > 模型 > 接着剤なしで組み立てられる、1/72アメリカ空軍「F-15E」と海軍「F/A-18F」

接着剤なしで組み立てられる、1/72アメリカ空軍「F-15E」と海軍「F/A-18F」

2017年11月14日 11:05掲載

「1/72スケール アメリカ空軍 F-15E ストライクイーグル」 、「1/72スケール アメリカ海軍 F/A-18F スーパーホーネット“VFA-103 ジョリーロジャース”」 「1/72スケール アメリカ空軍 F-15E ストライクイーグル」
、「1/72スケール アメリカ海軍 F/A-18F スーパーホーネット“VFA-103 ジョリーロジャース”」 「1/72スケール アメリカ空軍 F-15E ストライクイーグル」 「1/72スケール アメリカ空軍 F-15E ストライクイーグル」

童友社は、接着剤を使わずに組み立てられる「凄!プラモデル」の第2弾として、「1/72スケール アメリカ空軍 F-15E ストライクイーグル」と、「1/72スケール アメリカ海軍 F/A-18F スーパーホーネット“VFA-103 ジョリーロジャース”」の発売を開始した。

精密スケールモデルでありながら接着剤を使わずに組み立てられるスナップキットで、「F-4JファントムU」に続く第2弾モデル。いずれも、実機に近いカラーで成形され、塗装しないで組み立てステッカーを貼るだけでもリアルなモデルが作れるように設計した点が特徴だ。マーキングはデカールとステッカーいずれも付属する。

F-15E ストライクイーグルは、アメリカ空軍で運用されている戦闘爆撃機であり、1991年の湾岸戦争で活動し、1999年のコソボ紛争、2001年のアフガニスタン侵攻、2003年のイラク戦争などに投入された。カラーはダークグレーに成形しており、機体全面には精密な彫刻を施した。

F/A-18F スーパーホーネットは、F/A-18A〜Dをベースに、大幅な能力向上を図って再設計され、開発されたアメリカ海軍の艦上戦闘攻撃機。2006年のF-14の退役に伴い更新が進められ、現在ではF/A-18E/Fを擁する飛行隊は30以上が就役している。同モデルである第103戦闘攻撃飛行隊は、“ジョリーロジャース”というニックネームを持った人気の高い飛行隊だ。

パッケージサイズはいずれも33(幅)×22(高さ)×7(奥行)cm。

価格はいずれも4,500円(税別)。

■関連リンク

【新製品ニュース】接着剤なしで作れて実機に近いカラーの1/72「アメリカ海軍 F-4JファントムU…

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
童友社 1/72スケール アメリカ空軍 F-15E ストライクイーグル  接着剤を使わずに組み立てられる1/72「アメリカ空軍 F-15E ストライクイーグル」スナップキット 
童友社 1/72スケール アメリカ海軍 F/A-18F スーパーホーネット “VFA-103 ジョリーロジャース”  接着剤を使わずに組み立てられる1/72「アメリカ海軍F/A-18Fスーパーホーネット」スナップキット 

関連コンテンツ

模型関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト