【2016年 年間総合ランキング】新製品ニュースで最も読まれた記事は?

ホーム > 新製品ニュース > おもちゃ > その他のおもちゃ > 【2016年 年間総合ランキング】新製品ニュースで最も読まれた記事は?

【2016年 年間総合ランキング】新製品ニュースで最も読まれた記事は?

2016年12月28日 17:00掲載

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ(ミニファミコン) Xperia XZ D500

2016年の価格.com新製品ニュースの全カテゴリ(自動車カテゴリを除く)で、アクセス数の多かったニュース記事をランキング形式でお届け。今年1年間に公開したニュースのランキングトップ10は以下のとおり(2016年1月1日〜12月25日集計)。

2016年のニュースランキングで、最もアクセスが多かったのは、任天堂が9月30日に発表した「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」(ミニファミコン)だった。新製品ニュースでは、過去最高とも言える反響があり、記事公開後の約1週間で、Facebookの「いいね!」が早くも1万件を突破。さらに、クチコミ掲示板では連日、ミニファミコンの予約・販売状況をめぐる情報が盛んにやり取りされていた。

2位は、アップルの新型スマートフォン「iPhone 7/7 Plus」の話題を差し置いて、ソニーの「Xperia XZ」「Xperia X Compact」がランクインしたのが興味深い。3位は、各メーカーからデジタル一眼レフカメラのフラッグシップモデルの発表が相次ぐ中、ニコンがAPS-C一眼レフ最上位として市場に投入した「D500」に高い関心が集まった。

このほか、家電カテゴリでは、数ある新製品の中から、レトロな家具調デザインというユニークな19V型液晶テレビ「EREO NFKT19-001」が4位にランク入り。さらに、パソコンカテゴリでは、ASUSが3万円台で提供する11.6型モバイルノートPC「E200HA-8350」と7.9型タブレット「ZenPad 3」が、7位と8位のそれぞれに入るなど、コストパフォーマンスを重視したモデルへの注目度が高かったようだ。

■1位 任天堂、名作30タイトルを収録したミニサイズ「ファミコン」を5,980円で発売…9月30日(おもちゃ)

1983年に発売された家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ(ファミコン)」の本体サイズを約60%に縮小し、往年の30タイトルをあらかじめ収録した家庭用ゲーム機。別売りのACアダプターやUSB電源供給機器とUSBケーブルを接続し、HDMIケーブルを使って、テレビなどのモニターに接続することで、収録ゲームを気軽にプレイできる。

■2位 ソニー、2016年秋に発売する「Xperia XZ」「Xperia X Compact」を発表…9月2日(スマートフォン・携帯電話)

いずれも、トリプルイメージセンシング技術を採用し、カメラ機能を強化したのが特徴。フラッグシップモデルの「Xperia XZ」は、5.2型フルHD液晶(1080×1920ドット)を搭載したほか、メタル素材の採用によって、背面から前面まで一体感があるデザインとなっている。

■3位 ニコン、153点AFや10コマ連写対応のAPS-C一眼レフ最上位「D500」…1月6日(カメラ)

ニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラのフラッグシップモデル。「マルチCAM 20Kオートフォーカスセンサーモジュール」を採用し、153点のフォーカスポイントで広い範囲を高密度にカバー。撮像素子は23.5×15.7mmサイズのCMOSセンサーで、有効画素数が2088万画素。約10コマ/秒の高速連続撮影にも対応。動画撮影は、4K UHD(3840×2160)/30pをサポートする。

■4位 懐かしの昭和テイストな家具調レトロ液晶テレビ「EREO」が9月発売…8月12日(家電)

レトロモダンなデザインを採用した、画面サイズ19V型の家具調テレビ。本体前面には、最大出力2W+2Wのスピーカーを装備し、下部には、キャビネットの空間を最大限に生かした収納スペースを確保した。さらに、飾りとしてダイヤルチャンネルも備える。

■5位 ソニー、HDR対応の4Kテレビ「BRAVIA X9350D/X9300D/X8500D」…4月7日(家電)

液晶テレビ「BRAVIA」4Kモデル。65V型と55V型の計3シリーズをラインアップ。「X9300D」には、映像本来の明るさやコントラストを再現するHDR信号を最大限に生かす薄型バックライト技術「Slim Backlight Drive」を採用した。

■6位 ASUS、税別19,800円の5.5型SIMフリースマホ「ZenFone Go」…3月11日(スマートフォン・携帯電話)

5.5型HD液晶(720×1280×ドット)を搭載したモデル。コストパフォーマンスにすぐれており、SIMフリースマートフォン初心者に適しているというのが特徴。カメラ画素数は、背面が800万画素、前面が500万画素。市場想定価格は19,800円(税別)。

■7位 ASUS、3万円台で4GBメモリー&重さ980gの11.6型モバイルノートPC…8月26日(パソコン)

11.6型WXGA液晶(1366×768ドット)を搭載したモバイルノートPC。重量は約980gと軽量ながらも、約9.5時間のバッテリー駆動時間を実現。前モデルよりも基本性能を強化し、CPUに「Atom x5-Z8350」を、メモリーに4GBを搭載。市場想定価格は36,800円(税別)。

■8位 ASUS、3万円台で2048×1536表示&通話に対応した7.9型タブレット「ZenPad 3」…9月14日(パソコン)

2048×1536ドットの7.9型液晶を搭載したSIMフリータブレット。タブレットながらも、通話機能を備えており、音声プランのSIMカードと組み合わせることで、携帯電話のように通話も行える。コストパフォーマンスにもすぐれ、市場想定価格は36,800円(税別)。

■9位 ダイソン、吸引力15%向上&運転音50%低減したコードレス掃除機「V8」…5月17日(家電)

小型ながらも、毎分最大11万回転する「ダイソン デジタルモーター V8」を搭載。最大吸引力を、前モデル「ダイソン V6」シリーズの100AWから115AWに15%向上させたほか、密度が高いリチウムイオンバッテリーを新たに採用し、駆動時間を最長40分間持続可能にした。

■10位 キヤノン、秒間14コマ連写&4K/60p動画対応のフラッグシップ「EOS-1D X Mark II」…2月2日(カメラ)

デジタル一眼レフカメラ「EOS」シリーズのフラッグシップモデル。撮像素子には、新開発の約2020万画素の35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載。「EOS-1D X」の約1810万画素から画素数を向上させながらも、集光率をアップさせる「ギャップレスマイクロレンズ」を採用し、高感度性能と低ISOにおける暗部ノイズ低減を実現。

※本年も価格.com新製品ニュースをご愛読いただき、まことにありがとうございました。2017年は1月4日より、記事の配信を再開いたします。引き続き、価格.com新製品ニュースをよろしくお願い申し上げます。

■関連リンク

【2016年 PCカテゴリ年間ランキング】ASUSなどの高コスパ製品に注目集まる

【2016年 家電カテゴリ年間ランキング】昭和レトロな液晶テレビが1位

【2016年 カメラカテゴリ年間ランキング】一眼レフの最上位モデルが1位と2位

【2016年 スマホカテゴリ年間ランキング】秋発売の「Xperia XZ」がダントツ

【2016年 おもちゃカテゴリ年間ランキング】「ミニファミコン」が世間を賑わす


関連コンテンツ

その他のおもちゃ関連最新ニュースリンク