うちの猫(コ)は車掌さん! 爪とぎができる機関車型の段ボールハウス

ホーム > 新製品ニュース > おもちゃ > その他のおもちゃ > うちの猫(コ)は車掌さん! 爪とぎができる機関車型の段ボールハウス

うちの猫(コ)は車掌さん! 爪とぎができる機関車型の段ボールハウス

2017年7月26日 17:25掲載

働くにゃんこ! 車掌さん気分でくつろげる つめとぎ猫機関車 働くにゃんこ! 車掌さん気分でくつろげる つめとぎ猫機関車 働くにゃんこ! 車掌さん気分でくつろげる つめとぎ猫機関車
働くにゃんこ! 車掌さん気分でくつろげる つめとぎ猫機関車 働くにゃんこ! 車掌さん気分でくつろげる つめとぎ猫機関車 働くにゃんこ! 車掌さん気分でくつろげる つめとぎ猫機関車

フェリシモは、同社の「フェリシモ猫部」にて、猫用の段ボールつめとぎハウス「働くにゃんこ! 車掌さん気分でくつろげる つめとぎ猫機関車」の発売を開始した。

機関車型の猫用段ボールハウス。車内の床一面はつめとぎができる厚さ2pの段ボールコアを採用し、天井には猫じゃらしなどを通せる小さな穴が開いているなど、猫によるモニターを重ね、猫がうれしい設計を詰め込んだ点が特徴。

また、猫の隠れ家に最適なサイズ感で、底面には滑り止めシールを備えたことで、体をスリスリしやすく、車掌室の窓は猫が車内で寝ころんで、あごを乗せやすい高さに設計した。

さらに、付属のアレンジシールから、帽子や駅標など撮影を盛り上げる小道具も作れるため、猫が楽しく遊んでいる様子を撮影すれば、SNS映えするかわいい写真も取れる。

なお、同製品の価格の一部は、飼い主のいない動物の保護と里親探し活動、野良猫の過剰繁殖防止活動、災害時の動物保護活動などに活用されるとのことだ。

主な仕様は、天面部分の耐荷重が8kg、入り口の直径が約15cm、本体サイズは21(幅)×32.5(高さ)×45(奥行)cm(組み立て時/バンパー部含まず)、アレンジシートサイズが21(横)×30(縦)cm。車体カラーは、スカイブルー、レトロブラック、ダークレッドの3種類。

同製品は、毎月1回、3種類の車体カラーの中から、1種類ずつ届くローテーション(定期便)スタイルの製品となっており、全種類届くと以降は配送がストップする。

価格は2,748円。うち69円は「フェリシモの猫基金」として運用(基金部分は非課税)。

■関連リンク

製品情報


関連コンテンツ

その他のおもちゃ関連最新ニュースリンク