60周年の“野球盤イヤー”に阪神タイガース&読売ジャイアンツモデル登場

ホーム > 新製品ニュース > おもちゃ > ボードゲーム > 60周年の“野球盤イヤー”に阪神タイガース&読売ジャイアンツモデル登場

60周年の“野球盤イヤー”に阪神タイガース&読売ジャイアンツモデル登場

2018年1月17日 7:02掲載

野球盤3Dエース スタンダード 阪神タイガース 野球盤3Dエース スタンダード 読売ジャイアンツ(仮) 野球盤Jr.(ジュニア) 阪神タイガース
野球盤Jr.(ジュニア) 読売ジャイアンツ(仮)

エポック社は、野球盤生誕60周年を迎える2018年を“野球盤イヤー”とし、60周年記念モデル第1弾として、阪神タイガースの公式製品「野球盤3Dエース スタンダード 阪神タイガース」を3月3日より、第2弾として、読売巨人軍の公式製品「野球盤3Dエース スタンダード 読売ジャイアンツ(仮)」を5月より発売する。

阪神タイガースと読売ジャイアンツの各球団のユニフォームやチームカラーをイメージし、盤面にチームロゴを配置した最新の野球盤。野球盤の遊び方も最新モデルの投球機能「3Dピッチングシステム」を備えており、ピッチャーが投げたボールが空を切り、バッターがそれにあわせてホームランを打つ、リアルな野球を盤上で再現できるようになっている。

また、従来の野球盤ファンにもうれしい、魔球レバーを操作すれば、今までの野球盤のように変化球や「消える魔球」も投げられる。バッターは空を切る球と地を這う球の配球を見極めてバットを振る、投打の駆け引きがより一層おもしろくなっているという。

セット内容は、野球盤本体、スコアボード、外周フェンス×2、照明パーツ×2、ボール×6、バッター人形×2、ピッチャー人形×1、ランナー人形×3、フィールダー人形×7、カウントピン×3、シール×1、バット用ゴム×3。

パッケージサイズはいずれも430(幅)×430(高さ)×75(奥行)mm。

価格はいずれも6,000円(税別)。

このほか、ミニサイズで手軽に遊べる、ドーム型の「野球盤Jr.(ジュニア) 阪神タイガース」「野球盤Jr.(ジュニア) 読売ジャイアンツ(仮)」もそれぞれ同時期に発売する。価格はいずれも1,500円(税別)。

(C)阪神タイガース/(C)読売巨人軍/(C)EPOCH

■関連リンク

【新製品ニュース】エポック、カラー電光掲示板を搭載した「野球盤 3Dエース オーロラビジョン」

【新製品ニュース】“消える魔球”をピッチャーがリアルに投げる「野球盤 3Dエース スタンダード」

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
エポック社 野球盤3Dエース スタンダード 阪神タイガー  野球盤生誕60周年記念 阪神タイガースモデル 
エポック社 野球盤3Dエース スタンダード 読売ジャイアンツ(仮)  野球盤生誕60周年記念 読売ジャイアンツ(仮)モデル 

関連コンテンツ

ボードゲーム関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト