黒柳徹子さんのアンドロイドを開発、「徹子の部屋」会話データも活用

ホーム > 新製品ニュース > おもちゃ > ロボット > 黒柳徹子さんのアンドロイドを開発、「徹子の部屋」会話データも活用

黒柳徹子さんのアンドロイドを開発、「徹子の部屋」会話データも活用

2017年9月14日 13:00掲載

電通、電通テック、テレビ朝日、エーラボの4社は、10月からスタートする帯ドラマ劇場「トットちゃん!」(テレビ朝日)の放送開始を記念して、タレント黒柳徹子さんのアンドロイド「totto(トット)」を共同開発したと発表した。

「totto」は、テレビ朝日主導のもと、電通、電通テック、エーラボと、アンドロイド研究の第一人者である大阪大学・石黒浩教授(ATR客員所長) 監修によって開発したとのこと。

「totto」の声は、42年にわたる「徹子の部屋」の会話データをもとに、NTTテクノクロスが開発した最新の音声合成技術を使って作成。さらに2018年には、自律会話システムも搭載し、「さまざまな場所で、徹子さんとおしゃべりできる」という予定だ。

なお、制作においては、黒柳さんを3Dカメラでスキャンして等身大の型を作成。表情やしぐさ、くせなどを研究したほか、発話に合わせてリアルな口の動きを生成するATRの技術を採用するなど、最新工学技術を採用したとのことだ。

今後、「黒柳さんの個性である“好奇心旺盛”や“おしゃべりが好き”」をコンセプトに、高齢者とのコミュニケーションや子どもたちへの読み聞かせなど、日本中で、黒柳さん自身の社会活動を拡張していく「トットの夢」プロジェクトを通じて、展開していく構えだ。

■関連リンク

ニュースリリース


関連コンテンツ

ロボット関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク