2022年05月25日 06:02

BMW、新型EV『iX』に最高出力619psの「M」モデル追加…価格は1740万円

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、BMWの新型EV『iX』に高性能なMモデル『iX M60』を追加し、5月24日より販売を開始する。価格は1740万円。

最高出力619ps、航続距離は615km

BMW iXにおけるトップモデルとなるiX M60は、前後輪に高性能モーターを搭載する4輪駆動モデルだ。最高出力はフロントが258ps、リアが489ps。システムトータルでは最高出力619ps、最大トルク1015Nm(スポーツモードでは1100Nm)を発生し、0-100km/h加速3.8秒を実現している。バッテリー容量は111.5kWh。一充電での走行可能距離は615kmを達成している。

充電は普通充電と急速充電(CHAdeMO)に対応。普通充電では自宅で6.4kWのBMWウォールボックス(200V/32A)を利用すれば、一晩(約19.5時間)で0%の状態から100%まで充電できる。急速充電では90kW充電器の利用により、約75分で0%の状態から約80%までの充電が完了。また、10分の急速充電で、最大約80km程度の航続可能距離を伸ばすことができる。さらに、BMW店舗にも設置予定の150kW急速充電器を利用すれば、約60分で0%の状態から約80%までの充電が完了。10分の急速充電で、最大約130km程度の航続可能距離を延ばすことができる。

前後輪統合制御ステアリングシステムでスポーティな走りを実現

足回りでは前後輪ともにアダプティブエアサスペンションを採用。走行状態に合わせ、常に最良の車両地上高を保ち、優れた乗り心地、敏捷性、安定性を実現する。また、スポーツモードではダンパーを固くし、車高を下げることで、スポーツ走行に適した特性に変更可能。スイッチ操作で車両地上高を「高(+20mm)」「低(−10mm)」任意に設定することもできる。

また、前後輪統合制御ステアリングシステム「インテグレイテッド アクティブステアリング」を採用する。走行状況に応じて、後輪を積極的に操舵させることで、街中での取り回しやスポーティ走行性能を高めるとともに、旋回時の安定性を向上。低速域では後輪を最大3.2°逆位相(前輪と逆方向)に操舵することで、車両の回頭性を高め、狭いスペースへの駐車や細い道でのUターン等が、スムーズとなる。逆に高速域では、後輪を最大2°同位相(前輪と同方向)に操舵することで、ワインディングでは安定したターンインを、高速ではスムーズなレーンチェンジを実現する。

サウンド効果で「駆けぬける歓び」を演出

iX M60は、ヒートコンフォートパッケージを標準装備。従来のエアコンによる温風や、シート(フロント・リヤ)/ステアリングヒーターに加え、センターコンソール、フロント/リヤドアパネル、ダッシュボード下部の表面が加熱される表面加熱技術により、冬季の運転でも、暖かなラウンジのような車室空間とすることができる。

またサウンド効果でドライビングプレジャーを高める「アイコニックサウンドエレクトリック」を装備する。サウンドは映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」などで知られるドイツ出身の映画音楽作曲家ハンス・ジマーが担当。スポーツモードではサウンドを強調、パーソナルモードでは音響の全体バランスを重視、エフィシェントモードではサウンド・オフにできる。

リバースアシストを含む最新の運転支援システムを搭載

先進安全機能ドライビングアシストは、高性能カメラ&レーダー、高性能プロセッサーによる高い解析能力によって精度と正確性を向上した最先端のシステムを装備。アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)や衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付)、ペダル踏み間違い急発進抑制機能などを標準装備する。

さらに標準装備となるパーキングアシスタントには、車両が直前に前進したルート最大50mまでを記憶し、その同じルートをバックで正確に戻ることができるリバースアシスト機能を採用。細い道での対向車とのすれ違いに困った際など、安全かつ正確に、元のルートに復帰することができる。

コネクティビティでは、音声会話だけで車両の操作、情報へのアクセスが可能となるBMWインテリジェントパーソナルアシスタントを搭載。自然な会話に近い言葉で、ドライバーの指示や質問を理解し、適切な機能やサービスを起動可能にする他、使用頻度に応じてドライバーの好みも学習する。システム起動は「OK, BMW」だけでなく、「iX」など任意の言葉も設定できる。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

BMW

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

BMW(bmw)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. スバル・インプレッサ の2023年モデル(米国仕様)

    スバル インプレッサ はAWD標準、コンパクトカー唯一…2023年型発表

    自動車(本体)
    2022.06.27 09:58
  2. 「ネットワークモード」に対応したメインユニットの一例(カロッツェリア・DMH-SF700)。

    ネットワークモードを活用すると音が激変!?[音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    2022.06.20 09:05
  3. スバル・フォレスターSTI?Sport

    スバルが「フォレスターSTI Sport」の概要を発表 2022年夏の一部改良で追加を予定

    自動車(本体)
    2022.06.27 16:20
  4. ホンダ ステップワゴン e:HEV、左がエアー、右がスパーダ

    ホンダ ステップワゴン 新型、発売1か月で月販目標の5倍超…約2万7000台を受注

    自動車(本体)
    2022.06.28 07:00
  5. 「タイムアライメント」機能を有するプロセッサーを搭載したオーディオカーの一例(フォーカル・デモカー)。

    聴取位置を擬似的に変えられる…タイムアライメント[サウンドチューニング]

    カーオーディオ
    2022.06.27 10:00

総合ニュースランキング

  1. 設置工事が不要、持ち運びにも適した「スポットエアコン」2022年最新モデルまとめ

    設置工事が不要、持ち運びにも適した「スポットエアコン」2022年最新モデルまとめ

    エアコン・クーラー
    2022.06.27 10:50
  2. スバル・インプレッサ の2023年モデル(米国仕様)

    スバル インプレッサ はAWD標準、コンパクトカー唯一…2023年型発表

    自動車(本体)
    2022.06.27 09:58
  3. 「Gen 6 Hybrid」

    フォッシル、新たにSpO2センサーを搭載したスマートウォッチ「Gen 6 Hybrid」

    ウェアラブル端末・スマートウォッチ
    2022.06.27 12:00
  4. 「IQOS ILUMA」ネオンカラー、全国コンビニやタバコ取扱店で本日6/28より販売開始

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2022.06.28 11:37
  5. 「12リアルフィギュア コレクションNo.21 “ブロンドガール Vol.6”」

    ハセガワ、“膝立ちポーズのブロンドガール”を1/12リアルフィギュア化

    模型
    2022.06.26 07:00

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「Fire 7 タブレット」「Fire 7 キッズモデル」
  • 「6588 1/35 LAV-AT」
  • Insta360 ONE RS 1-Inch 360 Edition
  • AQUOS wish2 SH-51C
  • ヤマハ ボルト(左)とホンダ レブル1100(右)