2011年08月24日 16:50

ソニー、2430万画素CMOSを搭載した「α77」「α65」

ソニーは、デジタル一眼カメラ「α」シリーズの新モデル「α77」「α65」の2機種を発表した。「α77」は、ボディ単体、標準ズームレンズ「DT16-50mm F2.8 SSM」を同梱したズームレンズキットの2モデルを、「α65」は、ボディ単体、標準ズームレンズ「DT18-55mm F3.5-5.6 SAM」を同梱したズームレンズキット、標準ズームレンズ「DT18-55mm F3.5-5.6 SAM」と望遠ズームレンズ「DT55-200mm F4-5.6 SAM」を同梱したダブルズームレンズキットを用意。いずれも10月14日より発売する。

■防塵防滴ボディなどを採用した中級機

「α77」は、位相差AFが常時作動する独自の「Translucent Mirror Technology」(トランスルーセントミラー・テクノロジー)を搭載する、同社デジタル一眼カメラの中級機だ。撮像素子には、新開発した有効画素数約2430万画素のExmor APS HD CMOSセンサーを採用。ISO感度は、ISO50〜16000の範囲で設定できる。また、センサーに最適化した画像処理エンジン「BIONZ」を搭載。民生用レンズ交換式デジタル一眼カメラとして世界最速となる秒間12コマ(連続撮影優先AEモード)の高速連写を実現している。さらに、AFセンサーには、クロスセンサーを11点配置した新開発19点AFモジュールを搭載し、AF精度・性能も向上している。

ファインダーには、有機ELディスプレイを採用した電子ビューファインダー(EVF)「XGA OLED Tru-Finder」を採用。自発光方式ならではの忠実な黒、従来EVFの約10倍(α55比)の高コントラスト、すぐれた応答性、約235.9万ドットの高い解像力、視野率100%、電子ビューファインダーならではの多彩な表示などを実現している。また、92.1万ドット表示対応の背面モニターには、3軸チルト液晶モニター機構を採用。ハイポジション・ローポジションのほか、縦構図・横構図、三脚撮影などさまざまなスタイルでの撮影や確認が可能となっている。

マグネシウム合金外装を採用したボディは、操作性・機能性を追及した新設計の形状を採用。フィールド撮影で水滴やホコリの侵入を防止する防塵・防滴処理も施されている。また、シャッターには、メカニカルシャッターの動きをイメージセンサー内部で電子的に再現して高速動作を実現する電子先幕シャッターを採用。「Translucent Mirror Technology」と組み合わせることで、シャッターボタンを押してから、露光を開始するまでの時間差をプロ用機に迫る約0.05秒にまで短縮している。シャッター速度は最高1/8000秒。耐久作動回数は、約15万回となっている。

このほか、AVCHDの新規格「AVCHD 2.0(progressive)」に準拠したフルハイビジョン(1920×1080/60p,60i,24p)動画撮影機能を搭載。専用のMOVIEボタンを押すだけで、位相差検出方式AFを常時作動させながら動画撮影できる。

ボディサイズは、142.6(幅)×104.0(高さ)×80.9(奥行き)mmで、重量は約732g(バッテリー/メモリースティックPROデュオ含む)。対応メディアは、メモリースティック PRO デュオ/メモリースティック PRO-HG デュオ/SDメモリーカード/SDHCメモリーカード(UHS-I対応)、SDXCメモリーカード(UHS-I対応)。静止画撮影可能枚数は、ファインダー使用時が約470枚、液晶モニター使用時が約530枚。

市場想定価格は、ボディ単体の「SLT-A77V」が150,000円前後、ズームレンズキット「SLT-A77VQ」が210,000円前後。

■2430万画素センサーを搭載したエントリーモデル

「α65」は、同社のデジタル一眼カメラのエントリーモデルだ。「α77」同様、「Translucent Mirror Technology」、有効画素数約2430万画素のExmor APS HD CMOSセンサー、画像処理エンジン「BIONZ」、有機ELディスプレイを採用した電子ビューファインダー「XGA OLED Tru-Finder」、「AVCHD 2.0(progressive)」に準拠したフルハイビジョン動画撮影機能などを搭載している。

「α77」とは連写速度やAFセンサー、背面モニター機構、シャッターユニットなどが異なっており、最大連写速度は秒間10コマ(連続撮影優先AEモード)、AFセンサーは、クロスセンサーを3点採用した15点AFセンサー、背面モニター機構は縦方向約180度、横方向約270度回転するバリアングルチルト可動式、シャッターユニットはシャッター速度が最高1/4000秒までとなっている。

ボディサイズは、132.1(幅)×97.5(高さ)×80.7(奥行き)mmで、重量は約622g(バッテリー/メモリースティックPROデュオ含む)。対応メディアは、メモリースティック PRO デュオ/メモリースティック PRO-HG デュオ/SDメモリーカード/SDHCメモリーカード/SDXCメモリーカード。静止画撮影可能枚数は、ファインダー使用時が約510枚、液晶モニター使用時が約560枚。

市場想定価格は、ボディ単体の「SLT-A65V」が95,000円前後、ズームレンズキット「SLT-A65VK」が100,000円前後、ダブルズームレンズキットが「SLT-A65VY」が120,000円前後。

SONY

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

SONY(ソニー)のデジタル一眼カメラ ニュース

もっと見る

このほかのデジタル一眼カメラ ニュース

もっと見る

カメラニュースランキング

  1. LI8020SAC/LI8020SAM

    キヤノン、約2.5億画素でAPS-Hサイズの超高解像度CMOSセンサーを発売

    デジタル一眼カメラ
    2020.10.20 06:50
  2. LI3030SAM

    キヤノン、低照度環境下での撮像が可能な35mmフルサイズ超高感度CMOSセンサー

    デジタル一眼カメラ
    2020.10.20 06:49
  3. Z 50 キャッシュバックキャンペーン

    ニコン、最大20,000円をキャッシュバックする「Z 50 キャッシュバックキャンペーン」

    デジタル一眼カメラ
    2020.10.20 06:45
  4. 「Maxレンズモジュラー」(※画像はイメージ)

    GoPro HERO9 Black用の「Maxレンズモジュラー」、11,900円で発売へ

    その他カメラ関連製品
    2020.10.19 10:55
  5. LAOWA 50mm F2.8 2X ULTRAMACRO APO

    LAOWA、最大倍率2倍のマイクロフォーサーズ用マクロレンズ「50mm F2.8 2X」

    レンズ
    2020.10.20 13:00

総合ニュースランキング

  1. 宇宙海賊戦艦 アルカディア(「劇場版 銀河鉄道999」より)

    劇場版「銀河鉄道999」より、宇宙海賊戦艦アルカディアを全長226.5mmで再現

    プラモデル
    2020.10.19 06:40
  2. 「Nintendo Switch ブルー・ネオンイエロー」

    任天堂が「Switch」「リングフィット」抽選予約開始、10月22日23時59分まで

    ゲーム機本体
    2020.10.20 10:33
  3. 「LG SIGNATURE OLED R(モデルRX)」

    約900万円以上、ロール収納式の65型有機ELテレビ「LG SIGNATURE OLED R」

    薄型テレビ・液晶テレビ
    2020.10.20 15:55
  4. アップル、旧モデルのiPhone 11やiPhone XRを1万円値下げ…10月14日

    1万円の値下げは魅力的! 「iPhone 12」よりも注目を集めた旧モデルとは?

    スマートフォン
    2020.10.16 18:10
  5. 「PlayStation VR Variety Pack」

    SIE、“15,000円以上お得”な「PlayStation VR Variety Pack」など限定発売

    VRゴーグル・VRヘッドセット
    2020.10.20 15:15

読んでおきたい まとめ記事

photohito - 人と写真をつなぐ場所

カメラ

写真で見る

  • 「DJI Pocket 2 Creator Combo アクティブセット」
  • NT1650/17
  • 「踊るロボットスピーカー Xingo(シンゴ)」
  • EOS R / EOS RPキャッシュバックキャンペーン2020-2021
  • Galaxy Z Fold2 Thom Browne Edition、Galaxy Watch3 Thom Browne Edition、Galaxy Buds Live Thom Browne Edition
  • iPhone 12/12 mini/12 Pro/11/8/7/SE(第2世代)専用 アイムドラえもん iFace First Classケース(50周年)