2012年02月08日 20:15

オリンパス、ハイエンドマイクロ一眼「OLYMPUS OM-D E-M5」

オリンパスイメージングは、マイクロフォーサーズシステム規格に準拠したマイクロ一眼「OLYMPUS OM-D E-M5」を発表した。ラインアップは、ボディ単体ほか、標準ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ」をセットにした「E-M5 レンズキット」を用意。いずれも3月下旬より発売する。なお、本製品は、2012年2月9日からパシフィコ横浜で開催される、カメラと写真の総合展示会「CP+」(シーピープラス)に出品される。

マイクロフォーサーズシステム規格に準拠した、レンズ交換式カメラの新シリーズ。直線を基調としたデザインを採用するなど、「OM」シリーズからのスタイルと凝縮感を受け継いでいるのが特徴だ。筐体は、ボディに高い剛性を与えるマグネシウム合金を使用。加えて、カメラ上部にもマグネシウム合金を採用し、アルミ製の底部とあわせて、高い質感と強度を両立している。また、各所にシールドを施したボディは、防塵・防滴構造のため、雨天や砂塵といった、厳しい環境下での撮影も可能となっている。

撮像素子には、有効画素数1605万画素の新Live MOSセンサーを搭載。このセンサーは、高い解像力に加えて、ノイズを従来機種の半分以下に抑えている。また、ダイナミックレンジも拡大しており、低輝度から高輝度まで、豊かな階調再現力を持っているという。さらに高感度化も実現し、静止画の最高感度はISO25600に達している。画像処理エンジンは、2011年発売「E-P3」にも搭載されている「TruePic VI」を搭載。新LiveMosセンサーとの組み合わせにより、画質を大幅に向上させているほか、処理時間を短縮し、撮影レスポンスを高めている。

画像処理関連では、同社デジタル一眼レフカメラの最上位機種「E-5」にも採用されている「ファインディテール処理」を搭載。光学ローパスフィルターで除去してきたモアレや偽色を、画像処理エンジン内で除去することで、解像感の大幅な向上を実現している。加えて、エメラルドグリーンなど、これまで再現が難しかった特定色を鮮やかに再現する技術「リアルカラーテクノロジー」も搭載している。

また、同社のレンズ交換式カメラとして初めて、アイレベル式電子ビューファインダー(144万ドット)を内蔵しているのもポイント。電子ビューファインダー「VF-2」の光学系を継承し、最大倍率1.15倍、アイポイントを18mm確保している。なお、表示タイムラグを、約0.03秒(最短)に抑える高速表示モードでは、光学ファインダーに対して遜色のない、高い被写体追従性を実現するという。さらに、アイセンサーの搭載により、背面モニターと電子ビューファインダーの表示を自動で切り替わるため、光学ファインダーを搭載したカメラに慣れた人でも、違和感なく操作すること可能だ。

さらに、世界初となる5軸対応手ぶれ補正機構も搭載。既存の手ぶれ補正である2軸補正式に採用されている2つ(ヨー、ピッチ)の回転運動に加え、水平方向の並進ぶれ、垂直方向の並進ぶれ、回転ぶれ(ローリング)の3つを加えた合計5種類が搭載されている。また、従来機種に搭載したマルチーモーションISも採用。広い周波数域に対応し、動画撮影中の呼吸や歩行による揺れも補正する。さらに、動画撮影中もボディ内手ぶれ補正ができる新機構「MSC-IS」を搭載している。

このほか、「FAST(Frequency Acceleration Sensor Technology) AF」システムにより、S-AF(シングルAF)では、従来の位相差方式一眼レフカメラを超えるAFスピードを実現。「FAST AF」システムでは、AF時のLiveMOSセンサーの駆動を従来の倍速(120fps)で駆動し、AFに必要な映像信号をより速く得られるようにしている。また、映像信号からコントラスト信号を生成し、フォーカス度合いを判断するAF演算処理のスピードも向上。さらに、レンズの動きを制御する通信を高速化するとともに、レンズに搭載したフォーカシングの高速化と静音化を実現する「MSC (Movie&Still Compatible)」 機構との相乗効果や、シャッターボタンを押してからAFシステムを起動するレスポンスを速くするなど、AFシステムの全てを一新している。

背面モニターは、タッチパネル対応の3.0型可動式有機ELモニター(約61万ドット)を装備。動画撮影は1920×1080ドット/59.94iのフルHD動画に対応する。 対応記録メディアはSD/SDHC/SDXCメモリーカード(UHS-I対応、Eye-Fiカード対応)。バッテリーはリチウムイオンバッテリー「BLN-1」で、撮影可能枚数は約360枚。本体サイズは121(幅)×89.6(高さ)×41.9(奥行)mmで、重量は約425g(付属充電池およびメモリーカード含む、アイカップなし)。ボディカラーは、シルバーとブラックの2色を用意する。

価格はオープン。

■関連リンク

【新製品ニュース】オリンパス、Mフォーサーズ用新レンズ2本開発を発表

オリンパス

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

オリンパス(OLYMPUS)のデジタル一眼カメラ ニュース

もっと見る

このほかのデジタル一眼カメラ ニュース

もっと見る

カメラニュースランキング

  1. 「OM-D E-M5 Mark III」「PEN E-PL10」

    オリンパス、「OM-D E-M5 Mark III」「PEN E-PL10」発売記念キャンペーンを実施

    デジタル一眼カメラ
    2019.10.20 07:05
  2. APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-mount

    コシナ、アポクロマート設計のソニーEレンズ「APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical」

    レンズ
    2019.10.20 07:00
  3. ジェネシス、暗視撮影機能を搭載した「暗視双眼カメラ DGP-NVS01」

    双眼鏡・単眼鏡
    2019.10.18 16:13
  4. atx-i 11-16mm F2.8 CF キヤノン用

    トキナー、税別56,000円でF値2.8を実現したレンズ「atx-i 11-16mm F2.8 CF」

    レンズ
    2019.10.18 06:22
  5. Z 50 新登場キャンペーン

    ニコンダイレクト限定「Z 50 新登場キャンペーン」、オリジナルカフなどプレゼント

    デジタル一眼カメラ
    2019.10.18 06:40

総合ニュースランキング

  1. 画像左上からXperia 5、Galaxy Fold、画像左下からLG G8X ThinQ、Pixel 4

    まさに4Gの集大成、ドコモ・au・ソフトバンクが2019年秋冬モデルを発表

    スマートフォン
    2019.10.20 06:25
  2. AUKEY DRA2

    AUKEY、ルームミラー型ドライブレコーダー「AUKEY DRA2」の第2世代モデル

    ドライブレコーダー
    2019.10.20 06:22
  3. アーバンEVコンセプト

    ホンダ「アーバンEVコンセプト」のミニカーオーダー受付開始

    ミニカー
    2019.10.20 06:30
  4. 今週のキーワードは“トヨタ”? 新型「ヤリス」と「グランエース」に熱視線

    自動車(本体)
    2019.10.18 18:45
  5. ホンダ・フリード ハイブリッド クロスターHonda SENSING

    ホンダがマイナーチェンジした「フリード」を発売 SUVスタイルの「クロスター」登場

    自動車(本体)
    2019.10.18 11:45

読んでおきたい まとめ記事

photohito - 人と写真をつなぐ場所

カメラ

写真で見る

  • Xperia 8
  • Surface Pro X
  • ホンダ LiB-AID E500 for Music
  • コムテック ZDR-024CE(参考画像)