2013年09月10日 18:06

オリンパス、一眼レフを統合するミラーレス最上位機「OM-D E-M1」

オリンパスイメージングは、マイクロフォーサーズシステム規格準拠のミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS OM-D E-M1」を発表。ボディキャップレンズ「BCL-1580」をセットにした「ボディー」、「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ」をセットにした「12-50mm EZレンズキット」、「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」をセットにした「12-40mm F2.8 レンズキット」をラインアップし、「ボディー」と「12-50mm EZレンズキット」を10月上旬より、「12-40mm F2.8 レンズキット」を10月下旬より発売する。

2012年3月に発売された「OLYMPUS OM-D E-M5」の上位機で、同社製ミラーレス一眼カメラの最上位モデルとなる製品。最大の特徴は、コントラストAF、像面位相差AFの2つの方式に対応し、マイクロフォーサーズシステム規格とフォーサーズシステム規格の両方のレンズの能力を最大限に引き出せること。マイクロフォーサーズとフォーサーズの統合を狙ったモデルで、同社製デジタル一眼レフ「OLYMPUS E-5」の3年ぶりの後継機としても位置付けられている。

最大の特徴となるオートフォーカスシステムには、レンズや設定に応じて、像面位相差AFとコントラストAFの最適な方を自動選択する独自の「DUAL FAST AF」を新たに採用。位相差AFに最適化されているフォーサーズ用のレンズを装着すると像面位相差AF方式が、マイクロフォーサーズ用のレンズを装着するとコントラストAFが自動で選択されるようになっている。フォーサーズ用レンズで使用できる像面位相差AFでは、37点のAFターゲットを使って、一眼レフ「E-5」に迫るAFスピードを実現。F2.0クラスの明るいレンズでは「E-5」以上の精度を発揮するという。さらに、緻密なAFが行えるスモールターゲットと、応用性の高いグループターゲットAFの選択も可能となっている。

コントラストAFを利用するマイクロフォーサーズ用レンズでは、「PEN」シリーズや「OM-D」シリーズの高速・高精度な「FAST AF」を継承しながら、ポイントを35点から81点に拡張。スモールターゲットとグループターゲットに加え、スーパースポットAFの選択も可能だ。さらに、81点のうち37点は、像面位相差AFと同じ位置に配置されており、被写体を追従してAFを合わせ続けるC-AFを選択した場合に、像面位相差AFとコントラストAFの併用が可能。これにより、ミラーレス一眼が苦手としていたC-AFの追従性を大幅に改善したという。連写性能も最大6.5コマ/秒に向上している。

センサーには、撮像面に37点の位相差AFセンサーを配置する、新1628万画素 Live MOSセンサーを搭載。新画像処理エンジン「TruePicVII」を採用し、独自の画像処理技術「ファインディテール処理」を進化させた「ファインディテールII」が、レンズごとに出方の異なる倍率色収差を適切に補正し、レンズの種類と絞り値に応じたシャープネス処理を施すことで、自然で高品位な解像感を提供する。ローパスレスに対応したモアレ除去処理を搭載しており、動画撮影において急激なシーンチェンジをした際に発生しがちなブロックノイズも低減する。

電子ビューファインダー(EVF)は、35mm判換算で0.74倍となる、フルサイズ機に匹敵するファインダー倍率を採用。液晶パネルは236万ドットと非常に高精細で、光学ファインダー(OVF)に劣らない、大きくクリアに見えるという。表示タイムラグは約0.029秒で、違和感のない自然な動体追従性を確保している。

手ぶれ補正は、ボディ内に5軸手ぶれ補正機構を搭載。シャッター速度4段分の補正を実現し、新制御アルゴリズムの採用で「OLYMPUS E-M5」に比べ低速シャッターでの手ぶれ補正効果を向上させている。

このほか、Wi-Fiを内蔵し、スマートフォンとの連携が可能。タッチパネル対応の3.0型可動式ハイパークリスタル液晶を搭載。記録メディアは、SD/SDHC/SDXCメモリーカード(UHS-I対応)をサポート。バッテリー寿命は約350枚。本体サイズは130.4(幅)×93.5(高さ)×63.1(奥行)mm。重量は497g(付属充電池およびメモリーカード含む)

市場想定価格は、「ボディー」が145,000円前後、「12-50mm EZレンズキット」が170,000円前後、「12-40mm F2.8 レンズキット」が220,000円前後。

■関連リンク

【新製品ニュース】オリンパス、防塵防滴構造「M.ZUIKO PRO」の第1弾レンズ

【新製品ニュース】オリンパス、全域F2.8の「M.ZUIKO PRO」望遠レンズを開発

オリンパス

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

オリンパス(OLYMPUS)のデジタル一眼カメラ ニュース

もっと見る

このほかのデジタル一眼カメラ ニュース

もっと見る

カメラニュースランキング

  1. 「AF 45mm F1.8 FE」

    サムヤン、ソニーEマウント対応の標準レンズ「AF 45mm F1.8 FE」

    レンズ
    2019.06.17 11:00
  2. 「Tough TG-6」

    オリンパス、水中撮影などを強化したタフネスコンデジ「Tough TG-6」

    デジタルカメラ
    2019.06.13 11:25
  3. マルミ光機、専用マグネットフレーム対応構造の「マグネットホルダーM100」など

    マルミ光機、専用マグネットフレーム対応構造の「マグネットホルダーM100」など

    レンズフィルター
    2019.06.17 06:05
  4. RF85mm F1.2 L USM

    キヤノン、RFレンズ「RF85mm F1.2 L USM」を6月20日に発売

    レンズ
    2019.06.13 14:21
  5. 「PENTAX KP J limited」

    リコー、特別色の塗装とカスタムパーツを装着した「PENTAX KP」カスタムモデル

    デジタル一眼カメラ
    2019.06.13 11:50

総合ニュースランキング

  1. 「機動戦士ガンダム Gフレーム ZZガンダム/強化型ZZガンダム【プレミアムバンダイ限定】」

    バンダイ、食玩「Gフレーム」ZZガンダム/強化型ZZガンダムを限定発売

    食玩・ミニフィギュア
    2019.06.17 11:30
  2. 三菱 パジェロミニ 新型 予想CG

    三菱 パジェロミニ が7年ぶり復活!? 新型は4ドア化か

    自動車(本体)
    2019.06.14 09:50
  3. 「AF 45mm F1.8 FE」

    サムヤン、ソニーEマウント対応の標準レンズ「AF 45mm F1.8 FE」

    レンズ
    2019.06.17 11:00
  4. 「1/350 日本駆逐艦 雪風 ディテールアップセット」

    タミヤ、甲板/砲身などを作り込む「1/350 日本駆逐艦 雪風 ディテールアップセット」

    模型
    2019.06.17 06:35
  5. 2019年の夏も暑くなる!? 気軽に涼がとれる扇風機まとめ

    2019年の夏も暑くなる!? 気軽に涼がとれる扇風機まとめ

    扇風機・サーキュレーター
    2019.06.16 07:00

読んでおきたい まとめ記事

photohito - 人と写真をつなぐ場所

カメラ

写真で見る

  • 三菱 アウトランダー PHEVの2019年モデル
  • 「RE-F23A」
  • 「ワンタッチ着脱フィルターキット」
  • 「eポッド グリップ モバイルホルダーセット」
  • 「H.I.S.モバイル」ホームページより
  • ダイハツのDNGAエンジン