2019年05月19日 06:55

「カメラグランプリ2019」が発表、大賞はパナソニック「LUMIX S1R」に

カメラ記者クラブは5月17日、「カメラグランプリ2019」の受賞機種を発表した。

「カメラグランプリ」は、写真・カメラ専門の雑誌・Web媒体の担当者の集まりである、カメラ記者クラブが主催し、カメラグランプリ実行委員会の運営のもと、選考委員を組織。今回、2018年4月1日から2019年3月31日に発売された製品から各賞を選考した。

選考委員は、カメラ記者クラブの会員をはじめ、加盟雑誌の編集長(もしくは代表者)、カメラグランプリ実行委員が委託した外部選考委員、特別選考委員(学識経験者、カメラメカニズムライター、写真家、写真関連団体の代表等)、および特別会員のTIPA(The Technical Image Press Association:欧州を中心に16カ国28媒体およびカメラ記者クラブが加盟する写真・映像雑誌の団体)で構成し、今年は総勢55名が選考にあったとのことだ。

主な受賞理由は以下の通り(「カメラグランプリ2019」ホームページより)。

■カメラグランプリ2019大賞:LUMIX S1R (パナソニック)

「LUMIX S1とともに同社初となる、35mm判フルサイズミラーレス機。機能的、性能的、官能的に全方位的にすぐれる。2008年に世界で初めてのミラーレス機となるLUMIX G1(カメラグランプリ2009カメラ記者クラブ賞受賞)を発売し、脈々と培ってきた技術を結実させた。

有効約4730万画素のCMOSセンサーと画像処理エンジンによる高解像度な描写は、シャープでありながらも硬過ぎず上質でつやがある。8回の撮影を合成するハイレゾモードで約1億8700万画素相当の画像を得られるのも魅力。約576万ドットの有機ELを使った電子ビューファインダーは高精細であり約0.78倍と高い倍率で、その見ばえはミラーレス機として最高峰にある。

独自の空間認識AFは高速で精度が高く、ディープラーニング技術を使った人体や動物の認識も実用的。高い剛性感、耐候性、ホールディング性、余裕のあるボタン配置により、カメラの信頼性と操作性は高い。高級カメラらしい性能と品位の両立を成立している。大型化がむしろミラーレス機の長所が生かされていることがわかる。ライカカメラやシグマとのLマウントアライアンスにより、ユーザーに幅広いレンズの選択肢を提示でき、またシステムの広がりの可能性もある。選考委員の多くが、完成度の高さと製品に込められた心意気を高く評価した」

■カメラグランプリ2019 レンズ賞:FE 24mm F1.4 GM(ソニー)

「同社の光学技術を集結し、解像力とボケの美しさを高次元で両立させたG Masterシリーズの中でも、現時点で最も広角の大口径単焦点レンズ。広角かつ大口径でありながら、画面最周辺までサジタル/メリディオナル両方向の画質差がほとんどなく、点光源の像のにじみを徹底して抑えており、高解像で収差の少ない際立った高画質な写真が得られる。

開放F1.4から十分な画質で、特に星景撮影には待ち望まれていた能力を実現。ボケ味もなめらかで自然で美しい。35mm判フルサイズ用大口径レンズでありながら、他社と比べて小型・軽量を実現しており、最近の性能は高いが大きく・重いレンズとは異なる。歪みも少なく風景写真以外でも利用しやすい」

■カメラグランプリ2019 あなたが選ぶベストカメラ賞:OM-D E-M1X (オリンパス)

「ミラーレス機における、フラッグシップ機の価値観を変えた1台。マイクロフォーサーズでありながら、縦位置グリップ一体型を採用し、縦横どちらでも同じホールディング性と操作性を実現していること、最大7.5段分の5軸手ブレ補正機構、防塵・防滴構造、耐低温構造により過酷な環境下でも安心して使用できる信頼性、動体追従にすぐれるAF性能を評価。手持ちハイレゾショットや、ライブNDなどオリンパスらしさも高く評価した」

■カメラグランプリ2019 カメラ記者クラブ賞:RICOH GR III(リコー)

「フィルムカメラであったリコーGR1(1996年発売)のころからスナップシューターとして、28mm相当で小型・軽量というコンセプトは守りつづけ、シリーズを通して共通のデザインや使い勝手を踏襲している、ほかに類をみないコンパクトカメラ。さらに進化した。ボディーサイズは前モデルより小さくなり、マクロ撮影といった使い勝手も進化。動作レスポンスもよく、ボディー内手ブレ補正機構の採用などカメラとしての完成度を高めている。

シリーズの歴史や根強いファンの存在を抜きにしても、コンセプト重視の思想と完成度の高さを評価。GRがよりGRになって戻ってきたことに拍手したい。モノとしての魅力を備えた希有なモデルだ。スマートフォンではなく、写真機で撮影することの意味を感じる。コンパクトデジタルカメラという分野への希望を与え、ハイエンドコンパクトカメラの可能性を示唆したモデルである」

■カメラグランプリ2019 カメラ記者クラブ賞:28-75mm F/2.8 Di III RXD(タムロン)

「メーカー純正とは異なる、独自の魅力を持つレンズを提供するタムロンらしい製品。広角端を28mmとすることで、ズーム全域開放F2.8でありながら35mm判フルサイズ対応レンズとしては、驚くほどの小型化を実現している。画面周辺部まで十分な描写で、最新の高画素センサーに対応する解像力を持つ。そして、大口径ならではの美しいボケも両立している。

持ち出しやすい大きさで、気軽に被写界深度の浅い表現が可能。最短撮影距離が短く、さまざまな用途に使いやすい。あらゆる表現に、この1本で対応できると思わせてくれるレンズだ。加えて、価格も抑えられている。ユーザー視点で企画されたと感じる。バランスがよく、まじめに作られたレンズで、フルサイズミラーレス機のユーザー人口を広げる可能性がある」

パナソニック

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

パナソニック(Panasonic)のデジタル一眼カメラ ニュース

もっと見る

このほかのデジタル一眼カメラ ニュース

もっと見る

カメラニュースランキング

  1. 2019年の「歴史的カメラ」7機種が発表

    2019年の「歴史的カメラ」7機種が発表

    デジタル一眼カメラ
    11時間前
  2. SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art

    シグマ、“予想を上回る注文”で「24-70mm F2.8 DG DN | Art」が供給不足に

    レンズ
    20時間前
  3. MVTTWINMA、MVTTWINGA

    マンフロット、100mm径ハーフボールのアルミツイン三脚「MVTTWINMA」など

    三脚・一脚
    2019.12.13 06:25
  4. スピードライト MG80 Pro ニコン用

    ニッシン、高耐熱クオーツ管搭載のクリップオンストロボ「MG80 Pro」ニコン用

    フラッシュ・ストロボ
    2019.12.12 06:45
  5. 2018年の「歴史的カメラ」4機種

    2018年の「歴史的カメラ」4機種が発表

    デジタル一眼カメラ
    2018.12.18 18:01

総合ニュースランキング

  1. 今だけ驚き価格! イチキュッキュッパのPlayStation 4!

    PS4が税別19,980円に、1万円値下げの「イチキュッキュッパ」キャンペーン

    ゲーム機本体
    2019.12.12 14:45
  2. 「PlayStation VR MEGA PACK(CUHJ-16010)」

    ソニー、通常より“2万円以上お得”な「PlayStation VR MEGA PACK」

    VRゴーグル・VRヘッドセット
    2019.12.12 15:20
  3. 2019年の「歴史的カメラ」7機種が発表

    2019年の「歴史的カメラ」7機種が発表

    デジタル一眼カメラ
    11時間前
  4. SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art

    シグマ、“予想を上回る注文”で「24-70mm F2.8 DG DN | Art」が供給不足に

    レンズ
    20時間前
  5. ホンダ・シビック・スポーツライン(欧州仕様)

    ホンダ シビック に「スポーツライン」、タイプRと共通イメージの外装

    自動車(本体)
    22時間前

読んでおきたい まとめ記事

photohito - 人と写真をつなぐ場所

カメラ

写真で見る

  • Libero S10
  • クラリオン製8型HDクワッドビューナビゲーション NXV897D×フルデジタルサウンドシステム
  • BMW 4シリーズ 次期型プロトタイプ。ついに巨大グリルの存在を捉えることに成功(スクープ写真)
  • ミニアーケードスティックSW
  • VA-LT002
  • 今だけ驚き価格! イチキュッキュッパのPlayStation 4!