2017年03月16日 17:45

ソニー、GマスターなどのEマウントレンズ3機種を3/24発売

ソニーは、4月の発売を予定していた、レンズ交換式デジタル一眼カメラ「α」用のEマウントレンズ「FE 100mm F2.8 STF GM OSS SEL100F28GM」「FE 85mm F1.8 SEL85F18」「E PZ 18-110mm F4 G OSS SELP18110G」の発売日を決定。3月24日より発売する。

■「FE 100mm F2.8 STF GM OSS SEL100F28GM」

プレミアムレンズシリーズ「Gマスター」の新モデル。高い解像性能に加えて、STF(Smooth Trans Focus)レンズならではの印象的なぼけ描写にもこだわり、花、ポートレートやファッション、ウェディングの撮影などに適しているという。

体的には、レンズの中心から周辺にかけて透過光量が低減する一種のNDフィルターのような効果を有するという、新開発のアポダイゼーション(APD)光学エレメントを採用。ピント面からデフォーカス部分への遷移や明るい部分の輪郭などを、STFレンズ特有の洗練したぼけ味でなめらかに描く。また、通常大口径レンズの画面周辺で目立ちやすい、ぼけ像の歪み(口径食)を抑制。画面全域で、美しい円形ぼけを実現する。

さらに、コントラストAFと像面位相検出AF(「α」の対応機種で使用)の両方に対応。ダイレクトドライブSSM(Super Sonic wave Motor)の搭載によって、静止画や動画を問わず、静粛で高速・高精度なピント合わせを可能にする。

また、新たにマクロ切り替えリングによる近接撮影機能(最短撮影距離0.57m、最大撮影倍率0.25倍)と、暗所での撮影に便利なレンズ内蔵の光学式手ブレ補正機構も搭載。加えて、フォーカスホールドボタン、AF/MFを切り替えるフォーカスモードスイッチ、絞りリング(T No.5.6〜22)など、操作性や防塵・防滴に配慮した設計も採用する。

主な仕様は、焦点距離が100mm、レンズ構成が10群13枚(APDエレメント含まず)、画角が16度(APS-C)/24度(35mm判)、絞り羽根は11枚円形絞り、フィルター径が72mm。本体サイズは85.2(最大径)×118.1(全長)mm、重量が700g。

価格は188,000円(税別)。

■「FE 85mm F1.8 SEL85F18」

シャープな描写と柔らかいぼけによって、ポートレート撮影を手軽に楽しめる大口径中望遠単焦点レンズ。ED(特殊低分散)ガラス1枚と9枚羽根の円形絞りを採用し、ピント面は画面の隅々までシャープに、背景は自然で柔らかく描く。また、ダブルリニアモーターの搭載によって、高速・高精度で静かなフォーカス駆動を実現する。

カスタマイズ可能なフォーカスホールドボタンには、対応カメラのメニューからポートレート撮影に便利な瞳AF機能などを割り当てられるほか、MF時にレスポンスよく快適に操作できるフォーカスリングやフォーカスモードスイッチを搭載。防塵・防滴に配慮した設計も施した。

主な仕様は、焦点距離が85mm、レンズ構成が8群9枚、画角が19度(APS-C)/29度(35mm判)、絞り羽根は9枚円形絞り、フィルター径が67mm。本体サイズは78(最大径)×82(全長)mm、重量が371g。

価格は74,000円(税別)。

■「E PZ 18-110mm F4 G OSS SELP18110G」

スーパー35mm/APS-Cフォーマットでの4K動画撮影に適した、高性能電動標準ズームレンズ。業務用カムコーダー「PXW-FS7 II」やミラーレス一眼カメラ「α6500」をはじめ、35mmフルサイズ対応の「α7」シリーズでも自動クロップ機能(APS-Cレンズを装着すると自動でクロップ撮影になり、ファインダーも自動でAPS-Cサイズの画像を全画面表示)により、高画質な動画撮影を楽しめる。

また、ズーム全域で開放絞りF4でありながら、広角から望遠まで18〜110mm(35mm判換算時27-165mm相当)、ズーム倍率6.1倍を実現。ソニー独自のSMO(Smooth Motion Optics)機構も採用し、動画撮影時における映像の安定化を図る。

さらに、AF/MFをワンタッチで切り替えるスライド式フォーカスリング、ズームリング・アイリスリングの3連リングを搭載。ズーム操作は、サーボ(電動)ズーム・メカニカルマニュアルズーム切換え式の機構を採用する。レンズ内手ブレ補正機能を搭載し、防塵防滴に配慮した設計も採用した。

主な仕様は、焦点距離が18〜110mm、レンズ構成が15群18枚、絞り羽根は7枚円形絞り、フィルター径が95mm。本体サイズは110(最大径)×167.5(全長)mm、重量が1105g。

価格は444,000円(税別)。

■関連リンク

【新製品ニュース】ソニー、Gマスター中望遠単焦点レンズ「FE 100mm F2.8 STF GM OSS」など

SONY

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

SONY(ソニー)のレンズ ニュース

もっと見る

このほかのレンズ ニュース

もっと見る

カメラニュースランキング

  1. NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct

    ニコン、126.5万円の大口径標準単焦点レンズ「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」を受注生産

    レンズ
    2019.10.10 14:33
  2. SIGMA fp

    シグマ、小型フルサイズミラーレス「SIGMA fp」の発売日と価格を発表

    デジタル一眼カメラ
    2019.10.10 14:00
  3. ニコン、APS-Cミラーレスカメラ「ニコン Z 50」を11月下旬発売

    デジタル一眼カメラ
    2019.10.10 13:20
  4. 上段から「DV-AC3-BK」、下段左から「電子コミックス 読みまくリーダー」「TSP-302-WH」

    ドンキが新製品を一挙に発表、税別17,800円の格安4Kビデオカメラなど

    ビデオカメラ
    2019.09.29 07:00
  5. セルフィーライトワン ブラック

    ベルボンがコールマンとコラボ、LEDライト付きセルフィースティックなど3種

    その他カメラ関連製品
    2019.10.11 11:45

総合ニュースランキング

  1. トヨタ・グランエース

    トヨタ グランエース、新型フルサイズワゴンの空間と質感

    自動車(本体)
    2019.10.11 14:00
  2. Xperia 5 SO-01M

    ドコモ、幅68mmでトリプルカメラを搭載した「Xperia 5 SO-01M」

    スマートフォン
    2019.10.11 12:40
  3. 1位 ソニーが次世代機「プレイステーション 5」を正式発表、2020年末に発売へ…10月9日

    ユーザー待望の「プレイステーション 5」が週間ランキング1位に、ついに“触覚対応”へ?

    ゲーム機本体
    2019.10.11 19:25
  4. うるさらX(Rシリーズ)

    ダイキン、「水内部クリーン」を搭載したルームエアコン「うるさらX」など

    エアコン・クーラー
    2019.10.13 06:24
  5. トヨタ・グランエース

    トヨタ、新型ワゴンの『グランエース』を東京モーターショー2019で初披露…年内に発売へ

    自動車(本体)
    2019.10.08 14:55

読んでおきたい まとめ記事

photohito - 人と写真をつなぐ場所

カメラ

写真で見る

  • M-ARMA50
  • 「The Mandalorian」のファッションアイテム
  • AQUOS zero2 SH-01M
  • Galaxy A20 SC-02M
  • SIGMA fp