2012年09月27日 19:39

東芝、レグザクラウドに対応した「REGZA Z7/J7」

東芝は、液晶テレビ「REGZA」の新モデルとして、「REGZA Z7」シリーズ、「REGZA J7」シリーズを発表。「REGZA Z7」シリーズの55V型「55Z7」、47V型「47Z7」、42V型「42Z7」の3機種を10月下旬より、「REGZA J7」シリーズの65V型「65J7」、50V型「50J7」、40V型「40J7」、32V型「32J7」の4機種を10月下旬より順次発売する。

いずれも、同社が新たに開始するレグザクラウドサービス「TimeOn(タイムオン)」に対応。クラウド上の番組情報を利用し、USB HDDに録画した番組から、関心のあるキーワードやインターネット上で話題の用語や人物に関連したシーンを視聴することが可能だ。また、録画番組を場面ごとに区切った「シーンリスト」が提供され、見たい場面をすぐに楽しむことができる。

■「タイムシフトマシン」を搭載した「REGZA Z7」シリーズ

「タイムシフトマシン」機能を搭載した「REGZA Z」シリーズの最新モデル。タイムシフトマシン専用の地上デジタルチューナーを6基搭載しており、同社純正タイムシフトマシン対応USB HDDを接続することで、最大で6チャンネル、過去約40時間分の番組を一時保管することが可能だ。また、タイムシフトマシン専用チューナーとは別に地上デジタルチューナーを3基搭載しており、同時に2番組を市販のUSB HDD(最大容量4TBまで対応)に録画することが可能な「地デジ見ながらW録」も利用できる。なお、バッファロー製の長時間録画HDD(HDX-LSU2/Vシリーズ)の容量2TBでは、最大約720時間の長時間録画が可能だ。

また、録画番組の中からユーザーの好みに合う番組をすすめる「ざんまいプレイ」機能を搭載。視聴中の番組に関連する番組がサムネイルで表示されるほか、視聴履歴をもとにユーザーの嗜好に合わせた番組や、いつも視聴している番組がリストで表示されることで、効率よく録画番組を楽しむことができる。

画質面では、映像エンジンにデュアル構成の「レグザエンジンCEVO Duo」を搭載。4種類の超解像技術とカラーテクスチャー復元技術を組み合わせた「レゾリューションプラス7」により、元映像に近い鮮明で色彩豊かな映像を再現できるという。

液晶パネルは、部屋の照明などの映り込みを抑え、高コントラストを実現する新パネル「アドバンスド・クリアパネル」を採用。パネルは倍速駆動となっており、エリア分割によるバックライト制御(スキャン機能)を行う「アクティブスキャン240」も備えている。3D映像は、偏光フィルター方式の「シアターグラス3D」に対応する。

音質面では、新型のバスレフ型ボックス採用フルレンジスピーカーを搭載。振動板にマイカコーティングを施し、20kHzまで伸びた高域再現性と、最低共振周波数を抑え込み、量感のある低域特性を実現している。

デザイン面では、薄さやフレームの細さを際立たせたシンプルなミニマルデザインを採用。ガラスの質感をテーマとした上質なデザインとなっており、北欧のデザイナー、ヤコブ・イェンセンが監修を行っている。

このほか、無線LANも内蔵。ネットワーク機能は、「レグザリンク・シェア」や映像配信サービスに対応する。なお、「Z7」シリーズでは、「タイムシフトマシン」で一時保管した番組も配信可能だ。

市場想定価格は、55V型「55Z7」が37万円前後、47V型「47Z7」が27万円前後、42V型「42Z7」が18万円前後。

別売りのタイムシフトマシン対応USB HDDは、東芝製の2.5TBモデル「THD-250T1」(10月下旬発売予定)、バッファロー製の2TBモデル「HDT-AV2.0TU3/V」、4TBモデル「HDT-AV4.0TU3/V」、6TBモデル「HDT-AV6.0TU3/V」、アイ・オー・データ機器製のAVHD-ZRシリーズの4TB/1TB(タイムシフトマシン用/通常録画用)モデル、6TB/1TB(タイムシフトマシン用/通常録画用)モデルが発売予定となっている。

■2番組同時録画に対応した「REGZA J7」シリーズ

レグザクラウドサービス「TimeOn(タイムオン)」に対応した新シリーズ。録画機能は、地上デジタルチューナーを3基搭載し、同時に2番組を市販のUSB HDD(最大容量4TBまで対応)に録画することが可能な「地デジ見ながらW録」を利用できる。「REGZA Z7」シリーズ同様、バッファロー製の長時間録画HDD(HDX-LSU2/Vシリーズ)を使用した場合が、容量2TBモデルで最大約720時間の長時間録画が行える。

画質面では、映像エンジンに「レグザエンジンCEVO」を採用。4種類の超解像技術とカラーテクスチャー復元技術を組み合わせた「レゾリューションプラス7」を利用できる。液晶パネルは、32V型以外が120コマの倍速駆動パネル「倍速・モーションクリア」で、フルHD表示に対応。32V型は「倍速・モーションクリア」非対応で、1366×768ドット表示対応となる。

音質面では、新型のバスレフ型ボックス採用フルレンジスピーカーを搭載。振動板にマイカコーティングを施し、20kHzまで伸びた高域再現性と、最低共振周波数を抑え込み、量感のある低域特性を実現している。

デザイン面では、薄さやフレームの細さを際立たせたシンプルなミニマルデザインを採用。アルミの質感をテーマとした上質なデザインに仕上がっている。

このほか、無線LANも内蔵。ネットワーク機能は、「レグザリンク・シェア」や映像配信サービスに対応する。

市場想定価格は、65V型「65J7」が37万円前後、50V型「50J7」が23万円前後、40V型「40J7」が11万円前後、32V型「32J7」が75,000円前後。

東芝

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

東芝(TOSHIBA)の薄型テレビ・液晶テレビ ニュース

もっと見る

このほかの薄型テレビ・液晶テレビ ニュース

もっと見る

家電ニュースランキング

  1. 「CT」

    ナガオカ、国内生産のカセットテープ新製品「CT」を7/22発売

    その他オーディオ機器
    23時間前
  2. BT817

    ナガオカ、Bluetooth 5.0に対応した完全ワイヤレスイヤホン「BT817」

    イヤホン・ヘッドホン
    2019.07.22 11:50
  3. 「SL-G700」

    テクニクス、ネットワーク/スーパーオーディオCDプレーヤー「SL-G700」

    ネットワークオーディオプレーヤー
    21時間前
  4. HS512

    ハイセンス、シアターサウンドシステム「HS512」「HS210」

    ホームシアター スピーカー
    2019.07.21 07:00
  5. 「TOLV-R」

    Sudio、イヤホン単体5.5時間再生の完全ワイヤレス「TOLV-R」

    イヤホン・ヘッドホン
    2019.07.22 06:30

総合ニュースランキング

  1. 1/100 RGM-79 リアルタイプ ジム

    バンダイ、「1/100スケールガンプラ」などガンダムベースオンラインで追加販売

    プラモデル
    2019.07.22 12:20
  2. ホンダe 2ドアクーペ(予想CG)

    ホンダ新型EVクーペを開発か…特許を申請、そのデザインとは

    自動車(本体)
    2019.07.22 09:45
  3. 「ROBOT魂 <SIDE MS> YMS-16M ザメル ver. A.N.I.M.E.」

    680mmカノン砲を携えた大型MS「ザメル」、全高190mmフィギュア発売

    フィギュア
    20時間前
  4. 新プラットフォームDNGAを採用した新型タントカスタム

    ムーヴ新型への展開も、DNGAで実現した先進安全支援機能

    自動車(本体)
    2019.07.22 06:40
  5. シボレー・コルベット・スティングレイ 新型

    シボレー コルベット 新型を米国で発表…ミッドシップにV8搭載、右ハンドル車を日本導入へ

    自動車(本体)
    2019.07.21 06:50

読んでおきたい まとめ記事

家電

喫煙具

写真で見る

  • 「Whisper Flex」
  • R/C HOVERCRAFT WILD ATTACKER
  • 「Graphite」
  • 「Galaxy S10+ Olympic Games Edition」
  • 「機動戦士ガンダム MOBILE SUIT ENSEMBLE EX13 フルアーマー・ユニコーン(REDver.)」
  • Cloud Stinger Wireless