2014年04月11日 18:35

パナソニック、忠実色再現技術「ヘキサクロマドライブ」搭載の4K対応「ビエラ」5機種

パナソニックは、液晶テレビの新モデルとして、4K対応の「VIERA(ビエラ) AX800」シリーズを発表。スタンダードデザインモデルの58V型「TH-58AX800F」、50V型「TH-50AX800F」、スラントデザインモデルの65V型「TH-65AX800」、58V型「TH-58AX800」、50V型「TH-50AX800」の計5モデルを5月中旬より発売する。

プラズマテレビで培った高画質技術を盛り込んだ4K対応の液晶テレビ。画面解像度は3840×2160。広色域4Kパネルを採用し、このパネルの能力を引き出す「カラーリマスター」と「カラーマネジメント回路」で構成された「ヘキサクロマドライブ」を搭載する。「カラーリマスター」は、ブルーレイやデジタル放送の圧縮された色信号を高精度に復元し、オリジナルに迫る色域にまで再現する技術。色再現性を高めるために「6軸色座標補正」も採用した。入力された映像信号を出力信号に変換する際、通常は3原色(RGB)の3つの座標軸で行うところを、補色の3色(CMY)を加えた6つの座標軸で補正を実施。3次元方式の「カラーマネジメント回路」により、6軸とそれらの中間部分の測色結果のバランスを保ちながらスムーズな補正処理を行うことで、なめらかな色の階調性を実現した。3次元の「カラーマネジメント回路」は、暗いシーンで低輝度になり発色が変化するのを改善する効果もある。

また、プラズマテレビの駆動技術のノウハウを生かし、液晶テレビが弱点とする低輝度の階調表現も改善。暗い部分を細かく制御する「エリアガンマ制御」と、LEDバックライトをシーンに応じて調整する「ローカルディミング」で、深く美しい黒を再現できるという。SD画質/HD画質/フルHD画質の映像を4K解像度に変換する「4Kファインリマスターエンジン」も搭載。内蔵する12万通りの映像データベースと照合し、高画質化処理を行う「リマスター超解像度」と、映像の質感を高める「ディテール超解像」により、高精細な4K映像にアップコンバートできる。

さらに、1秒60コマの映像では、動きを予測してコマとコマの間に新しいコマを生成して120コマにすることで、なめらかな動きを表現する「4Kフレームクリエーション」を搭載。映像に合わせて分割したブロックのバックライトを消灯して、黒を入れることで動きの速い映像の残像を減らした。1秒30コマの映像も120コマに変換できる。4K60p入力にも対応し、4K30pよりも補完するコマが少なくなり、より滑らかな映像が楽しめるという。

THK 4Kディスプレイ規格の認証も取得。「シネマモード」では、映画製作時に意図された作品本来の色を忠実に再現できる。同規格の認証を得るには400以上のテストをクリアしなければならないという。

操作面では、マイク付きの「音声タッチパッドリモコン」により、声でチャンネルの切り替え、番組やインターネットの検索、録画予約などができる。あらかじめ登録した番組、VOD、インターネットの動画一覧を自動的に表示する「マイチャンネル」機能も搭載する。番組表は、4Kの広い表示エリアを使い、地上デジタル放送全チャンネルの24時間分を1画面で表示できる。天気予報や、アプリを画面上に配置して表示できる「マイホーム」も備える。ビエラ専用の「マイホームクラウド」や、外出先からスマートフォンで写真やメッセージをビエラに送れる「リモートシェア」なども備える。

音質面では、テレビ正面にスピーカーを配置。スピーカーには磁性流体を採用した。不要な振動を磁性流体で抑制し、低音から高音まで歪みの少ない音を再生できるという。本体スピーカーだけで、5.1chサラウンドを立体的な音で楽しめる「バーチャル3DサラウンドIII」も備える。バランスを重視した「スタンダード」、音楽や歌などに適した「ミュージック」、人の声が聞き取りやすい「快聴」、好みで調整できる「ユーザー」など、音質のカスタマイズもできる。

このほか、USB HDDへの録画に対応。スマートフォンのコンテンツをテレビで視聴したり、スマートフォンをリモコンとして使うなどの連携機能も備える。発売後のバージョンアップにて、録画番組を外出先で楽しめる遠隔視聴することも可能になる。

主な仕様は、搭載チューナーが地上/BS/110度デジタル×3。スピーカー構成は、スコーカー×2、ウーハー×1で、実用最大出力(JEITA)は総合18W。インターフェイスは、HDMI入力端子×4、DisplayPort(1.2a)×1、D4端子×1、ビデオ入力端子×1、LAN端子×1、USB端子×3、光デジタル音声出力端子×1、ヘッドホン出力端子×1、などを備える

価格はオープン。

■関連リンク

【新製品ニュース】パナソニック、ヘキサクロマドライブで高画質化した「ビエラ AS800」

【新製品ニュース】パナソニック、新IPS液晶パネルを採用した「ビエラ AS650」

パナソニック

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

パナソニック(Panasonic)の薄型テレビ・液晶テレビ ニュース

もっと見る

このほかの薄型テレビ・液晶テレビ ニュース

もっと見る

家電ニュースランキング

  1. 「Diablo Energy」

    “吸うエナジードリンク”をうたう「Diablo Energy」が発売、3,480円

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2020.01.24 12:30
  2. IQOS 3 DUO

    2,000円を割り引き、加熱式タバコ「IQOS 3 DUO」の「冬割」がスタート

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2019.12.19 17:45
  3. NEWスターミュージアム NSM-03AD

    ケンコー、北半球/南半球の星空を映すホームプラネタリウム「NEWスターミュージアム」

    家庭用プラネタリウム
    2020.01.20 15:30
  4. IQOS 3 DUO

    加熱式タバコ「IQOS 3 DUO」の販路が拡大、全国コンビニなどで11/5発売へ

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2019.10.31 15:31
  5. JF100ML01

    maxzen、最大マイナス34度まで冷やせる98L冷凍庫「JF100ML01」など

    冷蔵庫・冷凍庫
    2020.01.24 13:30

総合ニュースランキング

  1. 「Windows 7」からの買い替えに適した、ノートパソコン2020年春モデルまとめ

    ノートパソコン
    2020.01.26 06:00
  2. バックブレーダー

    「レッツ&ゴー!!」の世界に迫る“リアリティ追求型”ミニ四駆「バックブレーダー」

    模型
    2020.01.26 07:10
  3. 上段が「スズキ ジムニー(キネティックイエロー)」、下段が「トヨタ 86(アズライトブルー)」

    AOSHIMA、「スズキ ジムニー」「トヨタ 86」など3月再生産モデルを発表

    模型
    2020.01.26 06:55
  4. 7.84インチ前後撮影置くだけドライブレコーダー SDRODWRC

    視界を遮らない、ダッシュボード設置型の「置くだけドライブレコーダー」

    ドライブレコーダー
    2020.01.24 11:25
  5. 「Diablo Energy」

    “吸うエナジードリンク”をうたう「Diablo Energy」が発売、3,480円

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2020.01.24 12:30

読んでおきたい まとめ記事

家電

喫煙具

写真で見る

  • STYLE-15FH050-i3
  • X-T200
  • Rakuten Mini
  • 上段が「スズキ ジムニー(キネティックイエロー)」、下段が「トヨタ 86(アズライトブルー)」
  • Wacom MobileStudio Pro 13
  • DVDミレル DVRP-W8AI3