2012年09月06日 16:37

パイオニア、Bluetoothに対応したホームシアター4機種

パイオニアは、ホームシアターシステムの新モデルとして、5.1ch対応モデル「HTP-S353」「HTP-S757」、3.1ch対応モデル「HTP-SB550」、2.1ch対応モデル「HTP-HW950」の計4機種を発表。5.1ch対応モデル「HTP-S757」を10月上旬、そのほか3機種を10月中旬より発売する。

いずれも、薄型テレビの周りにすっきりと納まるスリム&コンパクトな筐体サイズを採用。独自の音場技術により、自然で迫力のあるサウンドを実現するという。さらに、Bluetoothにも対応しているため、テレビをつけていない時にも、スマートフォンや携帯電話などに保存した楽曲をワイヤレス転送して楽しむことが可能だ。また、全機種共通サイズとなるサブウーハー内蔵アンプ(435[幅]×130[高さ]×363[奥行]mm)は、縦置きと横置きの両方に対応しており、さまざまな場所に設置することが可能となっている。

音質面では、“音のズレ”を補正する独自の技術「フェイズコントロール」を採用。サブウーハーからの低音の遅れを解消し、力強い低音と中高音が一体となったリアルな音を再現するという。また、スピーカーシステムごとに、低音から高音までがスムーズにつながるよう周波数特性を調整しているため、コンパクトなスピーカーながらもサラウンド感にすぐれた自然な音場を楽しめるという。

このほか、3Dコンテンツの奥行き感や立体感などを音声で仮想的に再現する独自の音場技術「バーチャル3Dサウンド」を搭載。3Dなど迫力ある映像に合わせて、テレビの後ろ側などにもスピーカーがあるかのように音が再現され、より臨場感のある音を楽しむことができる。

■5.1chサラウンドシステム「HTP-S353」

設置場所に合わせたセッティングが可能なコンパクトスピーカー(ブックシェルフ型)を採用。フロントスピーカーとサラウンドスピーカーは重ねることもでき、壁掛けにも対応している。また、独自のサラウンド技術「フロントサラウンド・アドバンス」を搭載しており、サラウンドスピーカーをフロントスピーカーに重ねて前方に設置した場合も、後方にもスピーカーがあるような自然なサラウンド感を楽しめるという。

アンプ部の総合出力は140W(実用最大出力合計値)。スピーカー部の本体サイズは、フロント/サラウンドスピーカーが95(幅)×80(高さ)×90(奥行)mm、センタースピーカーが230(幅)×80(高さ)×90(奥行)mm。価格はオープン。

■5.1chサラウンドシステム「HTP-S757」

口径6.6cmのコーン型ウーハーと口径2.6cmのセミドームツィーターを組み合わせた2wayシステムのトールボーイスピーカーを採用。幅広い音域を再現できる。薄型でシンプルな形状に黒光沢仕上げを施し、薄型テレビや部屋のインテリアに調和する、高級感のあるデザインに仕上げているという。

アンプ部の総合出力は140W(実用最大出力合計値)。スピーカー部の本体サイズは、フロント/サラウンドスピーカーが250(幅)×1110(高さ)×250(奥行)mm、センタースピーカー(ブックシェルフ型)が230(幅)×80(高さ)×90(奥行)mm。価格はオープン。

■3.1chサウンドバーシステム「HTP-SB550」

テレビの前に手軽に設置できる幅80cmのバースピーカーを採用。テレビラックに直接設置したり、付属のスタンド(高さ調整2段階)を取り付けて、薄型テレビのスタンドをまたいで設置することが可能となっている。

アンプ部の総合出力は100W(実用最大出力合計値)。スピーカー部の本体サイズ(スタンド使用時)は、800(幅)×88または100(高さ)×102(奥行)mm。価格はオープン。

■2.1chサウンドウィングバーシステム「HTP-HW950」

両面駆動HVT方式のフロントバースピーカー「SOUND WING」を採用。薄いスピーカーの両面から音を放射するため、あらゆる方向に音が広がり、部屋のどこにいても心地よい音場を楽しむことができるという。壁掛けにも対応しており、圧迫感を与えずに壁面に設置することが可能だ。

アンプ部の総合出力は80W(実用最大出力合計値)。スピーカー部の本体サイズは、900(幅)×71(高さ)×93(奥行)mm。価格はオープン。

パイオニア

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

パイオニア(Pioneer)のホームシアター スピーカー ニュース

もっと見る

このほかのホームシアター スピーカー ニュース

もっと見る

家電ニュースランキング

  1. タニタ、“予想数量を大幅に上回る注文”で「非接触体温計」の一部出荷に遅れ

    タニタ「非接触体温計」に“予想を上回る注文”、子どもへの安心機能も人気か?

    体温計
    2020.09.18 13:06
  2. 480円で「グロー・ハイパー(ブラック)」が手に入る期間限定キャンペーン

    480円で「グロー・ハイパー(ブラック)」が手に入る数量限定キャンペーン開始

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2020.09.18 16:15
  3. BT-541

    額にかざして約1秒で測定、バックライト付き「タニタ非接触体温計」

    体温計
    2020.09.11 07:00
  4. 「IQOS(アイコス)」ヒーツ&マールボロ・ヒートスティックが10/1値上げへ

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2020.08.21 19:10
  5. 「CX 400BT True Wireless」

    ゼンハイザー、「CX 400 BT True Wireless WHITE」を9月25日発売決定

    イヤホン・ヘッドホン
    2020.09.18 11:20

総合ニュースランキング

  1. タニタ、“予想数量を大幅に上回る注文”で「非接触体温計」の一部出荷に遅れ

    タニタ「非接触体温計」に“予想を上回る注文”、子どもへの安心機能も人気か?

    体温計
    2020.09.18 13:06
  2. 「Nintendo Switch ネオンパープル・ネオンオレン」

    任天堂、「Nintendo Switch」「リングフィット」の抽選予約を9/15開始

    ゲーム機本体
    2020.09.15 16:25
  3. クロノマスター リバイバル ルパン三世−セカンドエディション

    「ルパン三世」1stアニメ最終話より、“次元大介着用のゼニス”を世界200本限定で再現

    キャラクターグッズ・雑貨
    2020.09.18 14:35
  4. 「RG 1/144 ジオング」

    ガンプラ「RG 1/144 ジオング」が2021年1月発売に決定、新たな画像も公開

    プラモデル
    2020.09.18 10:10
  5. 「Apple Watch SE」、第8世代「iPad」

    ドコモ・au・ソフトバンク、「Apple Watch」「iPad」新モデルの価格発表

    ウェアラブル端末・スマートウォッチ
    2020.09.18 06:55

読んでおきたい まとめ記事

家電

喫煙具

写真で見る

  • 「Xperia 5 II」
  • OpenMove
  • 「Figure-rise Standard 仮面ライダーディケイド」
  • 三菱 ミニキャブ・ミーブ
  • 「HGBD:R 1/144 ロードアストレイダブルリベイク」
  • 「eVscope」