2018年12月12日 16:59

もはや海外旅行の“新定番”「音声翻訳デバイス」、メーカー別まとめ

もうすぐ年末年始。今年は、2019年1月4日を休むと最大9連休となり、海外旅行を計画している方も少なくないのでは? そこで、海外旅行グッズの“新定番”として注目したいのが「音声翻訳デバイス」だ。「POCKETALK」(ソースネクスト)や「ili(イリー)」(ログバー)などが市場で先行し、その手軽さから徐々に認知度が高まっている。

これらに追随するかのように2018年は、さまざまな新製品が登場した。この盛り上がりを見るだけでも、「音声翻訳デバイス」は今かなり“アツい”アイテムといっても過言ではないだろう。現地での交流やショッピングに役立てるもよし、緊急時のアイテムとして用意しておくもよし。自分だけの、お気に入りの1台をぜひ見つけてみよう(※2018年12月12日時点。リンク先はすべて記事公開時の情報)。

ソースネクスト、eSIM内蔵で4G対応の通訳機「POCKETALK W」

従来モデルの本体サイズはそのままに、画面が3倍以上大きくなり、タッチパネルを採用。言語数は、74言語(2018年7月26日現在)。ソラコム社提供のeSIMを搭載する。

瞬間翻訳デバイス「ili(イリー)」が国内発売、先行販売価格は16,800円

オフラインで使用できるウェアラブル翻訳デバイス。 日本語から「3言語(英・中・韓)」への翻訳が可能。高速起動に対応する。

「撮って翻訳」や「しゃべって翻訳」に対応した翻訳デバイス「KAZUNA eTalk5」

「しゃべって翻訳」は、英語、中国語、韓国語、フランス語など72言語をサポート。電波の届かない環境でのオフライン翻訳も可能。「撮って翻訳」機能も搭載する。

オンラインで52言語、オフラインで12言語を自動翻訳する「Langie」国内発売

ボタンを押して話すだけで、自動で音声を翻訳する小型翻訳機。オンライン翻訳で52言語、オフライン翻訳でも12言語に対応し、使用シーンごとに適した4つの機能を搭載した点が特徴だ。

DMM.com、35か国語以上に対応した双方向翻訳機 「FreeTalk」24,800円

タッチパネル対応の2.4型ディスプレイを装備。35か国語以上の双方向翻訳が可能だ。一度やり取りした会話をもう一度聞きたい場合など、タッチパネルを使って簡単に確認できる。

ビザイア、海外のラジオが聴ける48言語対応のAI翻訳機「RADITALK」

海外で放送しているラジオ番組を聴取できる、48言語対応のAI翻訳機。アジア現地発の日本語ラジオチャンネル「リヴァイア」も聴取可能だ。

ウイルコム、31か国語搭載のSIMフリーマルチ翻訳機「dokodemoTALK」

音声アシスタント「Siri」の音声認識エンジンを開発している、ニュアンス・コミュニケーションズ社の技術を採用。タッチ操作対応の2.4型液晶(320×240ドット)を搭載する。

ノジマ、20種類以上の言語に対応したイヤホン翻訳機「WT2 Plus」を販売

両手を使わずに使用できる、イヤホンタイプの翻訳機。20種類以上の言語に対応する。バッテリー稼働時間は4〜5時間で、充電ケース内で約3回の充電が可能だ。

テスプロ、OCR翻訳に対応した音声翻訳機新モデル「Mayumi3」

OCR(光学文字認識)翻訳に対応したモデル。世界75言語の双方向音声翻訳に対応。オンライン翻訳で、言語ごとに最適な翻訳エンジンを選択する点が特徴だ。

世界40か国語に対応、双方向ポケット翻訳機「Speak Me」発売

シンプルなボタン操作で、双方向翻訳に対応したポケットサイズの翻訳サポート機。複数の翻訳エンジンに対応し、言語の組み合わせや、使用する国などの利用シーンに合わせて、最適な翻訳エンジンに自動的に切り替えるという。

重さ約69g、12か国語に対応するWi-Fi翻訳アシストデバイス「Say Easy」

双方向の翻訳に対応した、Wi-Fi接続タイプの翻訳アシストデバイス。ボタンを押して話すだけの簡単操作で翻訳できるほか、ディスプレイを使って、翻訳内容も確認できる。リピート機能も搭載した。

26か国語対応、Wi-Fi接続で双方向オンライン音声翻訳できる「MagicSay」

26か国語対応の双方向オンライン音声翻訳機。2つのボタンで翻訳言語を使い分けるのが特徴。タッチパッドの画面上に、会話履歴を残すことが可能だ。

(番外編)音声を翻訳して自動でタイピングする「翻訳しマウス」、16,800円で発売

「音声翻訳タイピングボタン」を押しながら話すだけで、設定した言語に翻訳して自動にタイピングするという、ワイヤレスマウス。「音声Web検索ボタン」や「音声タイピングボタン」も装備する。

このほかの電子辞書 ニュース

もっと見る

関連コンテンツ

家電ニュースランキング

  1. 「どこでも使える電動ちょっとミシン」

    ハンディタイプの「どこでも使える電動ちょっとミシン」が1,980円で発売

    ミシン
    2019.01.13 06:30
  2. TMB-5K

    テック、手のひらサイズの5000mAhモバイルバッテリー「TMB-5K」1,780円

    充電池・充電器
    17時間前
  3. 「テッテ」

    キングジム、手をかざすと自動で消毒液が出るアルコールディスペンサー「テッテ」

    その他健康器具・医療機器
    15時間前
  4. Creative SXFI AIR

    クリエイティブメディア、Super X-Fi搭載のBluetooth/USB接続ヘッドホン

    イヤホン・ヘッドホン
    2019.01.16 06:22
  5. MR-MX57E

    三菱電機、冷凍したカット野菜をほぐして使えるAI搭載の冷蔵庫

    冷蔵庫・冷凍庫
    2019.01.15 13:18

総合ニュースランキング

  1. α6400

    ソニー、「α9」と同世代「BIONZ X」を搭載したミラーレスカメラ「α6400」

    デジタル一眼カメラ
    14時間前
  2. 「Office 2019」※イメージ

    マイクロソフト、家庭向け「Office 2019」を1月22日より発売

    オフィスソフト
    14時間前
  3. 「Surface Studio 2」

    マイクロソフト、オールインワン「Surface Studio 2」を1月29日より国内発売

    デスクトップパソコン
    2019.01.15 16:50
  4. トヨタ・スープラ 新型(デトロイトモーターショー2019)

    トヨタ スープラ 新型、発売記念車は豊田章男社長のサイン入り…デトロイトモーターショー2019

    自動車(本体)
    14時間前
  5. インド向けスズキ・ワゴンR 新型のティザーイメージ

    スズキ ワゴンR 新型、予約受注をインドで開始…トップ10常連が新型に

    自動車(本体)
    15時間前

家電

喫煙具

写真で見る

  • AQUOS R2 compact
  • 「テッテ」
  • Ninja H2 SX SE+
  • GTultimate V2 Racing Simulator Cockpit
  • ディズニー/ピクサーキャラクターダイアリーケース マルチタイプ
  • EU3-ST/Rシリーズ