2019年02月23日 06:00

【新生活2019】電子レンジ・オーブンレンジ 最新モデルまとめ・・・フラット庫内がポイント

新生活に必要な調理家電として、欠かせない存在の「電子レンジ・オーブンレンジ」。飲み物を温めたり、お弁当を温めたり、食材の調理や下ごしらえなど、ひとり暮らしはもちろんのこと、家族でも便利に使うことができる。

電子レンジを選ぶポイントのひとつとして、庫内のタイプがあげられる。1万円前後の価格帯ではターンテーブルを採用したモデルが多く、大きめのお弁当などを温める場合は回転せず、温めムラができてしまう場合がある。ひとり暮らしのお弁当派こそ、ワンランク上のフラット庫内を選択するのもありだろう。

また、家族がいる場合は、オーブン機能やスチーム機能を搭載した高機能モデルを選択肢に入れてみよう。オーブン機能があれば、料理のレパートリーが広がる。スチーム機能を搭載したモデルなら、ヘルシーな調理も可能だ。

今回は、新生活にふさわしい家電のまとめ記事第4弾として、「電子レンジ・オーブンレンジ」の最新モデルを価格.com新製品ニュースからまとめて紹介する(※2019年2月23日時点。リンク先はすべて記事公開時の情報)。

シャープ、フラット庫内で簡単操作のオーブンレンジ「RE-F18A」

ボタンを極力減らしたシンプルデザインを採用したモデル。ダイヤルを回して調理モードを選ぶことで、迷わず直感的に操作ができるという。フラットテーブルを採用し、総庫内容量は18Lとコンパクトなサイズも魅力的だ。

東芝、フラット庫内を採用した18Lオーブンレンジ「ER-S18」など

4機種すべてがフラット庫内を採用。上位モデル「ER-S18」は、オーブン機能を搭載し、ノンフライ調理、グリル調理、カラッとあたために対応。下位モデル「ER-SM17」は、フラット庫内ながらも、ダイヤル操作を採用し、1万円程度の価格になっている。

ハイアール、つまみ操作を採用した電子レンジ「JM-17H」

5,500円程度で購入できるリーズナブルなモデル。ターンテーブル式を採用。複雑な操作が不要で、ダイヤルを回すだけで温めが可能だ。700Wの出力に対応し、お弁当やごはんなどを一気に温められる。

ハイアール、「エコ煮込み」や「トースト」メニューを搭載したオーブンレンジ

2万円程度ながらも、オーブン機能に加え、スチームカップを使用した簡易スチーム機能を搭載したモデル。さらに、フラット型の庫内形状で、温度センサーを装備。「オートメニュー」は、「お弁当」や「お惣菜」などの24種類を搭載する。

A-Stage、デザインミラー扉を採用した単機能なレンジ「WDR-17HF」

スタイリッシュなデザインのミラー扉を採用した単機能電子レンジ。ターンテーブル式を採用し、1万円台の価格となっている。機能面では、よく使う手順を記憶できるメモリー機能や、チャイルドロックも搭載する。

アイリスオーヤマ、ボタンひとつで簡単解凍できる「スチーム流水解凍オーブンレンジ」

オーブンとスチーム機能を搭載したモデル。冷凍食材の解凍にすぐれており、専用容器と専用プログラムを併用し、一度のボタン操作のみで、流水解凍と同じようなムラのない仕上がりを実現するという。

日立、143オートメニューの「Wスキャン調理」に対応したオーブンレンジ

過熱水蒸気に対応したオーブンレンジ。食品の重さをはかる「トリプル重量センサー」と、庫内を8眼センサーが15段階にスイング(120分割)して食品の表面温度をはかる「センター赤外線センサー」を用いた「Wスキャン」を搭載したのが特徴。143のオートメニューに対応する。

シャープ、調理中に過熱水蒸気量を手動調整できる「ヘルシオ AX-XS500」など

独自の過熱水蒸気で焼くことで、健康でおいしい調理ができるウォーターオーブン「ヘルシオ」。手動のウォーターオーブン/ウォーターグリル調理において、過熱水蒸気の量を加熱前と調理中に3段階で調節できる機能が新たに搭載されている。

シャープ、スマートスピーカーで献立相談できる「ヘルシオ AX-XW500/AW500」など3機種

ウォーターオーブン「ヘルシオ」の上位モデル。食材の温度帯、分量に関係なく、火加減や調理時間を自動で調節する「まかせて調理」を搭載する。操作性では、大きなタッチパネル液晶を採用。「AX-XW500」「AX-AW500」は、AIoTクラウドサービス「COCORO KITCHEN」に対応し、本体やスマートスピーカーで音声対話による操作や献立相談が可能だ。

パナソニック、チタンコートグリル皿で火力がアップした「3つ星ビストロ NE-BS1500」

パナソニックの最上位モデルのスチームオーブンレンジ。新開発「チタンコートグリル皿」を採用し、グリル皿温度を従来モデル「NE-BS1400」よりも30度高くなっている。基本機能では、大火力極め焼きヒーターを採用したグリル機能、「高精細・64眼スピードセンサー」と「サイクロンウェーブ加熱」を採用したレンジ機能、スチーム量をきめ細かくコントロールするスチーム機能、低温80度〜高火力300度のオーブン機能を搭載。自動メニュー数は400を用意する。

■関連リンク

【新生活2019】ひとり焼肉、串揚げ…一人暮らしに“必ずしも必要ない”家電6選

【新生活2019】空気清浄機 最新モデルまとめ・・・花粉のピークを前に選びたい1台

【新生活2019】Wi-Fiルーター 最新モデルまとめ・・・3,000円台のモデ…

【新生活2019】アイロン 最新モデルまとめ・・・スチーマーとアイロンの2Wayが人気

【新生活2019】ノートパソコン 最新モデルまとめ・・・1kg台の軽量モバイルが2万円台から

【新生活2019】電気ケトル 最新モデルまとめ・・・“素早く沸かす”以外にも注目

【新生活2019】炊飯器 最新モデルまとめ・・・糖質オフや時短モデルをピックアップ

【新生活2019】冷蔵庫 最新モデルまとめ・・・ひとり暮らし向けは2万円台から

【新生活2019】洗濯機 最新モデルまとめ・・・AI対応からコスパ重視まで

このほかの電子レンジ・オーブンレンジ ニュース

もっと見る

家電ニュースランキング

  1. 「A8H」

    ソニーが新4K有機ELテレビを発表、48V型の「BRAVIA A9S」など

    薄型テレビ・液晶テレビ
    23時間前
  2. ※画像は経済産業省公式Twitterアカウントによるツイートより

    シャープ生産のマスクが出荷開始、経産省「引き続きマスク増産に取り組む」

    その他健康器具・医療機器
    2020.03.31 16:45
  3. X9500H

    ソニー、4Kダブルチューナー内蔵の4K液晶テレビ「BRAVIA」4シリーズ

    薄型テレビ・液晶テレビ
    20時間前
  4. 2位 シャープがマスクの生産開始、3月下旬より順次出荷へ…3月24日

    「シャープがんばれ!」シャープのマスク生産がついに3月24日より開始

    その他健康器具・医療機器
    2020.03.27 17:00
  5. ※画像は同社ホームページより

    アイリスオーヤマがマスクの国内生産へ、6000万枚/月の生産を目指す

    その他健康器具・医療機器
    2020.03.31 11:05

総合ニュースランキング

  1. 「A8H」

    ソニーが新4K有機ELテレビを発表、48V型の「BRAVIA A9S」など

    薄型テレビ・液晶テレビ
    23時間前
  2. ダイハツ タフト

    【ダイハツ タフト 新型】先行予約を開始…新型軽クロスオーバー

    自動車(本体)
    2020.04.02 07:00
  3. moto g8 plus

    期間限定税別23,000円、gooが6.3型スマホ「moto g8 plus」発売

    スマートフォン
    2020.04.01 12:19
  4. ※画像は経済産業省公式Twitterアカウントによるツイートより

    シャープ生産のマスクが出荷開始、経産省「引き続きマスク増産に取り組む」

    その他健康器具・医療機器
    2020.03.31 16:45
  5. Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森 本体セット

    「Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森 本体セット」次回出荷は4月上旬を予定

    ゲーム機本体
    2020.03.23 12:00

読んでおきたい まとめ記事

家電

喫煙具

写真で見る

  • ビックリマン×海洋堂 スーパーゼウス フルカラーフィギュア
  • M518
  • X9500H
  • 「クラシック・シャッフル」
  • 三菱 アウトランダー PHEVの最新モデルと2014年モデル(英国仕様)
  • moto g8 plus