2022年03月16日 11:50

【新生活2022】「空気清浄機」新モデルまとめ9選、室内の空気対策でニーズが高まる

本格的な春の到来とともに日々、花粉の飛散が気になっている方も多いはず。一般的に、3月上旬から半ばごろにスギ花粉の飛散が多くなり、その後、4月下旬にかけてヒノキ花粉の飛散がピークを迎える見込みとなっている。

花粉対策としてぜひ、室内に設置しておきたいのが空気清浄機だ。特に、玄関やリビングの入り口などに置いておけば、生活空間に花粉が侵入するのを防げる。より効果的に対策したい場合は、花粉を検知して取り除く「花粉モード」を搭載したモデルを選ぶというのも手だ。

さらに昨今では、花粉対策以外にも、「室内の空気をできる限り、清潔に保ちたい」というニーズも高まっている。また、テレワークの普及や巣ごもり時間の増加で、自宅で過ごす機会が増えており、各部屋に1台ずつ、空気清浄機を設置するケースも珍しくない。

そこで今回は、価格.com新製品ニュースで取り上げてきた空気清浄機から、直近1年間に登場した新モデルをピックアップしてご紹介する。新生活がスタートするこれからの季節、空気清浄機の最新モデルに注目してみてはいかがだろうか(リンク先はすべて記事公開時の情報。在庫状況など、最新の情報は各メーカーのホームページまで)。

シャープ、「飛沫粒子モード」を新搭載したプラズマクラスター加湿空気清浄機3機種

プラズマクラスター加湿空気清浄機の新モデルとして、適用床面積が約23畳の「KI-PX100」、約18畳の「KI-PX75」、約16畳の「KI-PX70」をラインアップ。いずれも、イオン濃度50000個/cm3以上の「プラズマクラスターNEXT」を搭載。「室内の空気中に漂うウイルス飛沫粒子を効果的に捕集する」(同社発表より)とうたう「飛沫粒子モード」も装備した。

パナソニック、新「ナノイー X」を搭載した加湿空気清浄機「F-VXU90」

「ナノイー」比100倍(同社調べ)の量というOHラジカルを生成する、新「ナノイー X」を新たに搭載したモデル。「花粉を99%抑制する時間が従来品比で1/4(2020年発売「F-VXT90」との比較)になった」という。3方向に吹き出す立体的な気流が部屋全体を効率よく循環する「3Dフロー花粉撃退気流」にも対応した。

ダイソン、固体ホルムアルデヒドセンサー搭載の「Dyson Purifier」加湿空気清浄機

1台で3役(空気清浄機/扇風機/加湿器)の機能を搭載した加湿空気清浄機。「欧州規格HEPA H13グレードの基準を満たす」というフィルターを装備。加えて、より精度の高いセンサーと、酸化分解触媒フィルターを搭載し、「0.1ミクロンの粒子の1/500の大きさのホルムアルデヒドを正確に検知、分解できる」と同社では説明する。

ダイキン、“業界最小クラスの設置面積”をうたう加湿ストリーマ空気清浄機「MCK70Y」

風量7.0m3/分以上の家庭用加湿空気清浄機において、“業界最小クラスの設置面積(同社調べ。2021年9月16日時点)”をうたうモデル。給水タンクを本体上部に配置し、構造も変更したことで、タンクを外さずにその場でも給水が可能となった。加えて、人が感じる運転音(SONE値)を約30%低減したという。

ダイキン、UVC LEDを採用した「UV加湿ストリーマ空気清浄機 ACKB70Y」

同社独自の空気清浄技術「ストリーマ」と、波長265nmの深紫外線を照射する「UVC LED」を搭載したモデル。「抗菌HEPAフィルター」でとらえた菌に「ストリーマ」と「UVC LED」による深紫外線を照射して除菌を行う。本体は、スリムタワー型の設計を採用した。

ツインバード、HEPAフィルター搭載の空気清浄機「AC-E944W」

集塵フィルターに、HEPAフィルターを採用した空気清浄機。「0.3μmの粒子を99.97%(フィルターの除去性能。部屋全体への除去性能とは異なる)キャッチし、花粉やハウスダストなどの微細な粒子もしっかりと捕集する」と同社では説明する。、脱臭フィルターとして、活性炭フィルターを搭載したのも特徴だ。

ブルーエア、ハウスダストの除去に注力した空気清浄機「DustMagnet」

室内空気の困りごととして上位にあがる「ハウスダスト」の除去に注力し、開発されたモデル。さらに、ブルーエアの基幹技術「HEPASilent テクノロジー」に加えて、新たに搭載した「DustMagnet テクノロジー」を採用。独自の渦状の気流と帯電されたプレフィルター、上下2か所の吸引口を組み合わせて、「アレルギーの原因となるペットの毛や花粉、ダニ・カビなどのハウスダストを効率的に除去する」という。

Kirala、換気タイミングを知らせる「CO2センサー」搭載の空気清浄機2機種

空気清浄機能に加えて、CO2センサーを搭載したモデル。表示パネルとアラート音で二酸化炭素濃度を確認できる。また、最大0.1ppm以下の「マイルドオゾン発生システム」を採用。高密度フロントフィルター、HEPAフィルター、冷触媒フィルター、活性炭フィルター、ハニカム状活性炭フィルター、光触媒フィルターからなる「6層集じん・脱臭フィルター」も装備する。

COWAY、「4D立体フィルターシステム」採用のタワー型空気清浄機「NOBLE」

タワー型デザインで、全方位から空気を吸引する空気清浄機。3ステップで汚れた空気をろ過する「4D立体フィルターシステム」を搭載する。内蔵フィルターは、プレフィルター、カスタムフィルター2種類、脱臭フィルター、抗菌GreenHEPAフィルターを装備。このうちカスタムフィルターは、アレルギーフィルターやペットフィルターなど6種類から2枚を追加できる。風向き調節の機能を果たすポップアップ式の天面も採用した。

シャープ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

シャープ(SHARP)の空気清浄機 ニュース

もっと見る

このほかの空気清浄機 ニュース

もっと見る

家電ニュースランキング

  1. 「KDGC-008B」

    卓上に置きやすい、コンパクトサイズの「おひとり網焼肉グリル」が本日8/5発売

    その他調理家電
    2022.08.05 06:45
  2. 「減煙電気七輪 ESR-Q100」

    煙が出にくい「減煙電気七輪」山善が発売、熱々をひとり占めできるパーソナルサイズ

    その他調理家電
    2022.08.04 12:25
  3. スポットクーラー用排熱ダクト DUFRWNSWH

    サンコー、持ち運べる「ワイルドクーラー」の熱を室外に排熱できるダクトセットを発売

    エアコン・クーラー
    2022.08.03 13:35
  4. 夏の風物詩「流しそうめん器」まとめ、和風デザインやLED搭載で光るモデルも

    その他調理家電
    2022.08.06 12:00
  5. TH-42LZ1000

    パナソニック、“4K有機ELビエラ最小”の42V型モデル「TH-42LZ1000」

    液晶テレビ・有機ELテレビ
    2022.08.03 17:24

総合ニュースランキング

  1. 「KDGC-008B」

    卓上に置きやすい、コンパクトサイズの「おひとり網焼肉グリル」が本日8/5発売

    その他調理家電
    2022.08.05 06:45
  2. 「HG 1/144 マジンガーZERO(INFINITISM)」

    「マジンガーZERO」がプラモ化、メカデザイナー・柳瀬敬之氏によるリデザイン

    プラモデル
    2022.08.07 12:00
  3. 【8月の値下げ】「Rakuten BIG s」値下げ、コンビニ「Apple Gift Card」10%還元など

    【8月の値下げ】「Rakuten BIG s」値下げ、コンビニ「Apple Gift Card」10%還元など

    スマートフォン
    2022.08.07 00:00
  4. METAL STRUCTURE 解体匠機 MSN-04 サザビー

    バンダイ最上級フィギュア「解体匠機」にサザビーが登場、3年の月日を経て完成!

    フィギュア
    2022.08.05 12:25
  5. 「減煙電気七輪 ESR-Q100」

    煙が出にくい「減煙電気七輪」山善が発売、熱々をひとり占めできるパーソナルサイズ

    その他調理家電
    2022.08.04 12:25

読んでおきたい まとめ記事

家電

喫煙具

写真で見る

  • 「MOZA Mini-P MAX MPN01」
  • 「川崎 T-4“ブルーインパルス 2022”」
  • 「S-80」
  • 「Figure-rise Standard ウルトラマンゼロ」
  • フォレスト・オート・ファクトリー(FAF)がスバル360をベースにカスタムしたビーチバン(アソモビ2022)。