2010年05月18日 17:24

ドコモ、2010年夏モデル20機種をラインアップ

NTTドコモは、携帯電話の2010年度夏モデルを発表。5月21日より順次発売する。

新端末は、「docomo STYLE series」「docomo PRIME series」「docomo SMART series」「docomo PRO series」の4シリーズと「スマートフォン」を加えた、計20機種をラインアップ。

「docomo PRIME series」の「F-06B」(富士通製)は、フルハイビジョン対応の1320万画素CMOSカメラを搭載。デジタルカメラ向け画像処理エンジンの「Milbeaut(ミルビュー)技術」を継承した「Milbeaut Mobile」とCMOSカメラの高速処理により、1320万画素での7連写も可能。連写した7枚の中からベストな1枚をケータイがおすすめする「ベストショットセレクト」機能を搭載する。

また、フルハイビジョンムービー撮影が可能。スローモーションで動画撮影すれば、1/4倍速でゆっくりなめらかに再生することができる。さらに、最大約6.4倍「スーパーデジタルズーム」や、広角対応高輝度LEDフラッシュなどを搭載。ディスプレイには、タッチパネル対応の3.5型ワイドVGA液晶を装備。風呂やキッチンで使える防水性能IPX5/IPX7や、水深1.5mまでの水中でカメラ撮影が可能なIPX8に対応する。

「ドコモ スマートフォン」の「LYNX SH-10B」(シャープ製)は、フルワイドVGAに対応した5型液晶を搭載。「mixi」「Twitter」などが大画面で思い通りに楽しめる。シーンに適した使い方ができる「パンタグラフキーボード」「トラックボール」「タッチパネル」といった3つのデバイスを採用する。また、開いてすぐにブログやSNSが楽しめる「mixiウィジェット」「Twitterウィジェット」「ブログ投稿ウィジェット」「GoogleTM検索ウィジェット」など20種類もの多彩なウィジェットを搭載。530万画素CMOSカメラも備える。

「docomo PRO series」の「N-08B」(NEC製)は、フルワイドVGA表示対応の4.6型TFT液晶や、12.7mmキーピッチのフルキーボードを採用。大画面で、iモード&PCメール、ブラウジング、iアプリ、iチャネルなどが使用でき、パンタグラフ構造採用の大型キーで快適に入力できる。

また、連続待受約1,000時間、ワンセグ約5時間の連続視聴など、長時間使用に対応するバッテリーを搭載。さらに、送受信最大54Mbpsの高速パケット通信が可能な「Wi-Fi」や、ビジネスソフトからPCメールソフトまで自宅PC上のソフトを遠隔操作できる「Lui」機能も備えている。

このほか、「docomo STYLE series」では、シンプルな防水仕様「docomo STYLE series F-08B」(富士通製)、176度の「く」の字型ストレートフォルムの「docomo STYLE series L-04B」(LGエレクトロニクス製)、Francfrancとのコラボレーションモデル「docomo STYLE series N-05B」(NEC製)、5色のカラーバリーション「docomo STYLE series N-06B」(NEC製)、イルミネーションと長持ちバッテリーの「docomo STYLE series P-05B」(パナソニック モバイルコミュニケーションズ製)、タッチパネル&防水仕様「docomo STYLE series P-06B」(パナソニック モバイルコミュニケーションズ製)、オートecoモードを搭載した「docomo STYLE series P-07B」(パナソニック モバイルコミュニケーションズ製)、EMILIO PUCCIとのコラボレーションモデル「docomo STYLE series SH-08B」(シャープ製)、フィンランドの人気ブランド「marimekko」とのコラボレーションモデル「docomo STYLE series SH-02B marimekko」(シャープ製)を用意。

「docomo PRIME series」は、「瞬撮ケータイ」を採用した「docomo PRIME series N-04B」(NEC製)、1320万画素CMOSカメラを備えた「docomo PRIME series P-04B」(パナソニック モバイルコミュニケーションズ製)、フルハイビジョン対応1210万画素CCDカメラや防水性能を備えた「docomo PRIME series SH-07B」(シャープ製)、「docomo SMART series」では、11.4mmの薄型デザイン「docomo SMART series SH-09B」(シャープ製)をラインアップする。

「ドコモ スマートフォン」は、4.1型有機ELディスプレイ搭載スライド型モデル「dynapocket T-01B」(東芝製)、QWERTYキーとトラックパッドを採用した「BlackBerry Bold 9700」(カナダRIM社製)をラインアップする。

富士通

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

富士通(FUJITSU)のスマートフォン ニュース

もっと見る

このほかのスマートフォン ニュース

もっと見る

スマホ・携帯ニュースランキング

  1. Xperia 5 SO-01M

    ドコモ、幅68mmでトリプルカメラを搭載した「Xperia 5 SO-01M」

    スマートフォン
    2019.10.11 12:40
  2. AQUOS zero2 SH-01M

    ドコモ、140g台の軽量ボディを実現した6.4型「AQUOS zero2 SH-01M」

    スマートフォン
    2019.10.11 14:15
  3. Galaxy Note10+ SC-01M

    ドコモ、進化したSペン付属の6.8型有機ELモデル「Galaxy Note10+ SC-01M」

    スマートフォン
    2019.10.11 13:30
  4. ドコモ、4000mAhバッテリーで1週間電池が持つという「AQUOS sense3 SH-02M」

    スマートフォン
    2019.10.11 13:20
  5. Galaxy Watch Active2

    サムスン、画面が大きくなったスマートウォッチ「Galaxy Watch Active2」

    ウェアラブル端末・スマートウォッチ
    2019.10.11 06:22

総合ニュースランキング

  1. トヨタ・グランエース

    トヨタ グランエース、新型フルサイズワゴンの空間と質感

    自動車(本体)
    2019.10.11 14:00
  2. Xperia 5 SO-01M

    ドコモ、幅68mmでトリプルカメラを搭載した「Xperia 5 SO-01M」

    スマートフォン
    2019.10.11 12:40
  3. 1位 ソニーが次世代機「プレイステーション 5」を正式発表、2020年末に発売へ…10月9日

    ユーザー待望の「プレイステーション 5」が週間ランキング1位に、ついに“触覚対応”へ?

    ゲーム機本体
    2019.10.11 19:25
  4. ドコモ、BS4Kデジタル放送が視聴できる「ドコモテレビターミナル02」

    ワイヤレスディスプレイアダプタ
    2019.10.11 16:45
  5. トヨタ・グランエース

    トヨタ、新型ワゴンの『グランエース』を東京モーターショー2019で初披露…年内に発売へ

    自動車(本体)
    2019.10.08 14:55

読んでおきたい まとめ記事

スマートフォン・携帯電話

モバイルデータ通信

写真で見る

  • キッズケータイ SH-03M
  • 「The Mandalorian」のファッションアイテム
  • M-ARMA50
  • 「ニュータイプもダメになるクッション【ララァ・スン専用モビルアーマー】」
  • トヨタ・グランエース