2019年05月16日 12:39

ドコモ、21:9の4K有機ELやトリプルカメラを搭載した「Xperia 1」

NTTドコモは、2019年夏モデルのスマートフォンとして、「Xperia 1 SO-03L」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を発表。6月中旬より発売する。

画面比率21:9のシネマワイドディスプレイを採用したのが特徴。映画やゲームを圧倒的な没入感と臨場感で楽しめるほか、ニュース記事やSNS、地図などの閲覧時は一度に表示される情報が大幅に増え、使いやすくなるという。

また、2つのアプリを同時に表示することが可能。ゲームをより楽しめる「ゲームエンハンサー」を新搭載し、メッセージなどの通知オフやメモリーの解放などが簡単に設定できる。

さらに、世界初となる、4K HDR対応有機ELディスプレイを搭載。ソニー製テレビ「ブラビア」の技術を結集し、圧巻の高画質を実現する。

カメラ機能では、「標準」「望遠」「超広角」を切り替えられる、Xperia初のトリプルレンズカメラを搭載。画素数は、メインカメラの3つとも約1220万画素、サブカメラが約800万画素。被写体の瞳にピントを合わせる「瞳AF(オートフォーカス)」に対応する。

主な仕様は、ディスプレイが6.5型4K有機EL(3840×1644ドット)、プロセッサーが「Snapdragon 855」、メモリーが6GB、ストレージが64GB。外部メモリーはmicroSDXCカード(最大512GB)に対応。OSは「Android 9」をプリインストールする。

モバイルネットワークの最大通信速度は、受信が1576Mbps、送信が131.3Mbps。無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 5.0に対応する。

このほか、IPX5/IPX8の防水、IP6Xの防塵、指紋認証、フルセグ、ワンセグ、おサイフケータイ、NFCに対応。バッテリー容量は3200mAhで、電池持ちが約100時間。

本体サイズは72(幅)×167(高さ)×8.2(奥行)mm。重量は約178g。ボディカラーは、パープルとブラックの2色を用意する。

ソニーモバイルコミュニケーションズ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

ソニーモバイルコミュニケーションズ(Sony Mobile Communications)のスマートフォン ニュース

もっと見る

このほかのスマートフォン ニュース

もっと見る

スマホ・携帯ニュースランキング

  1. ライフロガー、ライフロガーメーター

    ドンキ、スマートウォッチ&体組成計のセット購入で税別1,000円値引き

    ウェアラブル端末・スマートウォッチ
    2020.01.16 15:52
  2. 「AQUOS zero2 SH-01M」

    ドコモ、今冬発売予定の「AQUOS zero2 SH-01M」事前予約を1/17開始

    スマートフォン
    2020.01.17 06:55
  3. 「OPPO Reno A」

    mineo、OPPO製スマホ「OPPO Reno A」「OPPO A5 2020」を1/17発売

    スマートフォン
    2020.01.17 07:00
  4. ぐるっ撮360°

    周囲360度をワンショットで撮影、iPhone用レンズ「ぐるっ撮360°」

    携帯電話アクセサリ
    2020.01.17 06:14
  5. HUAWEI Band 3 Pro

    ファーウェイ、11種類のスポーツモードを搭載した「HUAWEI Band 4 Pro」

    ウェアラブル端末・スマートウォッチ
    2020.01.14 12:31

総合ニュースランキング

  1. ガンダムベース限定 デブリパーツセット【2020年5月発送】

    バンダイ、ガンプラで“宇宙での戦闘シーン”を楽しめる「デブリパーツセット」

    プラモデル
    17時間前
  2. ホンダ・フィット新型(東京モーターショー2019)

    【ホンダ フィット 新型】2月14日発売が決定

    自動車(本体)
    21時間前
  3. 「プルーム・テック・プラス・スターターキット」「プルーム・テック・スターターキット・1.5」

    JT、「プルーム・テック・プラス」「プルーム・テック Ver.1.5」を値下げへ

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2020.01.16 15:40
  4. ライフロガー、ライフロガーメーター

    ドンキ、スマートウォッチ&体組成計のセット購入で税別1,000円値引き

    ウェアラブル端末・スマートウォッチ
    2020.01.16 15:52
  5. レクサス LM300h(上海モーターショー2019)

    日本円で1800万円オーバー!レクサス初のミニバン『LM300h』の価格・詳細が明らかに

    自動車(本体)
    17時間前

読んでおきたい まとめ記事

スマートフォン・携帯電話

モバイルデータ通信

写真で見る

  • 現在のルートと新しいルート全体を地図上で比較表示
  • EP-T16S
  • ジャガー XJ 後継となるフラッグシップEVのプロトタイプ(スクープ写真)
  • 「20mm F/2.8 Di III OSD M1:2(Model F050)」
  • 「LEGENDBB ガンダムベース限定 飛駆鳥大将軍[クリアカラー]」
  • Anker PowerPort Atom lll Slim(Four Ports)