2022年05月18日 06:36

パイオニア『NP1』がアップデートで Amazon Alexa に対応!

カーナビもドライブレコーダーも音声のやり取りだけで使いこなせる! そんな機能が注目を浴びているパイオニア『NP1』。もう一つの魅力はOTA(Over-The-Air)による定期的なアップデートを行うこと。その待望の第1回目が5月18日に行われる。その詳細をお伝えしたい。

◆アップデートでどんどん機能アップしていく「NP1」

これまでのカーナビといえば、ディスプレイ上に地図を表示して音声と共にルートガイドするのが基本スタイルだった。しかし、それらは高機能化が進むほど操作が複雑化し、実はそれがドライバーに大きなストレスともなっていた。そのストレスを音声操作によって解決しようと誕生したのがNP1である。

本体は小さめの弁当箱サイズ。ここにマイクやスピーカーを内蔵したことで、音声認識によるインターフェースを実現した。前後には2つのカメラを備え、これがドライブレコーダーとしての役割を果たし、カーナビはディスプレイを使わずに音声でのやり取りだけで使える。電源もシガーソケットから取り、本体をフロントウインドウ上部に取り付けるだけ。このシンプルな構成もNP1ならではの特徴だ。

この新たなスタイルで大きな注目を浴びたNP1だが、通信によるオンラインでのアップデートも大きな特徴だ。これはNP1の基本機能に限らず、新たな機能の追加も対象としている。つまり、アップデートをしていくことで、NP1はどんどん成長していくことができるというわけだ。次のアップデートではどんな機能が追加されるか。それを期待できるのもNP1ならではの醍醐味の一つと言っていいだろう。

5月18日に実施されるのはそのアップデートの第1回目。パイオニアはNP1を2月10日に発表した時点で、第1回目のアップデートで『Amazon Alexa(以下:アレクサ)』への対応を明らかにしていた。それだけにこのタイミングを心待ちにしていた人も多いと思う。その“約束”がついに果たされることになったのだ。

◆親和性が高い「アレクサ」と「NP1」のコマンド入力

アレクサは、アマゾンが「生活を便利にする音声アシスタント」として提供されているもので、入力されたコマンドによって音楽やニュース、ラジオを聞いたり、自宅の照明器具やエアコンなどのON/OFFを手許のスマホなどから可能になる。NP1がこの機能に対応することで、利用者はNP1を設置した車内からこれらの操作できるようになるのだ。

見逃せないのは、NP1とアレクサが使うコマンドとしているのが共に「声」であることだ。つまり、声を発するだけで自由にコマンド入力できるのは両者共に同じであって、その意味でもNP1とアレクサの親和性は高い。視線を前方からそらすことなく様々な機能が利用できることで、ドライバーは多彩な機能をより安全な環境で利用できるようになるわけだ。

ではアレクサに対応することで、具体的にどんな機能が利用できるようになるのか、その主な内容は以下のようなものだ。

よく使われるものとしては、音楽再生やニュース、天気予報などが挙げられる。音楽ならあらかじめBluetooth経由でカーオーディオと接続する必要はあるものの、この接続を一度行うだけで、次回からは聴きたい曲がカーオーディオの迫力あるサウンドで楽しめるようになる。

ウェイクアップワードとしては“アレクサ”と言うだけ。それ以降は、「(アーティスト名)の曲をかけて」「(アーティスト名)の曲を聴きたい」と発すれば、自動的に対象アーティストの楽曲が絞り込まれて再生される。他にも「80年代のJ-POPが聴きたい」「朝に合う曲をかけて」「おすすめのプレイリストをかけて」といったコマンドにも対応。コマンドを発するだけで聴きたい音楽が楽しめるのは、一度味わったらやめられない楽しさだ。

◆アレクサをフル活用するなら「Amazon Prime」加入がオススメ

天気予報も「(対象地)の天気は?」「今週の天気は?」とコマンドを発するだけですぐに応えてくれる。また、リンクしたスマホに保存してある予定も「明日の予定を教えて」と告げればいいし、世間話として「今日は何の日?」「1マイルは何キロ?」等々、さらに「今日の調子はどう?」とか何気ない会話を楽しむこともできる。思いがけない回答がされたら、眠気も一気に吹き飛んでしまうことだろう。

さらにアマゾンならではのサービスとして買い物にも対応した。一度注文したものなら「アレクサ、水を再注文して」といえば、音声のやり取りだけで注文ができるという。

ただ、これれらのサービスをフルに楽しむには最低限「Amazon Prime」に加入しておくことをオススメする。年額4900円、月額500円(いずれも税込)の費用がかかるが、アマゾンのお急ぎ便など迅速な配送特典が活用できるほか、Prime Video対象の映画・TV番組が見放題になり、ここで使う音楽も200万曲が聴き放題となるからだ。もちろん、ラジオやニュース、天気予報といったサービスも利用できる。NP1ユーザーなら加入しておいて損はないはずだ。

他にも今回のアップデートでは、ナビ機能やドラレコなどでの機能アップが行われることも明らかにされた。ここにはNP1が独自に天気予報に対応することや、スマホ用アプリ「My NP1」のUIが改善されることも含まれる。詳細は別表を確認されたい。また、第2回目の大型アップデートは今夏を予定していることも明らかにされている。次回の進化にも期待したい。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

パイオニア

パイオニア(Pioneer)のカーナビ ニュース

もっと見る

このほかのカーナビ ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 「バイアンプ接続」に対応した「パッシブクロスオーバーネットワーク」を付属する市販スピーカーの一例(カロッツェリア・TS-V173S)。

    内蔵パワーアンプを豪勢に使う配線方法[音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    2022.06.24 11:12
  2. ヤマハのEVスクーター『E01』で市街地を走り、その実用性を確認

    「航続距離104km」は実用的な数字か? 原付2種のEVスクーター『E01』で市街地を走ってわかった事実

    電動バイク・電動スクーター
    2022.06.24 12:52
  3. 「アウター化」が実行されたオーディオカーの一例(製作ショップ:サウンドフリークス<岩手県>)。

    究極を目指すならアウター化…ミッドウーファー[スピーカーの鳴らし方・大研究]

    カーオーディオ
    2022.06.24 09:45
  4. 「ネットワークモード」に対応したメインユニットの一例(カロッツェリア・DMH-SF700)。

    ネットワークモードを活用すると音が激変!?[音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    2022.06.20 09:05
  5. 日産 リーフ の2023年モデル(米国仕様)

    日産のEV:リーフ 、内外装をリフレッシュ…2023年型

    自動車(本体)
    2022.06.24 09:51

総合ニュースランキング

  1. 「12リアルフィギュア コレクションNo.21 “ブロンドガール Vol.6”」

    ハセガワ、“膝立ちポーズのブロンドガール”を1/12リアルフィギュア化

    模型
    2022.06.26 07:00
  2. MGEX 1/100 ストライクフリーダムガンダム

    15,400円のガンプラ「MGEX 1/100 ストライクフリーダムガンダム」発売日がついに決定

    プラモデル
    2022.06.24 11:48
  3. 「バイアンプ接続」に対応した「パッシブクロスオーバーネットワーク」を付属する市販スピーカーの一例(カロッツェリア・TS-V173S)。

    内蔵パワーアンプを豪勢に使う配線方法[音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    2022.06.24 11:12
  4. 
【6月の値下げ】ソニー最大10万円、TVS REGZA最大4万円キャッシュバックなど開催

    【6月の値下げ】ソニー最大10万円、TVS REGZA最大4万円キャッシュバックなど開催

    液晶テレビ・有機ELテレビ
    2022.06.25 12:00
  5. 「UF18DA」

    羽根径330mmでパワフルに送風、HiKOKI「18Vコードレスファン」新モデル

    扇風機・サーキュレーター
    2022.06.23 11:37

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「E PZ 10-20mm F4 G SELP1020G」「E 15mm F1.4 G SEL15F14G」「E 11mm F1.8 SEL11F18」
  • スバル・アセント の2023年モデル
  • 「VA329HE」
  • 「セル 第一形態」
  • 「TE-D01v」