2018年07月17日 09:44

BMWのサウンドが劇的に変化!? BMW専用スピーカーキットとは

トレードインスピーカーで最高の音を楽しむ、そんなコンセプトの元に生まれたのがBE-FIT(ビーフィット)・ブランドだ。ハイエンドなサウンドを引き出すために車種専用設計を採用、車種の特性に合わせた設計で高音質を実現する。

◆「BE-FIT AM」のシリーズにBMW用のキットが新登場

BEWITH(ビーウィズ)が新たなブランドとして力を入れているのがBE-FITだ。BEWITHのセカンドブランドという位置づけのこのブランド、特徴は車両の加工を一切行う事なく装着する、純正交換を念頭に置いた車種専用キットをラインアップする点だ。しかも従来のトレードイン=エントリーモデルといった図式を打破する、「トレードインのハイエンド」を目指した本格的な高音質設計が大きな特徴となっている。

その第一段として登場したのが「BE-FIT AM」と呼ばれるスピーカーキット。すでに発売済みのメルセデス・ベンツ用に加えて、BMW用が登場。更に今後もミニ用、トヨタ用と順にリリースを続けていくシリーズだ。

最大の特徴は車種別設計によって車両の価値を損なわず簡単・確実に交換できる点。キットにはスピーカーユニットに加えて、音響特性と耐候性に配慮した樹脂製の専用バッフルやネットワークも同梱されている。さらには制振材やハーネス類なども車種に合わせて設定されているので、配線さえも無加工でカプラーオンでの取り付けが可能という精度の高いキットとなっている。純正交換で高音質を得られるこのモデル、従来のハイエンド・オーディオのイメージを一変させるスピーカーキットの登場となった。

このように車種専用設計や周辺パーツをキット化したことにより、複雑な取り付けや車両の加工などを一切必要とせず、工賃や取り付け時間を節約できるのがBE-FITの特徴。商品代+αの予算でハイエンドなサウンドが手に入るシリーズとして要注目となっている。クルマを加工したくないというライトユーザーやスピーディな取り付けで今すぐ高音質を手に入れたいという時間の無いユーザーにとっても絶好のモデルといえる。同ブランドの商品はBEWITH取り扱い店でオーダー可能だ。

◆ビーウィズが誇る高音質ユニットReference AMをキットとして採用

BE-FITブランドの第一段として登場した「BE-FIT AM」。今年の6月には第一段としてメルセデス・ベンツ用がリリースされている。その次に要望の多かったBMW用が間もなく登場する。その名の通り同社の上級スピーカーシリーズである「Reference AM」をスピーカーユニットとして採用しているのが特徴だ。

すでにBEWITHブランドから登場して世界各国で高い評価を受けている「Reference AM」はAM(アルミ・マグネシウム)振動板を採用したスピーカーだ。この振動板は軽量・高剛性・適度な内部損失といった振動板として理想的なスペックを備えた素材でもある。BEWITHが他のスピーカーシリーズでも、音色統一のためにかたくなに守り続けてきた“すべてのスピーカーユニットに同じ振動板を用いる”という設計コンセプトを踏襲し、トゥイーター、ミッドレンジ、ミッドバスの各振動板にAM振動板を採用。以上の様な設計思想を通じて、低域から高域までのハイレベルなつながりの良さを実現した。

また「Reference AM」はトレードイン・スピーカーキットにはほとんど見られない設計思想が盛り込まれているのも特徴だ。そのひとつがコンパクトながらも超強力な磁気回路設計だ。ネオジウムを採用することでマグネットを小型化し、スピーカー背面の干渉をクリアすることに成功。多くの車種への純正交換を可能にするためには最適のユニットとなった。また能率の高さにも注目。純正ナビなどの内蔵アンプによるドライブでも十分なサウンドを再現できるのも能率の高さ故だ。

◆純正の物足りなさを進化させるBMW用キットの完成度に要注目

一足早く登場した「BE-FIT AM」のメルセデスベンツ用キットに加えて、間もなく登場するのがBMW用。純正オーディオの音が指摘されることの多いBMW。多くのユーザーが音に不満をもっているのは事実だろう。そんなBMWを一切の加工を行う事なく高音質化できるのが「BE-FIT AM」の魅力と言えるだろう。

グレードによっては純正状態ではトゥイーターさえ付いていないモデルもあるBMW。ドアのフルレンジ+シート下のサブウーファーという純正のスピーカー構成からの変化は大きそうだ。純正オーディオの物足りなさはBMWユーザーなら理解できると思うのだが、スピーカーを交換することによる音の変化は他の車種と比べものにならないくらいのレベルになることが想像できる。

「BE-FIT AM」のBMW用キットは2.5cmのトゥイーターと8.8cmミッドレンジを純正位置に取り付けできる内容。トゥイーターひとつとっても純正では鳴っていなかった帯域のサウンドを引き出すことができるのも魅力だ。高品質なスピーカーユニットによるサウンドクオリティの大幅アップも間違いないだろう。更にセンタースピーカーの追加などもプランに加えることで見違えるほどのオーディオ環境を作り出すことができる。

さらに車種別専用設計によるネットワークの存在も忘れてはならない。BMW用に設計されたネットワークを備え、専用設計ならではのサウンドのまとまり感の高さが特徴となった。

愛車にBEWITHのスピーカーを手軽に取り付けたいと思っているBMWユーザーも多いだろう。そんなユーザーに朗報となったBE-FITの登場。純正スピーカーからの交換でハイエンドなサウンドを導入する、そんなスマートなインストールを実践するなら迷わずチョイスしたいキットとなった。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

このほかのカーナビ ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 日産アリア

    日産初のクロスオーバーEV「アリア」がデビュー 日本を皮切りに世界展開

    自動車(本体)
    2020.07.15 14:32
  2. 日産アリア市販モデルのティザーイメージ

    日産 アリア、新世代電動4WD「e-4ORCE」搭載 7月15日発表予定

    自動車(本体)
    2020.07.15 07:00
  3. トヨタ MR2 後継モデルの予想CG

    トヨタ MR2 後継車は本当に出るのか?特許画像から市販モデルを大予想

    自動車(本体)
    2020.07.15 09:04
  4. 日産アリア

    【日産 アリア】新時代のクロスオーバーEV 発表、実質購入価格は約500万円から

    自動車(本体)
    2020.07.15 17:00
  5. 装着イメージ(CGイメージ)

    最新アルファード/ヴェルファイアにビッグX 11を装着、アルパインスタイルがナビパッケージ発売へ

    カーナビ
    2020.07.15 09:00

総合ニュースランキング

  1. 「プルーム・テック・プラス シャンパンゴールド」

    “高級で上質な印象”の「プルーム・テック・プラス シャンパンゴールド」が限定発売

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2020.07.14 15:17
  2. Amazon Smart Plug

    アマゾン、1,980円のスマートプラグ「Amazon Smart Plug」

    電源タップ
    2020.07.15 11:45
  3. 日産アリア

    日産初のクロスオーバーEV「アリア」がデビュー 日本を皮切りに世界展開

    自動車(本体)
    2020.07.15 14:32
  4. 「METAL BUILD エヴァンゲリオン2号機 [EVA2020]」

    バンダイ、特別仕様の「METAL BUILD エヴァンゲリオン2号機 [EVA2020]」

    フィギュア
    2020.07.15 11:25
  5. 日産アリア市販モデルのティザーイメージ

    日産 アリア、新世代電動4WD「e-4ORCE」搭載 7月15日発表予定

    自動車(本体)
    2020.07.15 07:00

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「ラストシューティング」のガンダムのシルエットをデザインしたファッションアイテム
  • ホンダ アコードデザインスケッチ(初期)
  • 日産アリアのワールドプレミア
  • iPhone 11Pro/11/XR/8/7専用 ディズニーキャラクター Latootoo カード収納型 ミラー付きiPhoneケース
  • フルーツい〜っぱい!いちごのおふろセット