2020年11月19日 06:15

ジープ ラングラー にV8復活、史上最強の470馬力…『ルビコン392』発表

FCA(フィアット・クライスラー・オートモビルス)のジープブランドは11月17日、『ラングラー・ルビコン392』(Jeep Wrangler Rubicon 392)を、米国からデジタルワールドプレミアした。

ラングラー・ルビコン392は、ジープブランドにとって、およそ40年ぶりのV型8気筒エンジン搭載車だ。ラングラーの歴史をたどると、市販モデルでV8エンジンを搭載していたのは、1981年のジープ『CJ』が最後だった。当時の5.0リットルV8エンジンは最大出力125hp、最大トルク30.4kgmを発生していた。

ジープのファンからは近年、V8エンジン搭載の『ラングラー』を求める声が多く寄せられていたという。そこでジープは、ラングラー・ルビコン392を発表した。車名の「392」とは、V8エンジンの排気量の6.4リットルが、392立方インチであることに由来する。

◆6.4リットルV8搭載で0〜96km/h加速4.5秒

排気量6.4リットルのV型8気筒ガソリン自然吸気エンジンは、最大出力470hp、最大トルク65kgmを獲得する。コンセプトカーの『ラングラー・ルビコン392コンセプト』の最大出力450hp、最大トルク62.2kgmから、パワーは20hp、トルクは2.8kgm引き上げられた。470hpの最大出力は、ラングラー史上最強という。

オンロードとオフロードのパフォーマンスにとって重要なのは、V8エンジンのピークトルクのおよそ75%が、ほぼアイドリング回転数の領域から得られることだ。これにより、0〜96km/h加速4.5秒の加速性能や、急勾配でのエキサイティングなパフォーマンスを可能にしている。

このV8エンジンには、気筒休止テクノロジーを採用する。高速道路でのクルージングなど、エンジン負荷が少ない場合に、8気筒の半分の4気筒を休止する。燃料タンクに取り付けられた高性能ポンプは、過酷な条件下でもV8エンジンに燃料を供給し続ける。

◆「アクティブデュアルモードエキゾースト」

「アクティブデュアルモードエキゾースト」を標準装備した。システムは自動的に作動し、エンジン負荷が高い時、排気システムのバルブを開き、排気背圧を低減する。ドライバーはボタンを押して、システムを作動させることも可能だ。デュアルパイプパフォーマンスエキゾーストシステムには、クワッドテールパイプが備わる。

トランスミッションは、パフォーマンスを重視した高トルク対応の8速AT「TorqueFlite8HP75」。走行条件に応じて、素早いギアチェンジを実現する。新デザインのパフォーマンスステアリングホイールには、ラングラーとしては初めて、アルミ製パドルシフトが付く。

8速ATのギア比は、オフロードから高速道路まで対応する最適な設定とした。各ギア間のステップを、小さくしている。

◆ブロンズのアクセントが史上最強モデルの証

ラングラー・ルビコン392は、大胆なデザイン、ワイドなトレッド、台形のホイールフレアで、ラングラーのオリジナルのデザインテーマを維持している。車高は工場出荷時に約50mm引き上げられ、個性と存在感が強調された。

ラングラー・ルビコン392は、史上最強のラングラーをアピールするブロンズのアクセントを採用した。ブロンズのアクセントは、ボンネットの文字、フロントとリアの牽引フック、FOX製ショックアブソーバーなどに配されている。ブロンズ仕上げのホイールのサイズは17× 7.5インチとした。

ピックアップトラックの『グラディエーター』から採用された40mm隆起したボンネットフードは、アグレッシブな雰囲気を放つ。フードスクープは、エンジンに冷気の取り入れる役割を果たす。フードスクープの両側に「392」のバッジが付いており、歴代ラングラーで最も排気量が大きいことを示している。

革張りのインテリアには、ブロンズステッチが施されている。レザーシートは、「Rubicon 392」のロゴ入り。このレザーシートは、アッパーボルスターでドライバーの快適性とホールド性を高めている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ジープ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

ジープ(jeep)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. ダイハツ・タント ファンクロス

    「ダイハツ・タント」がマイナーチェンジ アウトドアレジャーに好適な「ファンクロス」登場

    自動車(本体)
    2022.10.03 13:00
  2. スバル・フォレスター の2023年モデル(米国仕様)

    スバル フォレスター に2023年モデル

    自動車(本体)
    2022.10.03 12:25
  3. 2023年秋に現行最後の大改良が施されるという日産 GT-R(画像は予想CG)

    日産『GT-R』次期型登場は2027年までお預け!? 来秋に現行最後の大改良か

    自動車(本体)
    2022.10.03 09:15
  4. トヨタ カローラスポーツG“Z”(ハイブリッド車)(オレンジマイカメタリック)

    トヨタ カローラシリーズ、パワートレインを刷新…安全装備やコネクティッド機能も向上

    自動車(本体)
    2022.10.03 19:36
  5. ダイハツ タントファンクロス

    【ダイハツ タント 改良新型】アウトドア志向の新モデル「ファンクロス」登場

    自動車(本体)
    2022.10.03 13:17

総合ニュースランキング

  1. 10月1日たばこ税引き上げ。「IQOS」「Ploom TECH」「glo」増税後の価格は?

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2022.09.30 11:32
  2. ファイナルファンタジータイトルセールpart2

    最大60%オフ、PS4/PS5/Switch「ファイナルファンタジータイトルセールpart2」が開始

    プレイステーション4(PS4) ソフト
    2022.10.03 11:15
  3. ハセガワ、「アメリカンローライダーガール」を再現した1/12リアル造形フィギュア

    模型
    2022.10.02 07:00
  4. 「超合金魂 GX-102 マジンカイザーSKL」

    “最凶のマジンガー”「マジンカイザーSKL」が超合金魂化、マントをはおった姿も再現

    フィギュア
    2022.10.02 11:00
  5. 「Galaxy S22 SC-51C」が33,000円割引など、ドコモオンラインの割引内容が変更

    スマートフォン
    2022.10.03 00:00

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 【10月の値下げ】「FX30」キャンペーン、紙巻きタバコを使うデバイス2,000円オフなど
  • 「温度調節マルチケトル」
  • New Precision 7865 タワーワークステーション
  • ※画像は「RAS-K402DR」のイメージ
  • メルセデスベンツ EQS SUV