2020年11月27日 09:00

ホンダ シティ にハッチバック、フィット と シビックとの間に位置…タイで発表

ホンダ(Honda)のタイにおける四輪車の生産販売合弁会社、ホンダオートモービル(タイランド)カンパニー・リミテッドは11月24日、『シティ・ハッチバック』を世界初公開した。

「シティ」は、初代からの累計販売台数が400万台を超えており、現在は世界60以上の国と地域で販売されている。全世界販売台数の約7割が、アジア大洋州地域。現地では、ホンダを代表するコンパクトセダンとして、重要なモデルに位置付けられている。

2019年秋にタイで発表された現行シティは、5世代目モデルだ。コンパクトセダンでありながら広々とした室内空間はそのままに、スポーティかつシャープなエクステリアと、上質で機能的なインテリアデザインを採用した。

タイ市場向けには、1.0リットル直列3気筒「VTECターボ」エンジンを搭載し、よりトルクフルな走りを追求した。最新の環境基準に対応しながら、従来の1.5リットル自然吸気エンジンを凌ぐ力強い走りと、低燃費を両立させた。また、シティとしては初めて、スポーツグレードの「RS」をラインアップしている。

◆4ドアセダンに追加されたスポーティな5ドアハッチバック

この4ドアセダンのみの現行シティに、5ドアハッチバックのシティ ハッチバックが追加された。ホンダのハッチバック車では、『フィット』と『シビック』との間に位置付けられる。

シティハッチバックは、洗練されたスポーティなエクステリアデザインが特徴だ。LEDデイタイムランニングライトとLEDテールライト、クロームグリル付きのプロジェクターヘッドライトを備えている。シャークフィンアンテナや15インチのアルミホイールも装備されている。

インテリアは、上級グレードにブラックレザーシートを採用した。ピアノブラックのフロントコンソール、クロームで加飾されたインテリアドアハンドルも付く。各種走行情報を表示する機能もある。ライトゲージ付きの「Advanced Touch」8インチタッチスクリーンオーディオシステムは、Apple「CarPlay」と音声コントロールの「Siri」に対応する。マルチファンクションステアリングホイールには、オーディオコントロールボタンと通話ボタンが付く。オートエアコンも採用されている。

「ウルトラシート(ULTR)」は、後席の60対40の折り畳み式シートだ。リアの荷物コンパートメントを、積載量に合わせて、最大4モードで調整できる。

「ユーティリティモード」は、後席の背もたれを前方に倒し、収納スペースを増やすことができる。「ロングモード」は、助手席と後席を倒すことにより、長尺物の積載を可能にする。「トールモード」は、後席が背もたれと座面ともに逆方向に折り畳まれ、観葉植物など高さがあるものの積載に対応する。「リフレッシュモード」は停車中の休憩モードで、最も快適なリラクゼーションエリアを作り出す。

◆スポーツグレードの「RS」をラインナップ

シティ・ハッチバックにも、スポーツグレードのRSが設定される。RSには、グロスブラック仕上げのフロントグリルをはじめ、専用デザインのフロントバンパー、LEDヘッドライト、LEDデイタイムランニングライト、LEDフォグランプを装備した。ドアミラーやリアスポイラーは、ブラック仕上げとなる。足元は、16インチのアルミホイールで引き締められた。RS専用のイグナイトレッドのボディカラーが用意される。

室内には、赤いストライプ入りのスエードシートを装備した。カップホルダー付きのバックアームレストが付く。メーターは赤い照明となる。スマートフォンのアプリケーションを介して、ドライバーと車両をつなぐコネクト技術、「ホンダコネクト」も採用された。

◆1.0リットルVTECターボは最大出力122ps

1.0リットル直列3気筒VTECターボエンジンは、最大出力122ps/5500rpm、最大トルク17.6kgm/2000〜4500 rpmを発生する。トランスミッションはCVTで、7速ステアリングギアシフトが付く。最高で23.3km/リットルの優れた燃費性能を発揮する。排出ガス性能はユーロ5に適合しており、CO2排出量100g/kmの環境性能を備えている。

安全面では、最新の「G-Force Control」や「G-CON」を採用した。6つのエアバッグ、EBD付きABS、VSA、坂道での発進をアシストする「HSA(ヒルスタートアシスト)を装備した。リアビューカメラは、3段階の角度調整が可能な「マルチアングルリアビューカメラ」としている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ホンダ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

ホンダ(honda)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. ハーレー ストリートボブ114

    ハーレー2021年モデル25車種、予約受注開始…新クルーザー『ストリートボブ114』登場

    バイク(本体)
    2021.01.22 06:18
  2. 日産の新型ミッドシップスポーツを予想してみた

    日産、Zの次は超高級ミッドシップを計画か? MR2後継の対抗モデルを大予想

    自動車(本体)
    2021.01.22 09:17
  3. ヤマハ SR400が43年の歴史にいよいよ幕を下ろす

    43年の歴史にいよいよ幕、ヤマハ『SR』が辿った“存続の危機”と“執念”の軌跡とは

    バイク(本体)
    2021.01.21 12:08
  4. 日産 ローグ 新型

    日産 ローグ 新型、生産時のアルミ部品端材スクラップをリサイクル

    自動車(本体)
    2021.01.22 15:30
  5. ヤマハSR400ファイナルエディション リミテッド

    43年の歴史に幕 ヤマハのロングセラーバイク「SR400」に最終モデル登場

    バイク(本体)
    2021.01.22 07:00

総合ニュースランキング

  1. 「IQOS」の値下げが発表。「Ploom」「glo」含めた現時点の加熱式タバコ価格は?

    「IQOS」の値下げが発表。「Ploom」「glo」含めた現時点の加熱式タバコ価格は?

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2021.01.22 11:27
  2. Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA SEL35F14Z

    ソニー、Eマウントレンズ「Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA」を79,920円値下げ

    レンズ
    2021.01.22 20:18
  3. New Inspiron 15 3000(3502)

    デル、税別40,980円〜の15.6型ノートPC「New Inspiron 15 3000(3502)」

    ノートパソコン
    2021.01.22 17:07
  4. 「アルティメットジオラママスターライン ヱヴァンゲリヲン新劇場版 エヴァンゲリオン第13号機」

    税別156,900円、全高約161cmの「エヴァンゲリオン第13号機」大ボリュームフィギュア

    フィギュア
    2021.01.22 07:00
  5. 加熱式タバコ「IQOS(アイコス)」シリーズが1/25価格改定

    最大3,000円値下げ、加熱式タバコ「IQOS(アイコス)」シリーズが1/25価格改定

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2021.01.19 11:28

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 無線LAN STICK KTD31
  • GTW 270 Hybrid
  • EVデリバリー
  • 北条凛 BNR32 スカイラインGT-R
  • 「1/72 Xウイング・スターファイター RED5(スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け)」
  • 「映えてらすライト YSKDK450H1」