2020年12月16日 06:01

VW アルテオン に最強「R」、320馬力ターボ搭載…予約受注を欧州で開始

フォルクスワーゲン(Volkswagen)は12月10日、『アルテオン』改良新型と『アルテオン・シューティングブレーク』に設定される高性能グレードの「R」の予約受注を欧州で開始した。ドイツ本国でのベース価格は、6万1484ユーロ(約776万円)と発表されている。

◆アルテオン初の「R」

アルテオンにはこれまで、「Rライン」が用意されていた。その上に位置する高性能グレードの「R」は、アルテオン初設定となる。シリーズのトップグレードに位置付けられる。

フォルクスワーゲンRは2002年、「フォルクスワーゲン・インディビジュアル」の名前で設立された。2011年に、現在のフォルクスワーゲンRに名前を変更した。

フォルクスワーゲンRの原点は、2002年に発表された『ゴルフR32』とされる。その後、『パサートR36』、『トゥアレグR50』、『シロッコR』、『ゴルフR』など、ラインナップを拡大してきた。また、内外装を中心にスポーツ性を強調したRラインを、幅広い車種に設定している。

◆「R」らしい専用デザインのエクステリア

エクステリアはバンパーが新設計され、フロントに専用エアインテーク、リアにディフューザーを装備した。マットクロームのドアミラーカバー、フロントドアにはRロゴプロジェクションが採用される。Rパフォーマンスブレーキシステムには、Rのロゴ入りブルー仕上げの18インチブレーキキャリパーが付く。

18インチの「セブリング」アルミホイールが標準。オプションで、19インチの「アデレード」ホイールと、20インチの「エストリル」ホイールが選択できる。タイヤも専用開発した。ディフューザーの外側に2つの台形の金属製テールパイプを備えたフォルクスワーゲンRの新しいスポーツエキゾーストシステムは標準だ。

◆0〜100km/h加速4.9秒で最高速270km/h

『アルテオンR』と『アルテオン・シューティングブレークR』には、直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ「TSI」エンジンが搭載される。このユニットは、「EA888 エボ4」と呼ばれる。これは、ハイテクターボ付きエンジンの最新の進化バージョンになるという。

アルテオンRとアルテオン・シューティングブレークRの欧州仕様車の最大出力は320ps/5350〜6500rpm、最大トルクは42.8kgm/2100rpmを引き出す。

320psのパワーを効率的に路面に伝えるために、「Rパフォーマンス・トルクベクタリング」を搭載する。これにより、4WDの「4モーション」システムは走行状況に応じて、前後アクスル間だけでなく、後輪左右の間でも駆動トルクを最適に配分することができる。フォルクスワーゲンによると、とくにコーナリング時の敏捷性が向上しており、カテゴリーで新しいレベルのドライビングダイナミクスを実現しているという。

この4モーションに、新開発の「アダプティブシャシーコントロール(DCC)」を組み合わせる。ドライバーは、DCCの設定を切り替えることにより、ドライビングダイナミクスシステムを最適化することが可能だ。サスペンションも強化されている。

動力性能は0〜100km/h加速が4.9秒。最高速は250km/h(リミッター作動)となる。オプションの「Rパフォーマンスパッケージ」を装着した場合、最高速は270km/hに引き上げられる。

◆新開発のデジタルコックピット

インテリアは、インフォテインメントや空調コントロールを含むセンターコンソール、ドアトリムの上側を再設計した。新開発のデジタルコックピットも採用する。ドライバーは各種表示を、好みに応じてカスタマイズできる。10.25インチのディスプレイは高精細とした。オートエアコンのタッチスライダーと、タッチコントロール付きの新しいマルチファンクションステアリングにより、操作性が引き上げられている。

ドライバーは、マルチファンクションステアリングホイールのボタンを使用して、3つの基本レイアウトを素早く切り替えることができる。新開発の「MIB3」インフォテインメントシステムを採用した。MIB3は、エアコン操作部分の上側の手の届きやすい位置にレイアウトした。MIB3は、自然な音声制御によって、各システムを簡単に切り替えることができる。スマートフォンなどを、ワイヤレスで充電することも可能だ。

またApple の「CarPlay」とグーグルの「Android Auto」向けに、アプリをワイヤレスで組み込める「App-Connect Wireless」を採用した。オーディオは、高出力の700Wハイエンドサウンドシステムが用意される。さらに、インテリアの照明を最大30色に変更できるシステムも設定されている。

背もたれにRのロゴが付いた黒い「ArtVelours」シートと、DSG用の大型パドルシフトが付いたRマルチファンクションスポーツステアリングホイールを採用する。また、カーボンルックのアルミアクセントが標準。フォルクスワーゲンRのブルーは、シート、フロントアームレスト、シフトレバーカバー、レザースポーツステアリングホイールの装飾ステッチに使われた。センターステアリングホイールクリップの内側も、ブルーで仕上げている。

また、マルチファンクションスポーツステアリングホイールの青い「Rボタン」を押すと、エンジン、ギアボックス、DCCランニングギア、ステアリングなどの特性を、「レースモード」に切り替えることができる。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

フォルクスワーゲン

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

フォルクスワーゲン(volkswagen)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. トヨタ・グランドハイランダー のティザー写真

    トヨタの新型3列シートSUV、『グランドハイランダー』発表へ

    自動車(本体)
    2022.12.02 11:53
  2. ケンウッド チューンアップサブウーファー「KSC-SW12EQ」

    3種類の重低音を楽しめる、コンパクトサブウーファー発売…ケンウッド

    カースピーカー
    2022.12.06 15:34
  3. ホンダ N-VANベースの軽商用EV(プロトタイプ)

    ホンダ、新型軽商用EVを2024年春に発売…目標価格は100万円台、N-VANがベース

    自動車(本体)
    2022.12.07 19:16
  4. トヨタ・プリウス・プラグインハイブリッド 新型(欧州仕様)

    トヨタ プリウス PHEV 新型、EVモードは69kmに…欧州仕様

    自動車(本体)
    2022.12.06 18:16
  5. レクサス Vibe-Branium Direct4 RX 500h

    レクサス RX 新型、『ブラックパンサー』仕様は1台限り[詳細画像]

    自動車(本体)
    2022.12.08 09:00

総合ニュースランキング

  1. 「福徳トミカ」

    【12月のトミカ】新年を祝う“トミカくじ”「福徳トミカ」全6種など

    ミニカー
    2022.12.07 11:15
  2. 「INKO USB Wearable Heater」

    最大50度まで発熱、“貼るカイロ”のように使えるUSB給電式ウェアラブルヒーター

    電気毛布・ひざ掛け
    2022.12.07 06:45
  3. 「EOS R6 Mark II」

    キヤノン、2420万画素のフルサイズミラーレス「EOS R6 Mark II」を12月15日に発売

    デジタル一眼カメラ
    23時間前
  4. トヨタ・グランドハイランダー のティザー写真

    トヨタの新型3列シートSUV、『グランドハイランダー』発表へ

    自動車(本体)
    2022.12.02 11:53
  5. Xiaomi 12T Pro

    シャオミ、19分で100%充電できるフラッグシップスマホ「Xiaomi 12T Pro」

    スマートフォン
    19時間前

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • HL710H
  • シリコンブロアーブラシ 02(カラー:オリーブ、タン、スモーキーオレンジ、スモーキーブルー)、シリコンブロアーポータブル 02(カラー:ライトベージュ、ライトグリーン、ライトブルー)
  • WDC-867DU3S2
  • 「Deco XE75」
  • 「ROBOT魂 <SIDE MS> RX-78-2 ガンダム(ロールアウトカラー)&『プラモ狂四郎』スペシャルパーツセット ver. A.N.I.M.E.」
  • 日産サクラ