2021年01月26日 06:01

ジープ ラングラー にPHV、「ファーストエディション」の予約受注を開始…今夏欧州発売

ステランティス傘下のジープブランドは1月22日、『ラングラー』(Jeep Wrangler)初のプラグインハイブリッド車(PHV)の「4xe」(フォーバイイー)の「ファーストエディション」の予約受注を、欧州市場で開始した。今夏、欧州市場で発売される予定だ。

4xeは、ジープブランドのPHVに付される名称だ。すでに、『レネゲード』初のPHVの『レネゲード4xe』と、コンパス初のPHVの『コンパス4xe』が用意されている。

ジープは、レネゲードとコンパスに続いて、ラングラーにもPHVの4xeを拡大展開する。ジープブランドは、2022年までの中期経営計画において、電動化の推進を重視している。ジープブランドの電動化の推進は、PHVを主役に位置付ける。2022年までにPHVを10車種、市場に投入。さらに、EVも4車種をリリースしていく。

◆PHVシステム全体のパワーは380hp

ラングラー4xeは、『ラングラー』の4ドアをベースにしている。専用のボンネットを採用し、スキッドプレートと前後の牽引フックも装備する。オフロードホイールと大径タイヤを標準装備した。最低地上高は274mmで、最大760mmの渡河性能を持つ。アプローチアングルは44度、ブレークオーバーアングルは22.5度、デパーチャーアングルは35.6度と、ラングラーならではの優れたオフロード性能と、環境性能の両立を狙う。

PHVパワートレインは、エンジンが直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボだ。シリンダーヘッドに直接取り付けられたツインスクロールの低慣性ターボチャージャーによって、優れたレスポンスとパフォーマンス、燃費を追求している。

従来のオルタネーターに代えて、「eトルク」と呼ばれるベルト・スタート・ジェネレーターを採用する。モーターは、8速ATと一体設計された。エンジンとモーターを合わせたPHVシステム全体で、380hpのパワーと65kgmのトルクを獲得する。

◆EVモードでは最大およそ50km

バッテリーは、蓄電容量17kWhのニッケルマンガンコバルトだ。EVモードでは、最大およそ50kmをゼロエミッション走行できるという。バッテリーは、2列目シートの下に配置された。このため、2列目シートが専用設計され、クッションを前に倒してバッテリーのメンテナンスを行う。

充電ポートは、左フロントフェンダーに設けられた。充電状態を示すLEDインジケータが備わる。インストルメントパネル上部にLEDバッテリー残量モニターを装備し、充電中の電池残量を確認できるようにした。

ラングラー4xeには、回生ブレーキを搭載する。ドライバーがブレーキペダルを踏むと、パワートレインコントロールが電気モーターから最大0.25gの回生ブレーキを作動させ、車両を減速させる。これにより、ブレーキパッドの寿命が延びるという。

◆3種類の走行モードが切り替え可能

ラングラー4xeには、「E Selec」と呼ばれる3種類の走行モードがある。ドライバーは、ステアリングホイール左側のボタンを操作して、パワートレインモードを選択する。選択したモードに関係なく、バッテリー残量が少なくなると、自動的に「ハイブリッド」モードに切り替わる。

ハイブリッドモードは基本モードで、2.0リットルエンジンと電気モーターのトルクを最適にバランスする。このモードでは、パワートレインは最初にバッテリーの電力を使用し、バッテリー残量が少なくなると、エンジンからの駆動力を追加する。

「エレクトリック」モードでは、パワートレインは、バッテリー残量が少なくなるまで、ゼロエミッションで走行する。「eセーブ」モードでは、2.0リッターエンジンからの駆動力を優先し、バッテリーの電力を節約する。ドライバーは、「Uconnect」モニターを介して、eセーブモード中に、バッテリーセーブとバッテリー充電のどちらかを選択することもできる。

◆ファーストエディションは充電関連装備が充実

ファーストエディションには、より効率的な家庭充電用の「easyWallbox」、公共充電用の「モード3ケーブル」が付属する。カーゴオーガナイザー、4xeのロゴ入り車両カバー、3年間の延長車両保証(合計5年間)、カスタマーケアプログラムの「ジープウェーブ」も付帯する。

ボディカラーは、ブラック、グラナイトクリスタル、ブライトホワイトの3種類から選択できる。クリスタルのアクセント、18インチホイール、フルLEDヘッドライト、スペアタイヤ用ハードカバーも装備される。コネクティビティの面では、8.4インチのUconnectタッチスクリーン、スマートフォン連携、オンボードコネクトを備えたナビシステムに加えて、バッテリーの充電レベルと航続に関する情報を表示する7インチTFTが採用されている。

安全面では、アダプティブクルーズコントロール、前方衝突警告プラス、リアクロスパス検出を備えたブラインドスポットモニタリング、リアカメラと新しいフロントカメラ、前後のパーキングセンサー、キーレスエンター 「Ngo」などが装備されている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ジープ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

ジープ(jeep)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. ダイハツ・タント ファンクロス

    「ダイハツ・タント」がマイナーチェンジ アウトドアレジャーに好適な「ファンクロス」登場

    自動車(本体)
    2022.10.03 13:00
  2. スバル・フォレスター の2023年モデル(米国仕様)

    スバル フォレスター に2023年モデル

    自動車(本体)
    2022.10.03 12:25
  3. 2023年秋に現行最後の大改良が施されるという日産 GT-R(画像は予想CG)

    日産『GT-R』次期型登場は2027年までお預け!? 来秋に現行最後の大改良か

    自動車(本体)
    2022.10.03 09:15
  4. トヨタ カローラスポーツG“Z”(ハイブリッド車)(オレンジマイカメタリック)

    トヨタ カローラシリーズ、パワートレインを刷新…安全装備やコネクティッド機能も向上

    自動車(本体)
    2022.10.03 19:36
  5. ダイハツ タントファンクロス

    【ダイハツ タント 改良新型】アウトドア志向の新モデル「ファンクロス」登場

    自動車(本体)
    2022.10.03 13:17

総合ニュースランキング

  1. 10月1日たばこ税引き上げ。「IQOS」「Ploom TECH」「glo」増税後の価格は?

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2022.09.30 11:32
  2. ファイナルファンタジータイトルセールpart2

    最大60%オフ、PS4/PS5/Switch「ファイナルファンタジータイトルセールpart2」が開始

    プレイステーション4(PS4) ソフト
    2022.10.03 11:15
  3. ハセガワ、「アメリカンローライダーガール」を再現した1/12リアル造形フィギュア

    模型
    2022.10.02 07:00
  4. 「超合金魂 GX-102 マジンカイザーSKL」

    “最凶のマジンガー”「マジンカイザーSKL」が超合金魂化、マントをはおった姿も再現

    フィギュア
    2022.10.02 11:00
  5. 「Galaxy S22 SC-51C」が33,000円割引など、ドコモオンラインの割引内容が変更

    スマートフォン
    2022.10.03 00:00

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • ※画像は「RAS-K402DR」のイメージ
  • 愛知 E13A1 零式水上偵察機 11型“金剛搭載機”w/カタパルト
  • ファイナルファンタジータイトルセールpart2
  • 【10月の値下げ】「FX30」キャンペーン、紙巻きタバコを使うデバイス2,000円オフなど
  • フィスカー・オーシャン