2021年02月09日 06:15

メルセデスベンツの新型EV『EQA』、予約受注を欧州で開始…GLAの電動版

メルセデスベンツは2月4日、新型EVの『EQA』(Mercedes-Benz EQA)の予約受注を欧州で開始した。ドイツ本国でのベース価格は4万7540ユーロ(約605万円)で、今春発売される予定だ。

EQAは、「メルセデスEQ」ブランドの新型EVで、ベース車両はメルセデスベンツ『GLA』新型となる。EQAはGLA新型の優れた機能をすべて取り入れたうえで、高効率の電動パワートレインを組み合わせているという。

◆1回の充電での航続は最大486km

欧州で最初に発売される「EQA250」グレードには、最大出力190hpを発生するモーターを搭載する。100km走行あたりの消費電力は、15.7kWhとなる予定だ。その後、最大出力272hpのモーターを搭載する4WDモデルが追加される。

EQA250のNEDC(新欧州サイクル)による航続は、最大で486km。2層構造のリチウムイオンバッテリーは、車両のフロア下に配置された。このリチウムイオンバッテリーの蓄電容量は66.5kWhだ。電動パワートレインをシャシーとボディから隔離する対策を施すなど、NVH性能を追求している。

◆前面空気抵抗を示すCd値は0.28

エクステリアには、メルセデスEQ車に共通するブラックパネルのフロントグリルが採用された。前後の連続したライトストリップも特徴だ。水平の光ファイバーストリップは、フルLEDヘッドランプのデイタイムランニングライトとつながっており、昼夜を問わず、高いレベルの視認性を実現するという。

ヘッドランプ内の青色のハイライトは、メルセデス-EQブランドらしい外観を演出するものだ。LEDテールランプは、テーパー状のLEDライトストリップに組み込まれており、リアのワイド感を強調している。リアのナンバープレートは、GLA新型とは異なり、バンパーに配置される。アルミホイールは、最大で20インチ。2色または3色仕上げも選択でき、ロゼゴールドまたはブルーのアクセントトリムが付く。

前面空気抵抗を示すCd値は0.28とした。完全に閉じられた冷却空気制御システムをはじめ、エアロダイナミクス性能を追求した前後バンパー、シールドされたアンダーボディ、エアロホイール、前後ホイールのスポイラーなどが採用されている。

◆直感的に操作できるMBUXインフォテインメントシステム

ダッシュボードには、直感的に操作できるMBUXインフォテインメントシステムが標準装備される。MBUXは、さまざまなオプションを使用してカスタマイズできる。強力なコンピューター、鮮やかな画面とグラフィックス、フルカラーのヘッドアップディスプレイ(オプション)、拡張現実(AR)機能を備えたナビゲーション(オプション)、学習ソフトウェア、音声制御アシスタントなどが特徴。

メディアディスプレイの「メルセデスEQタイル」を使用して、充電オプション、電力消費量、エネルギーフローに関連するメニューを呼び出すことができる。メータークラスター内の右側のディスプレイは、タコメーターの代わりに電力計を配置した。上の部分には使用された電力のパーセンテージを示し、下の部分には回復状況を示す。

充電なしで目的地に到達できるかどうかを示すことも可能だ。走行状況によって色が変化する。例えば、ブースト処理中は表示が白に変わる。気分に応じて、またはインテリアに合わせて、4つの異なるスタイルを選択できる。

◆世界最大の充電ネットワークにアクセスできる「Mercedes me Charge」

インテリアは、新スタイルのバックライト付きトリムや空調ダクト、シート、ロゼゴールドカラーの装飾トリムなどが特長になる。リアシートの背もたれは、40対20対40の3分割折りたたみ式とした。EV専用のディスプレイを備えたメーターは、ロゼゴールドとブルーの配色パターンを採用している。

乗車前に、EQAの空調を最適に設定しておくことが可能だ。この機能は、「MBUX」(メルセデスベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)インフォテインメントシステム、またはスマートフォンの「Mercedes me」アプリから操作できる。

EQAには、「Electric Intelligence」を備えたナビゲーションシステムが標準装備される。目的地までの最短ルートを計算。地形や天候などの要因を取り入れながら、シミュレーションした航続に基づいて、ルート途中での充電を計画してくれる。

「Mercedes me Charge」を利用すると、世界最大の充電ネットワークにアクセスできる。現在、世界31か国の45万か所以上のACおよびDC充電ステーションを擁する。欧州では、17万5000を超える充電ポイントで充電できる。Mercedes me Chargeを使用すると、さまざまなプロバイダーの充電ステーションを利用できると同時に、支払いが簡単に行えるという。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

メルセデス・ベンツ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

メルセデス・ベンツ(mercedes-benz)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 三菱自動車 デリカミニ

    三菱 デリカミニ、事前受注が4000台 1月末まで

    自動車(本体)
    2023.02.03 09:50
  2. トヨタ C-HR プロローグ

    トヨタ C-HR 次期型、欧州は電動車のみに…PHEVも現地生産へ

    自動車(本体)
    2023.02.02 14:35
  3. デリカミニ(東京オートサロン2023)

    『デリカD:1』ではない…デリカミニに込められた三菱の反省

    自動車(本体)
    2023.02.01 13:40
  4. トヨタ・グランドハイランダー のティザー写真

    トヨタの新型SUV、ゆとりの3列シート…『グランドハイランダー』は2月8日米国発表予定

    自動車(本体)
    2023.02.02 14:45
  5. マツダ CX-90

    マツダ『CX-90』、340馬力ターボに後輪駆動が基本のAWD[詳細写真]

    自動車(本体)
    2023.02.03 07:30

総合ニュースランキング

  1. 「Google TV搭載4K/HDR対応50V型液晶テレビ」

    4/12まで限定43,780円、ゲオ限定の「Google TV搭載50V型4K液晶テレビ」が発売開始

    液晶テレビ・有機ELテレビ
    2023.02.02 12:07
  2. Xperia 5 IV XQ-CQ44

    ソニー、「Xperia 5 IV」SIMフリーモデルを本日2/1に発売

    スマートフォン
    2023.02.01 07:05
  3. 「クラッシャージョウ」アルフィンが1/12フィギュア化、本日2月3日から発売

    フィギュア
    2023.02.03 06:45
  4. 「三菱 キ67 四式重爆撃機 飛龍 イ号一型甲 誘導弾搭載機 “飛行第62戦隊”」

    四式重爆撃機「飛龍」をIFシチュエーションでキット化、1/72模型が本日2月3日発売

    模型
    2023.02.03 06:30
  5. Mac mini

    アップル、「M2/M2 Pro」搭載の新型「Mac mini」を本日2月3日から発売

    Mac デスクトップ
    2023.02.03 00:00

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • ヒョンデ・アイオニック 6 (米国仕様)
  • 「Galaxy S23 Ultra」
  • 「CAPCOM FEBRUARY SALE」
  • 「mlte フラッシュウォーマー MR-01FW2」