2021年02月18日 14:19

【ホンダ ヴェゼル 新型】デザイン公開、SUVクーペらしさ進化 正式発表は4月

ホンダは2月18日、オンラインで実施したワールドプレミアイベントで4月発表予定の新型『ヴェゼル』を世界初公開した。

新型ヴェゼルのグランドコンセプトは「AMP UP YOUR LIFE」。実用性だけでなくプラスアルファの体験価値を提供することで、日々の生活の楽しさを増幅=AMP UPさせるようなモデルを目指した。新型ヴェゼルは、誰もが自信と安心感を持って運転できる「信頼」、デザインだけでなく使う人の所作をも含む「美しさ」、爽快な運転体験で楽しく活力に満ちた毎日を送れる「気軽な愉しさ」を提供する。

◆五感に訴えかける“快”をもたらす、パッケージ

新型ヴェゼルは、ホンダ独自のM・M(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)思想に基づく「センタータンクレイアウト」を先代モデルから踏襲。取り回しのしやすい、コンパクトなボディサイズや多彩な荷室・シートアレンジはそのままに、より力強く美しいエクステリアのプロポーションへ進化させた。

気持ち良い抜け感のある爽快さと、日々の運転に自信を与える取り回しやすさの両立を実現した視界に加え、ドライバーだけでなく乗る人すべてが快適に移動できる、ゆとり空間を追求。クラスを超えた広さと居心地を生み出すパッケージを作り上げた。

◆SUVらしい力強さとクリーンな造形がもたらす美しさに、遊び心を表現

今回のフルモデルチェンジでは、新たな時代のヴェゼルをゼロから考え直し、SUVの力強さとクリーンさに、活力に満ちた印象を加えることで、気分をAMP UPさせるパートナーにふさわしいデザインを描いた。全体では、クーペライクなプロポーションを際立たせながらも、全席で爽快な視界を提供するため「スリーク&ロングキャビン」を採用し、前後に芯を一気通貫させた水平基調のデザインとした。フロントでは、ボディとの一体感を高めた同色グリルを採用。リアでは、使い勝手のよいゲート開口、ハンドルの位置を造形の中に自然に組み込み、美しさと機能性の両立を目指した。

◆乗る人すべての姿を美しく引き立て、愉しさをそなえたデザイン

インテリアは、芯の通った「塊り感」のあるソリッドなフォルムを重視し、SUVの力強さを表現。その一方、身体に触れるような近い部位には、柔らかな触感と形状のパッドをあしらうことで、強さと優しさを兼ね備えた空間とした。

HMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)の考えに基づく、視線移動の軽減や動線に沿った操作類の配置により、ドライバーや同乗者の“美しい所作"につなげる骨格を形成。さらに、心地よい光を室内に取り入れるパノラマルーフや、心地よい風を提供する新開発エアコンを採用し、五感に訴える愉しさを加えた。

◆冒険心と遊び心で気持ちを高めてくれる「プレイ」

タイプはハイブリッドモデルに「X」「Z」「PLaY(プレイ)」、ガソリン車に「G」の計4種類を設定。標準タイプの「X」「Z」では、シンプルなデザインだからこそ、オーセンティックで長く使える上質感にこだわった。心地よく快適なファブリックやシルバー加飾により、洗練されたコーディネートとした。冒険心と遊び心にあふれる新設定の「プレイ」は、2トーンのエクステリアカラーやトリコロールの加飾など、アクティブに自分らしさを表現できるコーディネートに仕上げた。

◆減速セレクター搭載でモータードライブの愉しさUP

パワートレーンは、1.5リットルDOHC i-VTEC CVT搭載のガソリンモデルのほか、モーター走行を中心に様々なドライブシステムを使い分けるホンダの2モーターハイブリッドシステム「e:HEV」を搭載したハイブリッドモデルから選べる。

e:HEVでは、リニアで心地よい加速感が味わえるほか、「ノーマル」「スポーツ」「エコ」と3つ走行モードが選択可能。また、Dレンジ、Bレンジ、減速セレクターにて、アクセルオフ時の異なる減速度合いを選択できる。

4WDモデルでは、悪天候や雪上走行でも安定したドライビングを可能にする、「リアルタイムAWD」を搭載。特にe:HEVモデルでは、エンジンの特徴である素早くリニアなトルク発生と、四輪に最適な駆動力配分を行うリアルタイムAWDの組み合わせにより、さまざまな道路環境で、安定感のある愉しい走りを提供する。

◆最新コネクテッドサービスで安心・快適を実現

新世代コネクテッド技術を搭載した車載通信モジュール「ホンダコネクト」を通じて、より安心・快適なカーライフが楽しめるコネクテッドサービス「ホンダ トータルケア プレミアム」を利用できる。

ナビゲーションシステムには、通信による「自動地図更新サービス」を搭載。その他にも、スマートフォンがキーの代わりになる「ホンダデジタルキー」や、多彩なアプリを提供する「ホンダアプアプリセンター」、車内で通信容量を購入し、インターネットに接続接続して楽しめる「車内車内Wi-Fi」など、ホンダ量販車として初となる機能を多数搭載している。

◆ACCは渋滞追従機能付きへ進化

最新の安全運転支援システム「ホンダセンシング」は、広角カメラと高速画像処理チップを採用。先代モデルからさらに機能を進化・充実させた。アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)は渋滞追従機能付きへと進化し、より安心で便利にドライバーの運転をサポートする。さらに、後方誤発進抑制機能、近距離衝突軽減ブレーキ、オートハイビームなど、3つのつの機能を追加した。

その他の安全装備では、マルチビューカメラシステムやブラインドスポットインフォメーションを新たに搭載。見通しの悪い場所での駐車や車線変更を、より安心にサポートする。

また、ハンズフリーアクセスパワーテールゲート(予約クローズ機能付き)やパノラマルーフ、ヒルディセントコントロール、静電タッチ式静電タッチ式LEDルームランプ、独自開発のプレミアムサウンドシステムなど、快適機能も充実させている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ホンダ

ヴェゼル

ホンダ

ヴェゼル

新車価格:211〜352万円 中古車価格:85〜329万円
発売日:2013年12月20日発売

ホンダ(honda)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 「死角モニターにもなる業務用6カメラドライブレコーダー SLT6CDVR」

    「死角をなくし、接触事故を未然に防ぐサポート」業務用6カメラドラレコが発売

    ドライブレコーダー
    2021.03.05 12:30
  2. ホンダ X-ADV(パールディープマッドグレー)

    ホンダ、個性派クロスオーバー『X-ADV』をフルモデルチェンジ…パワーと利便性向上

    バイク(本体)
    2021.03.05 17:00
  3. 「フォルクスワーゲンTクロス」の通常販売スタート 「TSIアクティブ」と「TSIスタイル」の全2グレード展開

    「フォルクスワーゲンTクロス」の通常販売スタート 「TSIアクティブ」と「TSIスタイル」の全2グレード展開

    自動車(本体)
    2021.03.05 06:20
  4. ヤマハ トリシティ125(イエロー)

    ヤマハ トリシティ125、2021年モデル発売へ 新色イエローを追加

    バイク(本体)
    2021.03.04 09:29
  5. 「ランドローバー・ディフェンダー110」とブランドアンバサダーの原英莉花選手。

    プロゴルファーの原英莉花選手 2021年は新型「ランドローバー・ディフェンダー」でツアーを転戦

    自動車(本体)
    2021.03.05 06:15

総合ニュースランキング

  1. 「RealisticModelSeries 機動戦士ガンダム 1/144HGUC用ホワイトベースカタパルトデッキRenewal edition」(※画像はイメージ。画像内の同製品以外は付属しない)

    「機動戦士ガンダム」ガンプラ用ホワイトベースカタパルトデッキがリニューアル発売

    プラモデル
    2021.03.05 14:44
  2. ドコモ

    ドコモ、新プラン「ahamo」契約時の「決済サービスの提供差異」について公開

    スマートフォン
    2021.03.05 19:10
  3. レゴ、大人向けの「レゴ くまのプーさん」を4月1日に発売

    ブロック
    2021.03.05 12:22
  4. ドコモ

    ドコモオンライン、新プラン「ahamo」契約予定のユーザーへ注意事項を公開

    スマートフォン
    2021.03.04 10:40
  5. ドコモ「ahamo」

    チェックしよう。ドコモ新プラン「ahamo」で「できること」「できないこと」

    スマートフォン
    2021.03.05 11:15

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • きかんしゃトーマス ケンジとトーマスのおいかけっこセット
  • 「Apple PayのPASMO 春トク1,000円分キャッシュバックキャンペーン」
  • 「バリュープラス」
  • 新型ホンダ・レジェンド:Honda SENSING Elite
  • DJI FPV
  • FP-Z8000