2021年03月01日 06:30

スズキ スイフト に2021年型、燃費23.76km/リットルはクラス最高

スズキのインド子会社のマルチスズキは2月24日、『スイフト』(Suzuki Swift)の2021年モデルを発表した。

マルチスズキは2018年1月、インド市場において、インドで現地生産した現行スイフトの販売を開始した。現行スイフトは、インド現地生産車としては、3世代目モデルだ。車両の組み立ては、インド・グジャラート工場で行われている。スイフトは2020年、インド発売15周年を迎えており、累計販売台数は約240万台に到達している。

また、スイフトは、歴代3モデルがすべて、インドカーオブザイヤーを受賞した。初代は2006年、2代目は2012年、現行の3代目は2019年、インドカーオブザイヤーに輝いた。マルチスズキによると、スイフトはインドカーオブザイヤーを3回受賞した唯一の車になるという。

◆新世代「Kシリーズ」エンジン搭載

2021年モデルには、新世代の「Kシリーズ」の「デュアルジェット」デュアルVVTエンジンと、「アイドルスタートストップ(ISS)」テクノロジーが搭載されている。

この1.2リットル直列4気筒ガソリンエンジンは、より高い圧縮比、EGR冷却システム、ピストン冷却ジェットを備えており、エンジン効率の向上と摩擦低減を追求した。最大出力は、90hp/6000rpmを発生する。

トランスミッションは、5MTと「AGS」(オート・ギア・シフト)を用意する。燃費性能はMTが23.2km/リットル、AGSが23.76km/リットル。マルチスズキによると、クラス最高の燃費を実現しているという。

◆オーディオにクラウドベースのサービス

インテリアには、ツインポッドのメータークラスターと、10.67cmのマルチインフォメーションカラーTFTディスプレイを装備した。ドアトリムやインストルメントパネルは自然な光沢仕上げとし、デュアルトーンシートも採用された。

オプションの「Smartplay Studio」は、17.78cmのタッチインフォテインメントシステムだ。スマートフォン、車両、クラウドベースの新サービスを組み合わせて、快適な運転体験を追求する。音楽に加えて、ユーザーはニュースを閲覧したり、最新の天気情報を確認したり、ナビゲーションを利用して、最新の交通情報を取得したりできる。クルーズコントロールやキー同期機能を備えた自動折りたたみ式ドアミラーも採用している。

さらに全車に、デュアルエアバッグ、プリテンショナーフォースリミッターシートベルト、ISOFIX(チャイルドシートレストレイントシステム)、EBD付きABSが装備されている。

AGS仕様には、ESPとヒルホールド機能を装備した。これにより、車両の横滑りの挙動を検出し、安全性を確保する。ヒルホールド機能は、坂道で車両が後退するのを防ぐ。フロントとリアに大容量ブレーキが装備され、ブレーキの性能と寿命を向上させた。また、第5世代のハーテクトプラットフォーム上に構築された。正面オフセット、側面衝撃、歩行者安全規制に準拠する。リアビューカメラ付きリバースパーキングセンサーも装備されている。

◆スポーティな新クロスメッシュグリル

2021年モデルのスイフトには、3種類のデュアルトーンオプションが設定された。パールアークティックホワイトとパールミッドナイトブラックルーフ、パールミッドナイトブラックルーフを備えたソリッドファイアレッド、パールアークティックホワイトルーフのパールメタリックミッドナイトブルー、だ。

プレミアムシルバーのインテリアとデュアルトーンのエクステリアの導入により、スイフトのスタイリッシュなキャラクターを強化することを狙った。クロームアクセントが施された新しいクロスメッシュグリルによって、スポーティさを追求している。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

スズキ

スイフト

スズキ

スイフト

新車価格:148〜203万円 中古車価格:3〜217万円
発売日:2017年1月4日発売

スズキ(suzuki)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 日産GT-Rニスモ

    日産GT-Rニスモ、2022年モデルを先行公開…新色「ニスモステルスグレー」を設定

    自動車(本体)
    16時間前
  2. プロトタイプ車両を発表する佐川急便・本村所長とASF・飯塚社長

    佐川急便、配送用の軽自動車を全台数EV化へ…プロトタイプを公開

    自動車(本体)
    19時間前
  3. 日産GT-R NISMOスペシャルエディション(以下同じ)

    より高精度なエンジンを搭載した「日産GT-R NISMOスペシャルエディション」登場

    自動車(本体)
    15時間前
  4. ジープ・ワゴニア 新型

    ジープ ワゴニア 新型も初の一般向け公開…アトランタモーターショー2021に出展へ

    自動車(本体)
    2021.04.14 06:30
  5. シトロエン C5 X

    シトロエン『C5 X』発表…新フラッグシップモデル、欧州Dセグメントに投入

    自動車(本体)
    2021.04.14 06:21

総合ニュースランキング

  1. 「EOS R3」(※画像はRF24-70mm F2.8 L IS USM装着時の画像イメージ)。

    キヤノン、“視線入力”対応のフルサイズミラーレスカメラ「EOS R3」を開発発表

    デジタル一眼カメラ
    18時間前
  2. 「RG 1/144 RX-78-2 ガンダム(チームブライトカスタム)」および「RG 1/144 高機動型ザクII(チームモンストルカスタム)」

    「ガンダムビルドリアル」劇中登場のRX-78-2 ガンダム&ザクII、ガンプラ化が決定

    プラモデル
    2021.04.13 19:15
  3. 「IQOS友達紹介プログラム」

    「IQOS(アイコス)」20%オフクーポン進呈の「友達紹介プログラム」が改定

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2021.04.13 16:16
  4. 「48X9400」

    タイムシフトマシン4K有機ELレグザ「48X9400」が発売中止、新モデル発表にともない

    薄型テレビ・液晶テレビ
    2021.04.14 06:55
  5. エレコム、iPad Air内蔵のマグネットで吸着するフラップケース

    タブレットケース
    2021.04.13 16:40

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • AULA
  • カタログモデルでは選べないボディーカラー「マットブルー」が設定される。
  • 「Xperia 1 III」
  • フィアット・パンダ クロス4×4
  • TTArtisan 35mm f/1.4 C