2021年03月03日 06:00

アストンマーティンの1160馬力HVハイパーカー、『ヴァルキリー』…2021年後半から納車開始

アストンマーティンは2月25日、新型ハイパーカーの『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の納車を、2021年後半から開始すると発表した。

◆追加の空力デバイスなしで高レベルのダウンフォース獲得

ヴァルキリーでは、ティアドロップ(水滴)型をしたコックピット上面と、丸みを帯びたサイドパネルが、コクピットフロアの両側を走る巨大なベンチュリトンネルを包み込むように輪郭を形成している。これらのトンネルは、大量のエアをボディの下側に取り込んでリアのディフューザーへ送る役割を果たす。これにより、ボディにスタイリングを犠牲にするような追加の空力デバイス取り付けることなく、高いレベルのダウンフォースを生み出すことに成功しているという。

室内スペースを最大限確保するため、シートは直接フロアに取り付けられる。乗員は、F1やルマン・プロトタイプのレースカーのように、身体を傾斜させて足を持ち上げたシートポジションを取る。結果としてドライバーと助手席乗員は、車両との完全な一体感が味わえる設計とした。シートベルトは、4点式を標準装備する。サーキット走行を行う顧客のために、6点式シートベルトもオプションで設定されている。

◆リアウインドウが存在しないため後方確認はカメラで

フルデジタルのコックピットを採用する。すべての操作スイッチをステアリングホイールに集約して、LEDスクリーンに運転に必要なすべての情報を表示する。ステアリングホイールは着脱が可能な設計になっており、ドライバーの乗り降りを容易にするとともに、盗難防止にも役立つという。

また、ヴァルキリーはドアミラーを廃止し、ボディの両側にリア方向を映し出すカメラを設置するミラーレス車となる。カメラが捉えた映像は、左右のAピラーの下に設置されたディスプレイに表示される。ヴァルキリーは、全体を包み込むようなボディワークとルーフに設置されたエアインテークにより、リアウインドウが存在しない。そのため、室内にはルームミラーも装備されていない。

◆6.5リットルV12エンジンにモーターの組み合わせ

軽量構造のミッドシップ2シーターのボディに、新設計の6.5リットルV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載する。アストンマーティンとレッドブルレーシングのテクニカルパートナーシップによる成果として共同開発され、アストンマーティン特有のスポーツカーデザインと、レッドブルレーシングが持つ最先端のF1技術を融合させた究極の1台となる。

ヴァルキリーのエンジンは、コスワースが開発を手がけた。モータースポーツ向けエンジンで豊富なノウハウを持つコスワースの最新技術が、ヴァルキリーのエンジン開発に注がれている。

ヴァルキリーのハイブリッドパワートレインのスペックは、6.5リットルV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンが、最大出力1000hp/10500rpm、最大トルク75.5kgm/7000rpmを引き出す。

このエンジンに、モーターの最大出力160hp、最大トルク28.6kgmが加わる。モーターは、インタグラルパワートレイン社、軽量ハイブリッドバッテリーシステムはリマックが開発した。F1マシンのような「KERS」スタイルのブーストシステムとなる。エンジンとモーターを合わせたハイブリッドパワートレイン全体では、1160hpのパワーと91.8kgmのトルクを獲得する。

このエンジンは、シャシーの一部として機能するための剛性を備えている。ヴァルキリーはエンジンを取り外すと、前輪と後輪を接続するコンポーネントがなくなる。

◆年内にはヴァルキリーのラインナップを拡大する予定も

アストンマーティンは、このヴァルキリーの納車を、2021年後半から開始すると発表した。当初の計画よりも、遅れての納車開始となる。また、2021年第4四半期(10〜12月)には、ヴァルキリーのラインナップを拡大する予定だ。

アストンマーティンのトビアス・ムアースCEOは、「アストンマーティンに特別なモデルは不可欠。ヴァルキリーを定義することは2021年の優先事項であり、納車を下半期に開始する予定」と語っている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

アストンマーチン

アストンマーチン(astonmartin)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 日産GT-Rニスモ

    日産GT-Rニスモ、2022年モデルを先行公開…新色「ニスモステルスグレー」を設定

    自動車(本体)
    16時間前
  2. プロトタイプ車両を発表する佐川急便・本村所長とASF・飯塚社長

    佐川急便、配送用の軽自動車を全台数EV化へ…プロトタイプを公開

    自動車(本体)
    19時間前
  3. 日産GT-R NISMOスペシャルエディション(以下同じ)

    より高精度なエンジンを搭載した「日産GT-R NISMOスペシャルエディション」登場

    自動車(本体)
    15時間前
  4. ジープ・ワゴニア 新型

    ジープ ワゴニア 新型も初の一般向け公開…アトランタモーターショー2021に出展へ

    自動車(本体)
    2021.04.14 06:30
  5. シトロエン C5 X

    シトロエン『C5 X』発表…新フラッグシップモデル、欧州Dセグメントに投入

    自動車(本体)
    2021.04.14 06:21

総合ニュースランキング

  1. 「EOS R3」(※画像はRF24-70mm F2.8 L IS USM装着時の画像イメージ)。

    キヤノン、“視線入力”対応のフルサイズミラーレスカメラ「EOS R3」を開発発表

    デジタル一眼カメラ
    18時間前
  2. 「RG 1/144 RX-78-2 ガンダム(チームブライトカスタム)」および「RG 1/144 高機動型ザクII(チームモンストルカスタム)」

    「ガンダムビルドリアル」劇中登場のRX-78-2 ガンダム&ザクII、ガンプラ化が決定

    プラモデル
    2021.04.13 19:15
  3. 「IQOS友達紹介プログラム」

    「IQOS(アイコス)」20%オフクーポン進呈の「友達紹介プログラム」が改定

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2021.04.13 16:16
  4. 「48X9400」

    タイムシフトマシン4K有機ELレグザ「48X9400」が発売中止、新モデル発表にともない

    薄型テレビ・液晶テレビ
    2021.04.14 06:55
  5. エレコム、iPad Air内蔵のマグネットで吸着するフラップケース

    タブレットケース
    2021.04.13 16:40

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「EOS R3」(※画像はRF24-70mm F2.8 L IS USM装着時の画像イメージ)。
  • AULA
  • 「HG 1/144 ペーネロペー[クリアカラー]初回生産限定パッケージ」
  • SR-C20A(W)/SR-C20A(R)