2021年03月19日 06:00

マクラーレン 720S に「GT3X」、レーサーベースのサーキット専用車…750馬力

マクラーレンオートモーティブは3月15日、マクラーレン『720S GT3X』(McLaren 720S GT3X)を発表した。

同車は、マクラーレン『720S』のレーシングカー、マクラーレン『720S GT3』をベースに、サーキット走行を楽しみたいという個人ユーザーに向けて開発された。公道走行は不可のサーキット専用車になる。

◆世界のレースで活躍している720S GT3

ベースモデルの720Sと同じように、720S GT3には軽量かつソリッドなカーボンファイバー製「モノケージ2」シャシーを使う。設計と開発は、英国サリー州ウォーキングのマクラーレンオートモーティブのGTレース専用施設で行われた。720S GT3はすべて、手作業で組み立てられており、世界のGT3カテゴリーのレースで活躍している。

マクラーレン720Sのレーシングカー、マクラーレン720S GT3では、ベースモデルの720Sの90%以上のコンポーネントが、変更や最適化された。ボディ、エアロダイナミクス、サスペンションの変更に加え、トランスミッションの改良や、新しいブレーキシステム、ピレリ製レーシングタイヤが組み合わされ、サーキット走行への対応が図られた。

エアロダイナミクス性能はさらに改良され、サーキットでの安定性とエアロダイナミクス面での効率性を追求した。カーボンファイバーと複合素材を使った軽量のボディパネルは、すべて720S GT3専用。専用設計のリップスポイラー、フロア、ダイブプレーンがフロント部分の特長だ。リア部分には、エアロダイナミクスを最適化したGT3 仕様の大型リアウィングを装着する。

◆数々のレース向け専用装備を搭載した720S GT3

パワートレインは、レース用に開発されたM840T型4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンだ。このエンジンは、一般的なレースに加えて、耐久レースでの効率性向上を目指して、トルクカーブを改良した。6速シーケンシャルパドルギアボックスには、シフトスピード、操作性、信頼安定性を向上させる電動シフトアクチュエーターが追加されている。

トラクションコントロールやABSは、コックピットから調整可能。外部から調整できるソールズベリータイプのLSDも組み込まれた。新しいブレーキシステムは、ブレーキキャリパーの設計を最適化し、ブレーキの冷却性能を向上させた。新しいリアサスペンションのジオメトリと、4段階での調整が可能なダンパー&スプリングの組み合わせにより、コーナー進入時の安定性を向上させているという。

また、ドライブシャフトとホイールハブはレース仕様になっており、すばやく交換可能なセンターロックホイールを装着する。エアジャッキシステムも内蔵された。ペダルボックスとステアリングホイールの位置は調整可能で、リアビューカメラ、ダッシュボード一体型ディスプレイ、タイヤ空気圧モニタリングシステム(TPMS)が付いたレーダーシステムは、オプション。FIA(国際自動車連盟)公認のGT3レース向け装備には、ロールケージ、ウイング形状のヘッドレストシート、6点ハーネスシートベルト、ルーフハッチシステム、サイドインパクト保護フォームが含まれている。

◆レース参戦を想定していないGT3XはGT3よりも200ps以上パワフル

この720S GT3をベースに開発されているのが、720S GT3Xだ。720S GT3Xは、最も厳しい世界の複数のサーキットにおいて、集中的なテストプログラムに取り組んでいる。

720S GT3Xでは、強化されたパワートレインや最適化された冷却パッケージを備えた「GT3エアロパッケージ」を装備する。パフォーマンスレベルは、目標として設定されたすべての数値を満たし、または超えているという。

マクラーレン720S GT3Xは、720Sのプラットフォームをベースに、サーキットでのパフォーマンスを追求している。M840T型4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンは、レースのGT3レギュレーションによる制限が解除された結果、720S GT3よりも200ps以上パワーが引き上げられ、720psを獲得する。「プッシュツーパスシステム」によって、パワーを30ps追加し、750psとすることもできる。

インテリアは720S GT3に対して、ロールケージのデザインなど、一部パッケージが見直された。これにより、オプションで助手席を取り付けることができる、としている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

マクラーレン

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

マクラーレン(maclaren)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 「バイアンプ接続」に対応した「パッシブクロスオーバーネットワーク」を付属する市販スピーカーの一例(カロッツェリア・TS-V173S)。

    内蔵パワーアンプを豪勢に使う配線方法[音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    2022.06.24 11:12
  2. ヤマハのEVスクーター『E01』で市街地を走り、その実用性を確認

    「航続距離104km」は実用的な数字か? 原付2種のEVスクーター『E01』で市街地を走ってわかった事実

    電動バイク・電動スクーター
    2022.06.24 12:52
  3. 「アウター化」が実行されたオーディオカーの一例(製作ショップ:サウンドフリークス<岩手県>)。

    究極を目指すならアウター化…ミッドウーファー[スピーカーの鳴らし方・大研究]

    カーオーディオ
    2022.06.24 09:45
  4. 「ネットワークモード」に対応したメインユニットの一例(カロッツェリア・DMH-SF700)。

    ネットワークモードを活用すると音が激変!?[音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    2022.06.20 09:05
  5. 日産 リーフ の2023年モデル(米国仕様)

    日産のEV:リーフ 、内外装をリフレッシュ…2023年型

    自動車(本体)
    2022.06.24 09:51

総合ニュースランキング

  1. 「12リアルフィギュア コレクションNo.21 “ブロンドガール Vol.6”」

    ハセガワ、“膝立ちポーズのブロンドガール”を1/12リアルフィギュア化

    模型
    2022.06.26 07:00
  2. MGEX 1/100 ストライクフリーダムガンダム

    15,400円のガンプラ「MGEX 1/100 ストライクフリーダムガンダム」発売日がついに決定

    プラモデル
    2022.06.24 11:48
  3. 「バイアンプ接続」に対応した「パッシブクロスオーバーネットワーク」を付属する市販スピーカーの一例(カロッツェリア・TS-V173S)。

    内蔵パワーアンプを豪勢に使う配線方法[音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    2022.06.24 11:12
  4. 
【6月の値下げ】ソニー最大10万円、TVS REGZA最大4万円キャッシュバックなど開催

    【6月の値下げ】ソニー最大10万円、TVS REGZA最大4万円キャッシュバックなど開催

    液晶テレビ・有機ELテレビ
    2022.06.25 12:00
  5. 「UF18DA」

    羽根径330mmでパワフルに送風、HiKOKI「18Vコードレスファン」新モデル

    扇風機・サーキュレーター
    2022.06.23 11:37

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • ESD380C
  • 「セル 第一形態」
  • ブガッティ「チェントディエチ」
  • 「RICOH Meeting 360 V1」
  • AG274UXP/11