2021年03月26日 06:00

ベントレー コンチネンタルGT 新型に頂点「スピード」、12気筒ツインターボは659馬力…欧州発表

ベントレーは3月23日、新型『コンチネンタルGTスピード』(Bentley Continental GT Speed)を欧州で発表した。第3世代となる新型は、ベントレーの101年の歴史の中で、最も高い運動性能を備えたロードカーを目指している。

◆シリーズ最強モデルらしい専用の内外装

外装は、ラジエターグリルとバンパーロアグリルをダークティントとしたほか、スポーツタイプのドアシルやダークティントのラジエターマトリクスを採用した。フロントフェンダーには、クロームの「スピード」エンブレムがあしらわれる。

ブライトシルバーの専用22インチホイールを装着した。「ジュエル」と呼ばれるフューエルフィラーキャップとオイルフィラーキャップも標準だ。両サイドのドアシルには、イルミネーション付きベントレートレッドプレートが付く。

キャビンは、専用のトリムやバッジ、ハンドクラフトされた素材を採用した。室内はレザーとアルカンターラを使ったデュオトーンカラーとし、ステアリングホイールも同様のカラーで統一されている。内装色には、メインハイド15色とセカンダリーハイド11色が用意されているほか、アルカンターラをレザーに置き換えることもできる。

ベントレーの「ダイヤモンド・イン・ダイヤモンド」キルトを標準装備した。ヘッドレストには、「Speed」の刺繍が施される。ウッドパネルは標準のピアノブラックをはじめ、さまざまな種類が用意されている。

◆専用チューニングされたシャシー

新設計の「エレクトロニック・オールホイール・ステアリング」によって、ドライブモードを「ベントレー」や「コンフォート」にした時の動的性能を追求した。「スポーツ」モードでは、「ベントレーダイナミックライド」と「eLSD」を、ステアリングに連動させることができる。

低中速走行での旋回時には、前輪と逆位相に後輪が操舵されて、回頭性が高まる。クイックレシオ化も図られた。一方、高速走行時は後輪が前輪と同位相に操舵され、安定性が向上するという。

「アクティブAWD」も搭載された。すべてのドライブモードで、トラクション制御とトルク配分が見直され、スタンタードモデルの『コンチネンタルGT』とは異なるキャラクターに仕上げられているという。

ベントレーモードとコンフォートモードでは、前後ホイールのグリップバランスを調整する。一方、スポーツモードでは、走行シーンを問わず、トルクがリア寄りに配分されるようになっている。

新型コンチネンタルGTスピードには、eLSDがベントレーで初めて導入された。このeLSDは、トラクションコントロールやアクティブシャシーシステムとの連携を考慮して施されたチューニングによって、左右方向の許容範囲の拡大、前後方向の安定性の向上、アクセルオン時の調整の強化を追求し、悪路ではトラクション性能を高めることを狙った。

ベントレーモードとコンフォートモードでは、eLSDによってトラクションが向上する。スポーツモードでは、アクセルオン/オフ時の調整をバランスさせ、ターンインのレスポンスを改善させ、直進性を向上させるようにeLSDをチューニングしている。

また、スポーツモードでは、トラクションマネジメントシステムがさらに大きなトルクをリアアクスルに配分するため、アクセルオン操作でコーナリングラインを、より確実にトレースできるようになるという。

◆0-100km/h加速3.6秒で最高速は335km/h

6.0リッターW12 気筒ツインターボ「TSI」エンジンの改良版を搭載し、最大出力は現行のW12モデルを24ps上回る659psを獲得した。最大トルクは91.8kgmを維持している。0〜100km/h加速は3.6秒と、0.1秒短縮。最高速は335km/hに到達する。

スポーツモードでは、シフトアップのタイミングを遅らせ、シフトダウンを早めることにより、W12ツインターボエンジンがパワーバンドに長く留まるようチューニングされている。

さらに、スポーツモードではスタンダードなW12モデルと比べて、8速デュアルクラッチトランスミッションが2倍の速さで変速する。始動時とシフトダウン時のエキゾースト特性も強化されている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ベントレー

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

ベントレー(bentley)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. ホンダ ZR-V

    ホンダ、新型SUV『ZR-V』特設サイトを公開…開発への想いを語る

    自動車(本体)
    2022.05.19 18:06
  2. スバル・レガシィ 改良新型の「スポーツ」

    スバル レガシィ 改良新型に「スポーツ」、260馬力ターボ搭載

    自動車(本体)
    2022.05.19 13:30
  3. 三菱 アウトランダー PHEV 新型

    三菱 アウトランダー PHEV 新型、EVモードの航続拡大

    自動車(本体)
    2022.05.18 09:34
  4. 日産 サクラ(G・ブロッサムピンク)

    【日産 サクラ】「デイズとは違う」日本の伝統美を織り込んだデザインと、名前の由来[詳細写真]

    自動車(本体)
    16時間前
  5. ホンダZR-V

    ホンダが新型SUV「ZR-V」のオフィシャルサイトを開設

    自動車(本体)
    2022.05.19 16:07

総合ニュースランキング

  1. 「IQOS ILUMA PRIME(アイコス イルマ プライム)」

    加熱式タバコ「IQOS ILUMA NEON(アイコス イルマ ネオン)」が本日5/17から順次発売

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2022.05.17 06:30
  2. 「俺のラーメン鍋」

    アツアツのラーメンを最後まで楽しめる、こだわりの「俺のラーメン鍋」が7,980円で発売

    その他調理家電
    20時間前
  3. 「俺のラーメン鍋 TK-FUKU21W」

    袋麺の調理に特化、シメのご飯まで楽しめる「俺のラーメン鍋」サンコーが発売

    その他調理家電
    2022.05.18 12:11
  4. 「LIFT M800」

    ロジクール、人間工学に基づいた縦型マウス「LIFT M800」を本日5/19発売

    マウス
    2022.05.19 06:50
  5. 「自分専用おとしずか冷温庫 10L SMHCMESWH」

    500mlペットボトルが6本入る、“自分専用”サイズの「おとしずか冷温庫 10L」8,980円

    冷蔵庫・冷凍庫
    21時間前

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • BMW M3 ツーリング のプロトタイプ
  • ベントレー・ベンテイガ エクステンデッド ホイールベース アズール ファーストエディション
  • Redmi Note 11 Pro 5G
  • 「GRFD-BCH MaxB300」
  • 「俺のラーメン鍋」
  • 「ドラゴンボールマンチョコ超」